保育園(保育所)の種類が多くてわからない!違いをまとめました

子供が産まれたあとも働くママが年々増えています。自分のキャリアや能力を活かしたい、収入を得て家計の足しにしたい、育児とは違った時間が欲しいなど、ママが働く理由は様々です。しかし働くためには、両親や親戚などに預けない限り、子供を保育園に預けなければなりません。そこで今回は、保育園にはどのような種類があるのか、それぞれ保育料や保育時間に違いがあるのかについてご紹介します。

保育園(保育所)とは?

風景 幼稚園 施設 遊具

保育園(保育所)とは、0歳から小学校入学前までの乳児および幼児の保育を行う児童福祉施設です。親が働いていたり病気の状態にあったりして、家庭で子供を保育できない場合に、保護者からの申し込みによって入園します。

ただし、保育園を利用するには、入園するための条件を満たす必要があります(※1)。

国は保育園の運営や設置に必要な基準を定めています。これらの基準を満たし、都道府県による認可を受けた施設を「認可保育園(保育所)」といいます(※2)。一方で、認可を受けていない施設は「認可外保育施設(保育所)」と呼ばれます(※3)。

保育園の種類は?

保育園 登園 日本人 ママ 子供

一口に保育園といっても、認可保育園や認可外保育施設をはじめ、いくつかの種類があります。保育園の種類別に、それぞれの特徴をご紹介します。

認可保育園(保育所)

施設の広さや保育士の人数など、国が定めた認可基準を満たし、都道府県に認可された施設です(※2)。都道府県や市区町村などが運営している公立の園と、社会福祉法人や企業、NPOが運営している私立(民間)の園があります(※3)。

地域の自治体が管理をしているため、基本的には保護者が住んでいる市区町村に入園申し込みをします(※1)。ただし、保護者が在勤している市区町村への申し込みを許可している自治体もあるようです。

認可外保育施設(保育所)

国が定める認可基準を満たしていない保育園の総称で、事業所内保育園、ベビーホテルなどが含まれます(※3)。認可外保育園や無認可保育園と呼ばれることもあるようです。

認可外保育施設には園庭が狭い、保育士の人数が少ないなどのデメリットはあるものの、夜間の預かりや24時間保育を行っている施設、企業内や駅と隣接した施設など、個人のニーズに合わせた個性的なサービスを展開している場合があります。

保護者の在住・在勤・在学の地域にかかわらず入園が可能なことが多いため、勤務先の近くの保育施設に通わせることもできます。

認証保育所

東京都では、待機児童が増加する一方で認可保育園を増やすことは難しいため、独自の基準を設けて保育所を作りました。それが認証保育所です。

認証保育所は民間企業を含む様々な事業者が運営をしており、大規模で0〜5歳の子供を対象としたA型と、それよりも小規模で0〜2歳の子供を対象にしたB型の2種類があります。

認可保育園の中には0歳児枠のない園もありますが、認証保育所は0歳児保育を必ず実施しています。また、13時間の開所を基本とするなど、都心で子育てをする世帯の必要性に応えているのが特徴です(※4)。

なお、東京都の認証保育所のように、自治体が独自に設けた基準によって運営されている保育所は全国にあり、横浜市の「横浜保育室」もその一つです(※5)。

また最近では、幼稚園と保育園の一体化を目指した「認定こども園」も増えてきました。3〜5歳の子供であれば、保護者の就労の有無に関係なく受け入れ、教育と保育を同時に行うのが特徴です(※1)。

保育園の種類ごとの保育料は?

保育園 費用

認可保育園、認可外保育施設、認証保育所の保育料をご紹介します。

なお、認可保育園と比べて、認可外保育施設や認証保育所は保育料が高くなってしまいます。しかし、施設環境や保育カリキュラムに力を入れている園もあるため、自分の求める条件と照らし合わせて選ぶようにしましょう。

認可保育園の保育料

国が定める上限額の範囲内で各地方自治体が独自に設定しており、世帯所得と子供の年齢などによって保育料が決められます。ただし、施設によっては、基本となる保育料以外にも費用がかかることがあります(※1)

具体的な保育料は住んでいる市区町村の保育課に確認するようにしましょう。経済的事情などがある場合は、保育料が減額・免除される場合もあります。

認可外保育施設の保育料

施設がそれぞれ定めていて公的な補助がないため、認可保育園に比べると高くなる傾向にあります。自治体によっては助成金が出ることもあるので、住んでいる市区町村の窓口に相談してみましょう。

認証保育所の保育料

保育所がそれぞれ定めていますが、原則として月220時間以下の利用の場合、3歳未満は月額80,000円、3歳以上は月額77,000円を超えない料金設定となっています。また、市や区から保育料の補助を受けられることもあります。

保育園の種類ごとの保育時間は?

時計

保育園は幼稚園に比べて開所時間が長く、ママやパパの就労時間に合わせて子供を預けることができますが、保育園の種類によって開所時間が異なります。

認可保育園の保育時間

認可保育園の1日の最長利用時間は11時間と定められています(※1)。7時〜7時30分ごろに開園し、20時前後に閉園することが多いようです。また、利用時間に関わらず、一定の時刻を過ぎると延長料金がかかることがあります。

ほとんどの園で土曜日も保育を実施していますが、日曜・祝日は休園となるのが一般的なようです。

認可外保育施設の保育時間

認可外施設の保育時間は、施設ごとに異なります。21時以降も保育を行っている施設や、24時間保育の施設もあるため、残業がある日や深夜に預けなくてはいけない場合にも対応してくれます。また、日曜・祝日に保育を行なっている園もあります。

認証保育所の保育時間

認証保育所は、13時間の開所が基本となるため、認可保育園よりも開所時間が長いことが特徴です。保育所によっては、13時間以上、開所しているところもあります(※4)。基本的には、日曜・祝日はお休みです。

保育園の種類をよく知っておこう

保育園 教室 机 椅子 

大切な子供を預ける保育園だからこそ、選ぶときは慎重になりますよね。待機児童問題もあるため、希望する保育園に入るのは大変なことですが、保育園の種類や特徴を知っておくと、選択肢が広がり、選べる保育園も増えてくるはずです。

実際に保育園に行って園の様子を見たり、すでに子供を通わせているママから情報を聞いたりして、子供と自分の生活スタイルにあった保育園を選べるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう