排卵日の基礎体温は上がる?下がる?排卵期と黄体期はどうなる?

「妊娠するにはまず体温を測るように」とよく聞きますよね。「体温」とは基礎体温のことですが、体温の変化で排卵のタイミングがある程度わかるため、体温を測ることが妊活の第一歩とされています。今回は、排卵日の基礎体温は上がるのか下がるのか、排卵期や黄体期と体温の関係についてまとめました。

基礎体温とは?

体温

基礎体温とは、人間が生きていくうえで必要最低限のエネルギーを使っているときの体温を指します。具体的には、体が一番安静な状態にある「寝ているとき」の体温のことを意味しますが、寝ているときに自分で意識的に体温を測ることができないため、寝起き直後に測ります。

毎日一定の時間の基礎体温を記録することで、体の状態をチェックすることができます。細かいデータが必要なので、通常の体温計ではなく、小数点2桁まで表示できる婦人用の基礎体温計が必要です。基礎体温は少し動いただけでも上昇してしまうので、寝起きのタイミングですぐに測ることが大切です。枕元に基礎体温計を用意して正確に測りましょう。

基礎体温は生理周期で変化する?排卵期や黄体期はどうなる?

女性ホルモン

基礎体温は生理周期に合わせて変化します。体温が低い「低温期」と体温が高い「高温期」の二相に分かれ、それぞれに0.3~0.5度ほどの差があるのが理想的な基礎体温です。個人差はありますが、一般的には低温期が36.7度以下、それ以上を高温期と考えます。

基礎体温が二相に分かれるのは、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンが作用しているからです。生理が終わって卵胞期に入ると、子宮内膜を厚くする作用のエストロゲンの分泌量が増えます。このエストロゲンは体温を下げる働きがあるため、基礎体温は低温期になります。

そして排卵直後から子宮内膜の厚みを維持するプロゲステロンが分泌されますが、プロゲステロンには体温を上げる働きがあるため、高温期に入ります。

妊娠が成立しなければ、プロゲステロンの分泌量が減って体温が下がり、生理が始まります。しかし、妊娠していればプロゲステロンの分泌量は多いままなので、基礎体温は高温期を維持したままになります。

排卵日の基礎体温は上がる?下がる?

疑問 クエスチョン

では、排卵が起きた当日の基礎体温はどうなるのでしょうか?一般的には、もっとも基礎体温が下がる「最低体温日」=「排卵日」になります。折れ線グラフで見ると、低温期の中でも一度ガクッと体温が下がるタイミングです。

ただし、人によって「最低体温日=排卵日」とはいえず、「最低体温日から数日の間に排卵が起こる」とされています。そのため、あくまで「基礎体温は排卵日のタイミングを知る目安」だと考えましょう。基礎体温表を2~3ヶ月つけることで「低温相から高温相に変わるタイミング」を予測することができるようになります。

排卵日の目安は基礎体温以外の症状にも注意

女性 ソファ 腹痛 生理

基礎体温の変化で排卵日をある程度予測することはできます。しかし、基礎体温は体調や睡眠時間に左右されてしまうので、いつもと同じ条件で測っていない場合、排卵日ではなくても一時的にガクッと下がってしまうことも。

排卵日かどうかを知るためには、基礎体温の変化だけではなく、排卵痛や排卵出血などの症状が現れていないかも確認しましょう。ホルモンバランスの変化は体調にも影響を与えるため、排卵日付近は様々な症状が現れ、おりものも変化します。排卵日付近の体調変化については、関連記事を参考にしてください。

基礎体温を測って、排卵日の周期と健康状態を知ろう

本 サングラス

妊娠を望んでいる方もそうでない方も、基礎体温を記録することで体の状態を把握することができます。基礎体温がガタガタしていたり、常に一定だったり、きれいな二相に分かれていない場合は体に何らかの異変が起きている可能性もあります。基礎体温は排卵日の周期だけでなく、健康状態や妊娠しやすい体かどうかも教えてくれるのです。

しかし、基礎体温を毎日正確に測るのは大変です。それがストレスになってかえって基礎体温が乱れてしまうことも。基礎体温を測ることは健康状態を知るためにも、妊娠するためにも大切なことですが、「絶対に毎日測らないといけない」と考えすぎず、気長に続けられるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう