妊娠初期は貧血になりやすい?どんな症状が出る?対策は必要?

監修医師 産婦人科医 藤東 淳也
藤東 淳也 日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 監修記事一覧へ

妊娠初期には様々な体調変化が起きますが、「貧血」もその一つ。女性はもともと貧血になりやすく、妊娠すると多くの女性が貧血に悩まされます。妊娠初期から貧血を起こす人も多いのですが、一体何が原因なのでしょうか?また、どんな症状が現れ、対策は必要なのでしょうか?今回は妊娠初期の貧血について詳しくご説明します。

そもそも貧血ってなに?

貧血 頭

体の血が足りない状態を貧血だと考えるかもしれませんが、実際は血液中の赤血球やそれに含まれるヘモグロビンが少なくなった状態をいいます。

ヘモグロビンは酸素とくっついて全身へ酸素を送り届ける役割があるため、赤血球が減ったり、ヘモグロビンそのものが減ったりすると、全身に十分な酸素を届けられなくなり、いわゆる貧血の症状が現れます(※1)。

妊娠初期に貧血が起こりやすい理由は?

血液 赤血球 血管

妊娠中に起こる貧血の多くが「鉄欠乏性貧血」です。ヘモグロビンを生成するのに重要な役割を果たす「鉄分」が不足し、ヘモグロビンの数が減少することで起こります(※2)。

妊娠すると、以下の原因で体内の鉄分が不足しやすくなるため、鉄欠乏性貧血になってしまいます。

胎児に栄養を送る影響

お腹の赤ちゃんはママの血液から栄養をもらって育ちます。本来はママの体に供給される鉄分が赤ちゃんへと届けられるので、ママ自身の鉄分が不足しがちになり、貧血につながります(※2)。

血液量の増加

赤ちゃんに必要な栄養を送り届けるために、妊娠中のママの血液量は増加します。そのぶん妊娠中は多くの鉄が必要になり、不足すると貧血になりやすくなります(※2)。

つわり

妊娠による変化だけではなく、つわりで十分な栄養を補給できないことも貧血の原因の一つだと考えられます。鉄分がたくさん必要なのにもかかわらず、食事ができないと鉄分を補給できず、貧血になりやすくなります。

妊娠初期の貧血のほとんどは鉄欠乏性貧血ですが、まれに「巨赤芽球性貧血」を起こすこともあります。

巨赤芽球性貧血は鉄ではなく、赤血球を作り出すのに必要なビタミンB12や葉酸が不足することで起こる貧血です。病気や摂食障害などでこれらの栄養素をうまく摂取できないと発症する可能性があります(※3)。

妊娠初期の貧血はどんな症状が現れる?

めまい 頭痛 くらくら

軽度の鉄欠乏性貧血であれば、目立った自覚症状がないこともあります。

しかし、重度の貧血になると、息切れやめまいなどが現れます。また、疲れやすくなり、朝起きられない、やる気が出ない、倦怠感があるなど、体がだるく感じる人もいるようです(※2)。

こうした自覚症状が現れたら貧血がひどくなっていると考えて、早めにかかりつけの産婦人科医に相談してくださいね。

妊娠初期の貧血は赤ちゃんに悪影響がある?

女性 腹痛 生理痛

鉄欠乏性貧血は赤ちゃんへの鉄分供給を優先することで起きているものなので、軽度な鉄欠乏性貧血であれば赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。

しかし、貧血の症状が重くなると、赤ちゃんにも十分な鉄分や酸素を提供できなくなり、早産になったり、赤ちゃんの発育が遅れたりする恐れがあります(※2)。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの器官を形成する重要な時期なので、医師の指示に従って早い段階から貧血改善に努めましょう。

妊娠初期の貧血の治療方法は?

葉酸 サプリ 飲む 手 薬

妊婦健診では血液検査が行われ、貧血を起こしていないかがチェックされています(※4)。定期的に妊婦健診を受けていれば、貧血の危険があるときは医師から指摘してもらえるので、医師の指示に従って治療しましょう。

妊娠中の貧血の治療は食事療法が基本です。鉄分の減少が一番の原因なので、鉄分をしっかり補給できる食材を積極的に食べましょう。

妊娠初期のつわりで食事療法が難しい、あるいは貧血の症状がひどい場合には、鉄剤を服用する方法もあります(※2)。鉄剤は鉄分補給が目的なので、お腹の赤ちゃんへの影響もないと考えられています。

妊娠初期の貧血を予防するには?

飲食 食べ物 野菜

貧血は食生活を見直すことで改善できる可能性があります。一つの食材に偏るのではなく、栄養バランスのとれた食事を心がけてくださいね。

鉄分は肉や魚など動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、野菜など植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」の2種類があり、それぞれ特徴が異なるので、バンラスよく摂取することが大切です。

ヘム鉄はあさり、サンマなどに多く含まれ、非ヘム鉄は小松菜や菜の花、大豆などに多く含まれているので、食事のメニューにうまく取り入れましょう。

また、タンパク質やビタミンCを摂取すると非ヘム鉄の吸収率を高めてくれるので、これらの栄養素を含む食材を一緒に調理するのがおすすめです。反対に、コーヒーや紅茶には鉄分の吸収を妨げる作用があるので、飲み過ぎは控えてくださいね(※5)。

妊娠初期の貧血改善は食生活が基本

風景 青空

貧血の改善に努めても効果が出るまでには時間がかかると考えられます。そのため、妊娠初期の貧血に悩まされないためにも、できるだけ早い段階から貧血対策を心がけましょう。元々貧血気味の人は、妊活中から鉄分を積極的に摂るようにしたいですね。

妊娠初期から貧血を改善できれば、妊娠中期・後期の貧血に悩まされることも少ないでしょう。元気な赤ちゃんを迎えるためにも、できるだけ早い段階から食事を見直して、貧血改善を始めてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう