プラノバールとは?効果や副作用は?不妊治療にも使われる?

「プラノバール」という薬をご存知ですか?この薬は女性ホルモンのバランスを整えるもので、女性の様々な症状に対して活用されます。月経異常や不妊症に悩んでいるときに、処方されることがあるかもしれません。今回は、プラノバールの効果や副作用など、不妊治療における役割についてご説明します。

プラノバールとは?

プラノバール 薬 治療 ピル

プラノバールとは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という2種類の女性ホルモンが配合された薬です。

ホルモンの分泌が不足したり、バランスを崩したりすることで生じる月経異常や子宮内膜症、卵巣機能不全による不妊症などの治療に用いられます。ホルモン量から考えると、いわゆる中用量ピルの仲間で、経口避妊薬として利用されることもあります。

プラノバールの効果は?

女性 お腹

プラノバールを服用すれば黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補充できるので、体内のホルモンバランスが整えられます。この効果によって、月経を誘発したり、周期を整えることで女性の体の異常を治療していきます。

具体的には、まずプラノバールを定期的に飲み続けると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが体内に増えます。この間、子宮内膜が厚くなって維持されるため、「排卵後〜生理前」の体の状態が続きます。

基礎体温を見ると高温期が続くのが特徴です。そして、一定期間プラノバールを服用後、利用をやめるとホルモン量が減少して子宮内膜の維持ができなくなるため、自然と生理が起こります。

こうした働きを利用して月経周期を調整していきます。卵巣機能が弱っているときには、プラノバールを服用することでホルモンの分泌代わりになるため、卵巣を休めてあげる効果もあるようです。

プラノバールはどんな病気の治療に使われるの?不妊治療は?

女性 カレンダー 赤ペン チェック

女性の体に起こる異常は、黄体ホルモンや卵胞ホルモンといったホルモンの状態が影響して起こることが多くあります。そのため、プラノバールによってホルモン量をコントロールして月経周期を調整することで、体の状態が整う効果が期待できます。

月経異常

月経異常で困っているときには、「一定期間服用してから止める」を繰り返せば、人工的に正常な月経周期を生み出せます。ホルモンバランスを整えることで、結果的に正常な分泌を促す効果も期待できます。

不妊治療

不妊治療でもプラノバールは利用されます。例えば体外受精では、受精卵を移植する前に一定期間服用し子宮内膜を厚く維持します。この効果によって、受精卵の着床率が高まることが期待できます。

ほかにも、卵巣機能の異常によって不妊症に悩む女性にも効果があります。女性ホルモンを補充することで、卵胞の成長や排卵、子宮内膜を整える働きをサポートして、卵巣機能の正常化を促す効果もあります。

生理日の調整

プラノバールを服用するタイミングや期間によって、子宮内膜を維持する期間が引き伸ばせるため、生理日をずらすこともできます。ただ最近では低用量ピルを利用することが一般的なようです。

緊急避妊薬(アフターピル)

望まない妊娠を避けるための緊急避妊薬として利用されることもあります。なぜ避妊に効果があるのかは明らかではないのですが、プラノバールによってホルモンバランスが急激に変化し、排卵を抑制したり、着床しても服用をやめることで生理を引き起こすことができます。

プラノバールに副作用はある?

女性 腹痛 痛み 生理痛 排卵痛

女性ホルモンを人工的に補充するので、体に副作用が表れることがあります。副作用で多く見られるのは、嘔吐、食欲不振、下痢、便秘、腹痛、乳房の張り・痛みなどです(※1)。

しばらくすると体が慣れてくることが多いため、それほど心配はいらないとされています。プラノバールの服用後に不正出血が起こることもあります。

重い副作用はほとんどありませんが、血液が固まり、血管が詰まる「血栓症」には注意が必要です。手足への痛みやしびれ、息切れ、頭痛、急に視力が落ちるといった症状が見られたら、できるだけ早く担当医の診察を受けましょう。

プラノバールを利用するときの注意点は?

医者 相談 問診 診察 検診

プラノバールにはホルモンバランスを整える効果がありますが、安易に使用するのは危険です。特に次のような持病を持つ場合には、プラノバールを服用できない可能性があります(※1)。

● 肝機能障害がある
● 子宮筋腫がある
● 糖尿病を患っている
● 高血圧を治療している
● てんかんを起こす可能性がある
● 心疾患や腎疾患がある

プラノバールに含まれる卵胞ホルモンや黄体ホルモンによって、治療中の持病が悪化することがあります。服用する際に経過を見ながら治療を行うことも考えると、気になる体の状態は婦人科の担当医に伝えるようにしましょう。

プラノバールをうまく使って、体の悩みを解消しよう

薬 女性 飲む ピル

プラノバールは様々な体の悩みにこたえてくれますが、ホルモンバランスを変えるという意味でも、正しい服用方法をとることが大切です。

服用期間や量の調整によっても効果が変わってくるので、担当医の指示をよく聞いて利用するようにしてくださいね。自己判断で飲み始める、飲むのを止めると、かえって月経周期が乱れて、症状が悪化することもあります。

効果や副作用についても、少しでも気になることがあれば担当の医師に相談して、不安を取り除いてから処方してもらいましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう