排卵と生理の仕組みとは?卵子の寿命はどれくらい?

生理が定期的に体に訪れるのを煩わしいと思ったことはありませんか?しかし、生理は体が妊娠の準備をしているサインであり、妊活中の女性にとって、自分の生理周期と排卵日を把握することは、妊娠する上で大切なことです。また、排卵日に卵巣から出される卵子には寿命があるため、タイミングを見つけるのにはコツが必要。そこで今回は、排卵と生理の仕組みと卵子の寿命についてまとめました。

生理とは?

疑問 子供 調べる

生理とは、女性特有の生理的な出血のことで、医学的には「月経」と呼ばれています。子宮内膜は妊娠に備えて厚くなりますが、妊娠が成立しなかったことで必要がなくなった子宮内膜の表面の一部がはがれて出血が起こります。

妊娠をしていない限り、生理は必ず起こるものですが、50歳を過ぎた頃、卵巣の中に卵胞がなくなると、ホルモンが作られなくなり、生理が起きなくなります。生理が終わることを閉経といいます。

排卵とは?生理後どれくらいでくる?

排卵日 カレンダー ハート いつ

排卵とは、卵巣から卵子が飛び出すことをいいますが、その卵子が受精せず、子宮内膜に着床しないと、排卵から2週間前後で子宮内膜が剥がれて外に出ます。これが生理(月経)です。

一般的に、排卵から約2週間後に生理はきますが、生理後どれくらいで排卵が起きるかには個人差があり、1週間後の人もいれば、3週間後の人もいます。排卵日を特定する方法は後述します。

排卵と生理の仕組みは?周期はどうなる?

排卵周期

では、具体的に排卵と生理の仕組みや周期を確認しましょう。生理周期には個人差がありますが、安定している人の場合は28~30日のサイクルで訪れ、出血が5~7日間続きます。また生理周期は大きく4つの期間に分けることができます。

1. 卵胞期

生理が始まってから排卵までの期間を「卵胞期」といいます。この時期に、卵巣にある卵子の元となるいくつもの原始卵胞のうちの1つが、脳下垂体の指令で分泌される女性ホルモンの影響を受け、成熟卵胞へと成長していきます。また、卵胞から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンの作用により、子宮内膜が受精卵を受け止めるために少しずつ厚くなっていきます。

2. 排卵期

実際に排卵があった日を「排卵日」といい、その前後5日間を「排卵期」と呼びます。このとき、脳の視床下部が卵子の成熟を察知すると、脳下垂体からホルモンが分泌され、その影響で卵子が成熟卵胞の中から卵管へと排出されます。これがいわゆる排卵です。この時期に性交し、女性の体内に放たれた精子と卵子が卵管で出会うことで妊娠が成立します。

3. 黄体期

「黄体期」とは、排卵後の卵胞が黄体という組織に変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌する期間を指します。このとき子宮内膜は黄体ホルモンの影響で柔らかくなり、卵子が着床しやすい状態になります。妊娠が成立しなかった場合、2週間ほどかけて、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌が日ごとに減少していきます。

4. 月経期

女性ホルモンの量が減ることで妊娠の準備を整えていた子宮内膜が必要なくなり、表面の一部が剥がれ落ち、血液とともに子宮口から排出されます。生理が始まると同時に体温は下がり、低温期に入ります。

卵子の寿命はどれくらい?

時間 時計 腕時計

卵子の寿命は、排卵後約24時間といわれています。昔は卵子が生存しているうちは受精が可能だといわれていましたが、現在では卵子の生存している時間のうち6~8時間が受精可能な時期とされています。

また、卵子の寿命には個人差があり、老化が進んでいないほど長いといわれています。そこで、妊娠確率を上げるためにも、生活習慣などを見直し卵子を良質な状態に保つことが大切です。

卵子の寿命を伸ばすには?

女性 運動

卵子の寿命を伸ばすために、卵子の老化を防ぐような習慣に変えていきましょう。具体的には次のような生活習慣の改善がおすすめですよ。

● 睡眠をしっかりとる
● 適度な運動
● ビタミン摂取や栄養バランスのいい食事
● 冷え性対策
● 禁煙(タバコの煙の少ない環境)

妊娠しやすいのは排卵前後?

カップル ベッド 夫婦 相談

妊娠は卵子と精子がタイミングよく出会う必要があるため、排卵の時期を把握しておくのはとても大切です。卵子の寿命が約24時間に対し、精子は女性の体内では約3日あるとされています。そのため、排卵の前に精子を送り込む方が妊娠確率が高いため、妊娠しやすいタイミングとして性交を行うといい期間は、排卵日の2日前くらいが狙い目です。

排卵期間はどうやって見つけるの?

排卵周期 基礎体温グラフ

卵子の寿命は24時間と短い上に、受精可能な期間は6~8時間と限られるため、排卵日や排卵期間を正確に掴むことは妊娠をするために大切なこと。生理周期から計算したり、基礎体温をチェックしたり、排卵検査薬を使ったりして排卵日を調べることができます。

基礎体温を把握する

女性の基礎体温は、ホルモンバランスの変化によって生理周期に合わせて変化します。また、基礎体温は高温期と低温期に分かれ、生理周期が安定している女性の場合には、ある程度正確に排卵日や整備を予想することができます。

特に、妊娠しやすい排卵日の2〜3日前の期間を見つけるには、2〜3ヶ月基礎体温をつけ、低温期と高温期の変わり目を把握することが重要ですね。

排卵検査薬を使う

女性の体内では、排卵直前になると「LH(黄体化ホルモン)」が増加します。排卵検査薬は尿中に含まれるLHを検知して、排卵直前であることを知らせてくれます。ただ、体の状態や外的な影響を受けて、検査結果も変わりやすいという点もあります。基礎体温表とも組み合わせて、うまく利用してくださいね。

福さん式など、他にも様々な方法があるので、「なんとかして排卵日を予測したい!」という方はぜひ関連記事も合わせて参考にしてください。

排卵と生理のタイミングを把握しよう

女性 基礎体温 体温計 ベッド

妊娠するには上手に排卵タイミングを把握することが大切です。でも、あまり気負いすぎてストレスが溜まり、体に負荷をかけてしまうのは避けたいところ。赤ちゃんのことを想像しながら楽しくリラックスした状態で、自分にあった方法に取り組めるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう