排卵痛とは?原因と症状、期間は?生理痛との違いは?

女性が月に一度悩まされる痛みといえば、「生理痛」を思い浮かべる人は多いと思いますが、中には「排卵痛」がひどくて困っている人もいます。排卵痛はなぜ起こるのでしょうか?また、生理痛とはどう違うのでしょうか?今回は排卵痛の原因や症状、期間、痛みをやわらげる方法をご説明します。

排卵痛とは?期間は?

女性 お腹 痛い 腹痛 

排卵痛とは、排卵日の前日・翌日を含めた約3日間で、卵巣付近に感じる痛みを指します。排卵痛の症状や程度には個人差があり、痛みをまったく感じない人もいれば、治療が必要なほどの痛みに襲われる人もいます。

生理が28日周期で起こる人であれば、生理が始まってから13~15日後あたりに現れます。その時期に痛みが現れたときは排卵痛を疑ってください。

排卵痛は生理痛とは違うの?

排卵周期 基礎体温グラフ

排卵痛と生理痛を同じものだと考えている人もいるかもしれませんが、まったく別物です。

生理痛は、子宮内膜を排泄するために子宮収縮が起きることで現れる痛みで、月経期に現れます。子宮収縮を促す「プロスタグランジン」というホルモンの分泌量が増えることが原因で、ホルモンバランスが崩れて分泌量が過剰になると痛みもひどくなるのが特徴です。

排卵痛は、前述の通り、排卵期に現れるもので月経期に起こる生理痛と重なることはありません。そのため、月経期の前後数日に現れる痛みは生理痛で、生理が終わってから1週間ほどした頃に現れるのが排卵痛と考えてください。

排卵痛の原因は?

疑問 クエッション ?

排卵痛を引き起こす原因としては、排卵に伴う体の変化が関係していると考えられます。

原因1. 排卵前の腫れ

卵巣内の卵胞が成熟すると卵子が排卵されます。卵胞は成熟すると大きくなって少し腫れたような状態になるため、その腫れが原因でチクチクとした痛みを感じることがあります。排卵後に腫れは引いていくので、痛みも次第に治まります。

排卵時の痛み

卵胞から卵子が飛び出すときに細胞を突き破るので、その痛みを感じることがあります。卵胞はとても小さな細胞ではありますが、人によっては突き破られたときの痛みを感じ取ります。

排卵後の出血による痛み

排卵時に卵巣内に傷がついて出血することがあります。これは「排卵出血」と呼ばれ、体に悪影響をおよぼすものではありませんが、引きつるような軽い痛みを伴うことがあります。

排卵痛の症状は?腹痛を感じる場所は?

草原 公園 女性 足

排卵痛の痛みは、個人差があります。生理痛のように下腹部全体がズーンと重くなる痛みを感じることもあれば、チクチク・ピリピリという軽い痛みが現れることもあります。

卵巣に痛みを感じるため、左右どちらの卵巣で排卵が起こるのか次第で、痛みが現れる場所も変化します。稀に腰痛や頭痛といった症状が出ることもあります。

また、排卵痛にともなって排卵出血が起こると、おりものに少量の血が混じることがあります。粘り気のあるおりものに血が混ざってピンク色に変化しますが、出血は長くても2〜3日で治まります。

排卵痛や排卵出血によって排卵日をある程度特定することができますが、排卵日付近には様々な症状が起きます。詳しくは関連記事にまとめていますので、排卵日を知りたい人は合わせて参考にしてください。

排卵痛の対処法は?

通り 秋 公園

排卵痛は生理的な現象で、痛みも軽くて期間も短いので、基本的には特別な対処は必要ありません。しかし、人によっては生理痛と変わらない痛みに悩まされ、日常生活がままならなくなることも。症状がひどいと感じたときは、我慢せずに婦人科を受診してください。

病院で女性ホルモンのバランスを整える低用量ピルなどを処方してもらうと、痛みを緩和することもできます。一人で悩まず、早めに医師に相談して対処しましょう。

身体のリズムを知って排卵痛に備えよう

女性 リラックス 健康

下腹部に痛みを感じた場合、その痛みが排卵痛なのか生理痛なのかがわかるために、普段から自分の生理周期を把握しておきましょう。痛みを感じたとき、その原因が分かっていれば適切な対処ができます。

妊活中の人は、ぜひ日頃から基礎体温を測り、生理周期を記録してみてください。基礎体温を測ることで身体のリズムを知り、排卵日を特定できるだけでなく、健康的な生活を送ることにも役立ちますよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう