助産院とは?安全に出産できるの?費用はどれくらい?

産婦人科で妊娠が確定すると、医師や助産師から分娩をする施設を予約するようにいわれますよね。分娩施設というと、総合病院や個人病院の産婦人科が一般的ですが、「助産院」で出産するという選択肢もあります。最近は、助産院で自然なお産を希望する妊婦さんも増えていますよ。そこで今回は、助産院とはどんなところなのか、助産院で出産するための条件や安全性、費用についてご紹介します。

助産院とは?助産所とは違う?

助産院とは? 出産 メリット デメリット

助産院とは、助産師が分娩の手伝いを行い、妊産婦や新生児への保健指導を行う場所です。助産所と呼ばれることもあります。

助産院の定義や開設許可は医療法に定められていて、「管理者が助産師であること」「同時に10人以上の妊婦、産婦、産褥婦を入所させてはいけない」など様々な条件があります(※1)。

助産院と産婦人科は何が違うの?

はてな クエスチョン ? 本 疑問

助産院と産婦人科との大きな違いは、助産院には産科医がいないということです。つまり、出産の際に、帝王切開や陣痛促進剤の投与、吸引分娩といった医療行為を行うことができません。

助産院は医療の助けを借りずに母子の自然な力で出産することを目的とした施設なので、妊娠経過が順調で、自然分娩ができる人だけに利用が限られます。

分娩の途中で医療行為が必要となった場合は、連携している産婦人科へ搬送されます。

助産院で出産するためには?条件はあるの?

チェックリスト

前述の通り、助産院は自然分娩が可能な妊婦さんだけに利用が限られています。他にも、下記のような条件があります。

助産院で出産するための条件

● 逆子(骨盤位)ではない
● 多胎ではない(ふたご、みつごなど)
● 過去に帝王切開をしたことがない
● 過去もしくは現在、子宮に異常や手術歴がない(子宮筋腫など)
● 喘息・甲状腺異常などの合併症がない
● B型肝炎、C型肝炎、HIVなどの感染症がない
● 胎盤の位置に問題がない(前置胎盤など)
● 血液型がRh(−)ではない
● 胎児に異常がない(胎児発育遅延、奇形など)
● 羊水に異常がない(羊水が多い・少ないなど)
● 妊娠経過に異常がない(高血圧、高血糖など)

助産院によって細かい違いはありますが、多くの助産院では上記を基本条件としています。1つでも条件を満たしていないと、助産院で出産することはできません。

また、喘息になった経験がある、不妊治療での妊娠、35歳以上での初産、前回の妊娠・出産で異常があった場合なども、事前に助産師としっかり相談する必要があります。

助産院で出産するメリットは?

赤ちゃん 新生児

助産院で出産をする一番のメリットは、「家庭的な雰囲気や親身になってくれる助産師のもとで、妊婦さん自身に合ったスタイルの自然分娩ができる」ということでしょう。

助産院には分娩台がなく、布団を敷いてのお産になることがほとんどなので、立ち膝や立位など、妊婦さんが一番楽な姿勢で自由に出産することができます。また、水中でのお産を行うことができる助産院もあります。

会陰切開や陣痛促進剤の使用、吸引分娩といった医療行為を行わないことで、昔ながらの自然なお産で赤ちゃんを迎えることができます。母乳育児を推奨するところも多く、母乳マッサージや母乳相談など、産後の心と体のアフターケアが充実しているのも魅力です。

また、自宅出産に対応している助産院も多くありますよ。

助産院で出産するのは安全なの?

妊婦 お腹

助産院では医療行為が行えないというリスクがあるので、安全面で不安に感じる人も多いかもしれません。

出産には様々なアクシデントがつきものです。陣痛が起こるまで問題なく経過していても、いよいよ出産というときに異常が見つかることもあります。

多くの助産院では、安全面でのリスクを軽減するために、提携先の産婦人科と密に連携を取り、出産日には緊急でも産婦人科で処置してもらえるように手配するなど、できる限りの準備を行ってくれます。

ただし、助産院によって違いがあるため、出産時のリスクなどにどのように対応しているのか、事前に確認しておきましょう。

助産院での出産費用は?妊婦健診は?

お金 お札 

助産院でも産婦人科と同じように、尿検査・血圧測定・腹囲測定・浮腫検査や、赤ちゃんの心音・胎位などを確認する妊婦健診が行われます。

基本的には地方自治体で発行される補助券が使えますが、自治体や助産院によって使えないところもあるので、事前に確認しておきましょう。

妊婦健診の基本費用が1回につき約3,000~5,000円、分娩費用は50万円前後で、助産院によって違いはあるものの、産婦人科とあまり変わりません。

母乳外来や授乳指導のためのショートステイ、また育児相談などのアフターケアを利用するときには別途費用がかかります。

助産院で自分らしい出産をするために

助産院 出産 安心安全

できるだけナチュラルで自分らしい出産をしたいと願う妊婦さんに、助産院はおすすめです。ただし、妊娠・出産は何が起こるかわからないものなので、万が一のことも考えたうえで決めるようにしてくださいね。

助産院を選ぶときは、産婦人科と提携しているか、施設の雰囲気はどうかなど、しっかりとチェックしておきましょう。

自分自身のバースプランにあった施設を見つけて、満足のいくお産ができるといいですね。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう