排卵日はいつ?計算方法は?生理周期で排卵時期が予測できる?

妊娠したいと考えている人にとって、「妊娠しやすい排卵日はいつ?」ということをまず知りたいですよね。排卵日がいつかを正確に知ることは、妊活の第一歩です。排卵日の計算は、生理周期から簡易的に行う方法や基礎体温グラフを利用する方法、体の状態から知る方法など様々です。今回は排卵日がいつかを知るために、排卵日と生理周期との関係や具体的な計算方法をご紹介します。

排卵日とは?

カップル 夫婦 ベッド 仲良し

そもそも排卵日とは、名前の通り「排卵される日」です。排卵とは卵巣から卵子が飛び出て卵管に入ることをいいますが、その際に精子と結合することで受精卵ができ、その後に卵管から子宮へと移り、子宮内膜に着床して根づくことで妊娠が成立します。

排卵日を予測して性交することで、妊娠を目指すことができるのです。

排卵日と生理周期の関係は?

排卵周期

排卵日を知るために、まずは、生理周期において体に何が起きているかを知ることから始めましょう。

女性の体は、4つの周期で妊娠準備を行っています。卵巣を刺激する指令が脳から出されると、卵巣は卵胞を成熟させて卵子を作り、排卵を行います。その後、受精卵の着床に備えて子宮内膜が厚くなりますが、受精卵ができない、受精卵が子宮内膜に着床できないなど、妊娠が成立しない場合、子宮内膜は剥がれ落ちて、経血として排出されます。

それでは、4つの周期について詳しくご紹介します。

1. 卵胞期

卵胞期では、脳の直下にある脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌され、血液を通って卵巣に届きます。卵胞刺激ホルモンの影響で、卵巣内では15~20個程度の原子卵胞が成長をはじめ、そのうちの1つが卵子として成熟します。

そして、卵胞から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が増え、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい体に整えてくれます。期間は6~7日程度で、4つの周期中で最も体調がいい時期でもあります。

2. 排卵期

排卵期は、卵巣で成熟した1個の卵子が卵巣から出ていく時期で、卵胞が成熟すると、脳下垂体から黄体化ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、排卵が促されます。排卵された卵子は、卵管を通ってゆっくり子宮へと向かいます。排卵期は、卵子が排卵される前後5日間程度です。

3. 黄体期

排卵したあとの卵胞は黄体に変化し、多量の黄体ホルモンと少量の卵胞ホルモンを分泌します。黄体ホルモンは、受精卵が着床しやすいように子宮内膜をやわらかくし、体温を上昇させます。基礎体温が高温期に入るのは黄体ホルモンが分泌されているからなのです。

また、黄体期は便秘や肌荒れのような体調に変化を感じる人もいます。卵子が精子を受精した場合、受精卵が子宮内膜に着床するのを待つ期間でもあり、約14日間ほど続きます。

4. 月経期

受精卵が子宮に着床しなかった場合、黄体ホルモン・卵胞ホルモンともに減少し、受精しなかった卵子はそのまま消滅します。そして、不要になった子宮内膜が剥がれ落ち、血液と一緒に外に出てくるのが月経です。

期間は5~6日程度で、体は再び次の排卵を準備し始め、卵胞期へと続きます。

排卵日は生理開始予定日-14日で計算できる

グッズ カレンダー タイミング

生理周期は25日~38日周期が正常範囲とされていますが、「原子卵胞が成熟して卵子になり、排卵されるまでの期間」によって変わり、排卵されてから生理までの長さは約14日間と決まっています。黄体期が約14日間で変わらないというのは生理不順の人でも同じで、卵胞期の長さが毎月変わっているのです。

インターネットサイトにある自動計算式はこの方法を取っていますが、「次回生理予定日から14日を引く」だけです。カレンダーでいうと2週間前で、単純に計算できます。

たとえば、28日周期の人の場合、排卵日は月経開始日から14日目ですが、35日周期の人の場合、排卵日は21日目となります。また、生理不順の人だと排卵日が一定にならず、定期的な生理周期の人でも体調によって変わってしまいます。自分の体調と生理周期を把握し、排卵日を予測することが大切です。

排卵日は生理後はいつ来るの?

女性 疑問 クエスチョン はてな

排卵日を簡易的に計算するうえで注意してもらいたい点が、「生理後いつか」というのは生理周期や生理期間によるということです。

例えば、生理周期が28日で、生理期間が5日間の場合、「28ー14ー5=9」で排卵日は生理後9日目頃にきます。生理期間が7日間の場合は生理後7日目頃です。生理周期が安定している人は、次回生理開始予定日ー14日で計算すると概ね排卵日周辺となります。

排卵日はいつ?4つの排卵日計算方法

チェック カレンダー 予定

それでは、排卵日がいつ頃になるのか予測するための具体的な方法をご紹介します。手軽さや正確性など、それぞれにメリット・デメリットはありますが、自分に合った方法を見つけてくださいね。

オギノ式

オギノ式は、荻野学説とも呼ばれ、大正時代に発表された民間の懐妊法です。生理周期が長い短いにかかわらず、次回の生理予定日の前12日から16日までの5日間のうちに排卵日が来るという考えです。

しかし、正常な生理周期の人でも生理日が2~3日ずれることはよくあるため、正確性はあまり高いとはいえません。あくまで目安として考えましょう。先ほどの単純な計算方法はオギノ式を基本としています。

福さん式

元助産師の「福さん」という方がインターネットに公開した排卵日特定法です。子宮口を自分で内診し、子宮口の位置やおりものの状態から排卵日を計算します。具体的には、排卵日が近づくと子宮口が下に降りてきて、おりものが透明でよく伸びる状態に変化するというものです。

メリットはお金もかからず、記録をつけたりする必要がないので手軽にできること。デメリットは、膣に直接指を入れるため、病気にかかるリスクがあり、慣れるまでに時間がかかることです。インターネットの口コミでは、「福さん式で排卵日がわかって妊娠できた!」という声も多数あるほどです。具体的な方法は関連記事を参考にしてください。

基礎体温表

朝、目が覚めてすぐ測る体温が基礎体温です。からだを動かすと体温が上がるので、寝たままの状態で測ります。基礎体温計は寝る前に枕元に置いておくようにしましょう。個人差はありますが、低温相から高温相に変わる境目で体温が大きく下がる日があり、この日を含めて前後1~2日の間に排卵が起こります。

メリットとしては、正確性が高く、ホルモンバランスの異常や婦人科系の病気を早期発見できて健康的な生活を意識することができます。一方、毎日測らなければならず、寝不足や飲酒などの影響を受けて基礎体温は上下してしまうので、手間がかかってしまうのはデメリットです。

基礎体温は、少なくとも2~3ヶ月分のデータが必要なので、コツコツと習慣化しましょう。自分自身が健康かどうかも把握することができるので、まだつけていない人はすぐに計り始めることをおすすめします。

排卵検査薬

排卵検査薬は尿中のLH濃度の上昇をとらえる検査薬です。LHとは黄体化ホルモンのことで、濃度の上昇が始まると、およそ36時間以内に排卵がおこるという身体の仕組みを利用しています。排卵検査薬は毎日使用すると、最初はうっすらと陽性反応を示して徐々に線が濃くなっていくため、毎月使っていれば、あと何日で排卵が起きそうだなというのが計算しやすいですよ。

不妊治療で用いられることも多く、確実に排卵日を計算したい人におすすめの方法ですが、費用がかさむのがデメリットです。

超音波卵胞計測

卵子を包む卵胞の大きさを直接チェックする方法で排卵日を計算することもできます。「超音波卵胞計測」という方法で、膣に器具を入れて超音波で卵胞の大きさを測ります。排卵直前の卵胞は約18〜22mmで、卵胞のサイズを見れば精度高く排卵日が近づいているかどうかを判断できるのです。

不妊症治療のタイミング法でも、この方法で排卵タイミングを把握することが多くあります。メリットは精度が最も高いことですが、婦人科に通う必要があるため、費用と手間がかかることがデメリットです。

排卵日は計算しなくても、体調から予測もできる

生理 お腹 腹痛 不調 体調不良

排卵日を計算するとまではいきませんが、「排卵日が近づいているな」と予測する方法は他にもあります。排卵日付近はホルモンバランスが変化するため、様々な体調変化が起きるのです。それでは、具体的な症状をいくつかご紹介します。

排卵痛

排卵日が近づくと、腹痛を感じることがあります。これは排卵痛と呼ばれるもので、症状には個人差がありますが、お腹全体に痛みを感じることや左右の卵巣付近に痛みを感じることもあります。卵巣付近にチクチクとしたような痛みを感じたら、排卵日が近い可能性が高いといえます。特に定期的に排卵痛が起きる人もいるので、症状である程度予測できますね。

排卵出血

卵胞から卵子が飛び出すときに出血を伴うため、排卵日に少量の出血がある場合があります。この出血を排卵出血と呼びますが、排卵が起きているんだと予測できる一つの方法です。

吐き気、胸の張り、イライラ、腰痛などの体調変化

排卵日が近づくと、吐き気や胸の張り、イライラ、腰痛など、様々な体調変化が起きます。症状がひどくなると月経前症候群と診断されますが、毎月排卵日近くに同じ症状が現れる人も多く、意識して症状を観察すると、排卵日をある程度予測することができるかもしれません。

排卵日はいつ?と計算しすぎず、ストレスを溜めすぎないで

夫婦 カップル 風景

妊娠しやすい日と認識されている排卵日ですが、これにとらわれてストレスを溜めてしまうと逆効果になってしまうことも。排卵日の計算は妊娠するために大切なことですが、まずはある程度の予測から始めてみましょう。

最初から排卵検査薬を使ったり、婦人科に通ったりするのは大変なので、まずは基礎体温を毎日つけることや、排卵痛や排卵出血などの症状を観察することから始めてみてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう