妊婦が鉄剤を飲む効果と副作用は?貧血薬に頼らない方法は?

多くの妊婦さんを悩ませる貧血。病院を受診すると、症状によっては鉄剤という薬が処方されることがありますが、どんな効果や副作用があるのでしょうか?貧血は悪化してしまうと、妊婦さんだけでなく赤ちゃんにも影響が出ることがあるので、早めに治したいと思う一方で、妊娠中の薬の服用に抵抗を感じる人もいるかと思います。今回は妊娠中に鉄剤を服用する効果や副作用、鉄剤の使用以外での鉄分補給方法などをご紹介します。

妊婦は貧血になりやすいの?

お腹 妊婦 クエスチョン はてな ?

妊娠すると、妊婦さんが摂取した栄養素はお腹にいる赤ちゃんに送られ、発育のために使われます。鉄分も赤ちゃんに送られる栄養素のひとつであり、意識的に摂取しないと鉄分が不足し、貧血になってしまいます。

妊娠初期はつわりで食べ物がなかなか食べられないことが多く、貧血になりやすい時期なので注意が必要です。

妊婦の貧血に使われる鉄剤の効果は?副作用は?

抗生物質 抗生剤 治療 薬

厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、1日に推奨されている鉄の摂取量は18〜29歳の女性で6.0g、30〜49歳の女性で6.5gです。この量に対して、妊娠初期は+2.5g、妊娠中期・後期は+15.0gの摂取が推奨されているため、中期以降は2倍以上も必要とされているのです(※1)。

普段の食事では必要な分の鉄分を摂取できないと医師が判断した場合、鉄剤が使用されることがあります。鉄剤は、貧血などに用いられる鉄分を補給するための薬です。

鉄剤の副作用としては、便秘や嘔吐が挙げられます。鉄剤を服用すると、体で吸収しきれなかった鉄分が便として排出され、便が黒く固くなり、便秘になることがあります。

鉄剤の服用により便秘が起こった場合は、しっかり水分補給を行うか、医師に下剤を処方してもらい対処します(※2)。嘔吐は、鉄剤の種類を変えると治まることがあるので、医師に相談してみましょう。

吐き気などの副作用が非常に強い場合や、内服薬では十分に吸収できないと判断された場合は、鉄分補給のために注射が使用されます。その場合、比較的頻繁に病院に行って、注射を打ってもらう必要があります(※3)。

妊娠中に鉄剤を服用すると、何か問題があるの?

医師 医者 診断 診察 病院

赤ちゃんへの影響を心配して、妊娠中に薬を飲むことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし、医師が鉄剤を処方したということは、「鉄剤を使用した方がリスクを減らせる」と医師が判断したということであり、自己判断で鉄剤の服用を中止するのは控えるようにしましょう。

処方された鉄剤の服用を勝手にやめて、貧血がひどくなってしまうと、赤ちゃんに十分な酸素や鉄分を届けられず、早産や胎児発育不全になる恐れがあります。また、貧血の状態のまま分娩を迎えると、出産時の出血でショック状態になる可能性が高くなってしまいます(※4)。

妊娠中に薬を服用することに不安や疑問を感じるときは、遠慮せず医師に相談してみましょう。一人で抱え込まず医師に率直に聞いて、自分が納得できる形での貧血対策法を見つけることが大切です。

妊婦が鉄剤の使用以外でできる貧血対策は?

レバー

妊娠中の貧血対策法として、鉄剤の使用以外にも、食べ物を通しての鉄分補給があります。鉄分が不足しがちな妊娠中は、鉄分を豊富に含んだ食べ物を積極的に摂取していきましょう。

鉄分を豊富に含んだ食べ物

・肉類…豚レバー、鶏レバー
・豆類…グリーンピース、大豆
・緑黄色野菜…小松菜、ほうれん草
・堅果類…ごま、くるみ
・魚介類…かつお、しじみ

鉄分と共に、ビタミンCやたんぱく質、銅も摂取すると、鉄分の吸収がよくなるので、ビタミンCを豊富に含んだレモンやピーマン、たんぱく質を豊富に含んだ乳製品や卵、銅を豊富に含んだしゃこや桜エビを意識的に食べるようにするのもいいですね。

胎児の成長をサポートする葉酸も貧血対策に効果的です。また、睡眠をしっかりとって、規則正しい生活を送ることも貧血予防につながるので、生活習慣を見直すことも大切ですよ。

鉄剤と上手に付き合って妊娠中の貧血を乗り越えよう

妊婦 笑顔 リラックス ストレッチ 気持ちいい

妊娠中に薬を飲むことが嫌でも、食べ物だけで推奨量の鉄分を摂取するのは難しいかもしれません。また、偏った食事になってしまっても、体重が増えてしまったり、栄養が偏ったりする恐れもあります。

胎児への薬の影響が心配なときは、かかりつけの医師に相談し、薬の効果やリスクについてきちんと説明してもらいましょう。また、副作用が強いときも医師にきちんと伝え、対処してもらうことが大切です。

医師は、母体と胎児の健康を第一に考えた対処をしてくれる心強い味方です。赤ちゃんと自分のためにできることを、ひとつひとつ見つけていきましょう。

※1参考文献: 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版※2参考文献: 聖隷福祉事業団 「ゆりかご~妊娠中のお薬の使い方~」※3参考文献: 慶應義塾大学病院 「鉄欠乏性貧血、その他の造血因子不足による貧血」※4参考文献: 愛媛県産婦人科医会 「FAQ」

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい