妊婦の貧血症状は?妊娠後期や臨月はなりやすいの?妊娠中の対策は?

貧血はママだけでなく赤ちゃんにも影響を及ぼす、リスクのある症状です。しかも妊婦の約30~40%は貧血といわれるほど、妊娠中は貧血になりやすいのです。海外では貧血予防が小さい頃から行われているのに対し、日本では予防されてないどころか貧血は危険だという認識も薄いといった状況です。今回は、妊娠中期・後期の貧血について、原因や症状、治療法、胎児への影響についてまとめました。

妊婦の貧血とは?

貧血 めまい 女性

妊娠中の妊婦さんは、お腹に宿った赤ちゃんに栄養を送らねばならず、多くの血液が必要になります。しかし、つわりになると食事も十分できず、鉄不足で貧血になってしまうことも。妊娠中期や後期になればつわりが治まる頃ではありますが、妊娠初期での鉄分不足が響き、妊娠中期や後期になって貧血の症状が重くなる、という妊婦さんも多いようです。

妊婦が貧血になる原因は?

妊娠 腹痛 原因

妊娠することによって赤ちゃんに栄養を送るために血流が必要になり、貧血になる、というのが主な原因です。それ以外に、出産時の出血に備えて母体で大量の血をつくり、血漿(けっしょう)が最大47%増加し、赤血球は17%増えるという妊娠中の妊婦さんの特性もあります。このとき、血漿に比べて赤血球があまり作られないので、血液が薄まった状態になって、貧血の症状を引き起こすことがあります。

妊娠後期や臨月は貧血になりやすい?早いと妊娠中期から?

めまい つわり 妊婦 後期

特に、妊娠後期や臨月になると赤ちゃんも大きくなり、より多くの血流が必要になります。そのため、赤ちゃんの成長の加速に合わせてさらに血液を増加させなければならず、何もしなければ貧血は進む一方となってしまうことからも、妊娠後期や臨月は貧血になりやすいといえるでしょう。妊娠中期の後半、妊娠7ヶ月頃から特に注意が必要です。

妊娠後期・臨月に見られる貧血の症状は?

記号 チェック リスト

妊娠後期や臨月に限らず、妊娠中の貧血の症状としては次のようなものが挙げられます。

● 身体のだるさ、疲れ
● めまいや立ちくらみ
● 視界が暗くなる
● 動悸・息切れ
● 青白い顔
● 手足の感覚が変わる
● 氷などを食べたくなる

ところが、妊娠初期よりも強く症状が出ているはずなのに、その変化に気づくことができない妊婦さんも多くいます。つわりやイライラがピークの妊娠初期と比べると、体が慣れてしまったり「あの頃よりはマシになったかな」と感じてしまうのです。辛いと感じたときにはしっかり休み、産婦人科の先生にも相談しておくと安心ですね。

妊娠中の貧血は、赤ちゃんに影響が出る?

飛行機 赤ちゃんのリズムに合わせる

赤ちゃんが体を形成する妊娠初期とは異なり、できてきた体を大きく成長させる妊娠中期以降では、貧血による未熟児や奇形児のリスクは低いとされています。ただし、重度の貧血の場合、低体重出生児のリスクは上がるので注意が必要です。そのほか、貧血でふらついてお腹をぶつけてしまったり、寝込んで運動不足になったりと間接的な悪影響が及ぶ危険性もあります。

さらに、出産には出血がつきもので、出血量は分娩時間など個人差がありますが、妊娠後期に貧血だと血圧が下がりやすく出血量が余計に増えてしまいます。その結果、意識を失ったり、輸血が必要になったりして産後の回復が遅れてしまいます。また、母乳は血液から作られるので、母乳の出が悪くなることも。

産後への影響も含めて、貧血改善に取り組んでいきたいですね。

妊娠中期・後期の貧血はどう診断するの?

医療 医者

妊娠中期や後期での貧血の診断は、定期妊婦健診で血液検査を行うことによって、貧血かどうかを判断します。貧血一歩手前でも、お医者さんからは貧血対策をするように指示をもらいます。疑いが出た時点で早めに治療や体質改善にとりかかりましょう。妊婦健診には必ず行くようにしてくださいね。


妊婦の貧血は食べ物で改善できる?

飲食 玉ねぎ

妊娠中の妊婦さんの貧血改善には、やはり食生活の改善が効果的です。妊娠中の無理なダイエットや偏った食事で貧血になる女性も多くいますが、栄養バランスの良い食生活に変えていきましょう。

貧血対策におすすめなのは、非ヘム鉄を多く含む、乾燥青のり、乾燥ひじき、パセリ、納豆、小松菜、ほうれん草などです。さらに、吸収力をあげるタンパク質やビタミンCが含まれる、豆腐、あじ、レモン、ケール、ブロッコリーなどと一緒に食べるとよいでしょう。

「鉄分の摂取にはレバーがいいのでは?」と思う妊婦さんも多いようですが、実は鉄分以外にビタミンAも豊富に含み、ビタミンAを過剰に摂取してしまうと赤ちゃんの身体に影響がでることも。食べ過ぎには注意してくださいね。

妊婦の貧血対策には薬も使うの?臨月には必要?

医療 薬 

理想は妊娠初期のように食事で体質改善を図るのがリスクも少なく安心です。ただ、体に蓄えられていた栄養を運んでいた妊娠初期とは違い、食べた物の栄養が優先的に運ばれる妊娠中期以降は、鉄分を補うための偏った食材の摂取が逆に赤ちゃんに良くないこともあります。

そのため、妊娠中期以降の貧血対策には鉄剤を服用するように、お医者さんからすすめられることも少なくありません。また、臨月が近い妊婦さんは点滴で補うことも。ただし、鉄剤は効果が現れるまでに時間がかかるので、貧血の症状がすぐに改善されるというわけではありません。また、胃が荒れることもあるため、胃薬の併用が必要になります。

妊娠中の貧血は、食生活の見直しから

妊婦 野菜 健康 栄養

貧血を防ぐには、やはり普段からほうれん草や大豆類などの鉄分を多く含む食べ物を多めに取っておく必要があります。また、妊娠中期・後期はもちろんのこと、妊娠初期の段階から対策しておくのがおすすめです。

もし貧血で悩むようなことがあれば、我慢せずに産婦人科の先生に相談しましょう。体調不良によるストレスも赤ちゃんによくありません。早めの体質改善を心がけてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう