私立保育園と公立保育園の違いは?保育料や選考基準は違うの?

職場復帰に向けて保育園を探し始めたママは、認可と無認可(認可外)で様々な違いがあることや選考基準の複雑さに、びっくりしますよね。そのうえ、保育園には私立と公立があると聞いてますます混乱してしまう人も多いのではないでしょうか。保育園は子供を長時間預ける場所なので、納得のいく園を選びたいですよね。そこで今回は、公立保育園と私立保育園について、保育料や選考基準などに違いがあるのか、選ぶときのポイントなどをご紹介します。

保育園は公立と私立がある?

道 はてな クエスチョン ?

保育園には、認可保育園か無認可(認可外)保育園かという分け方と、私立か公立かという分け方があります。

認可保育園とは、児童福祉法という法律に基づいた職員数や施設基準を満たし、都道府県から認可を受けている保育園のことです。反対に、認可を受けていない保育園のことは無認可(認可外)保育園といいます(※1)。

そして、社会福祉法人や企業、NPO、学校法人、宗教法人といった民間団体が運営しているものを私立保育園、市区町村などの地方自治体が運営しているものを公立保育園といいます。

なお、無認可(認可外)保育園は基本的には全て私立保育園です。

保育園の公立と私立の違いは?料金は?

幼稚園 保育園 認定こども園 お絵描き

私立・公立どちらの場合でも、認可保育園であれば、入園申し込みは住んでいる地域の自治体を通して行います。また、同じ市区町村内の認可保育園なら、基本的には私立か公立かで保育料や選考基準に違いはありません。

ただし、保育料の支払先は異なり、私立の認可保育園の場合は自治体に対して支払うのに対し、公立保育園の場合は各保育園に支払います(※2)。

無認可の保育園の場合は、申し込み方法や保育料は各保育園が独自に決めているようです。

このように比べると、認可の私立保育園と公立保育園の間にはあまり差がないように感じるかもしれませんが、それぞれに次のような特徴や違いがあるのが一般的なようです。

公立保育園と私立保育園の主な違い

私立保育園 公立保育園
運営母体 民間団体 地方自治体
保育士 民間保育士 公務員保育士
保育士の異動 運営母体による 数年ごとにある
保護者会
・行事
平日の夕方~夜、土日に開催されることが多い 平日の日中や夕方に開催されることもある
保育内容 園ごとに違いがある 私立ほどの違いはない
延長保育 遅くまで実施しているところが多い 最近になって実施する園が増えてきた


私立保育園は運営団体が様々なので、園によって特色があります。一方、公立保育園は全て自治体が運営しているので、園の方針や保育内容に統一性がみられます。

また、公立保育園の保育士は公務員なので、基本的には数年おきに異動があります。保護者会や行事、延長保育については、私立のほうが働いているママに向けて配慮がされているといわれていましたが、最近では、公立でも土日に行事を行ったり、遅い時間まで預かったりする園が増えているようです。

保育園の公立と私立はどう選ぶ?

保育園

前述の通り、同じ市区町村の認可保育園であれば、私立保育園と公立保育園で保育料や選考基準に違いはありません。

しかし、上で説明したように、それ以外の部分には違いがあるため、認可保育園に申し込むときは事前に見学に行ったり、説明会で園長先生に質問したりしたうえで選ぶといいでしょう。

また、私立・公立に限らず、保育園を選ぶときに注意した方がいいことは他にもあります。以下でそれらをご紹介するので、保育園選びの際に参考にしてみてくださいね。

家との距離

保育園には通園バスがないので、ママやパパが送り迎えをします。家や最寄り駅から保育園までの距離が近いと、通勤時間に余裕ができ、送り迎えを焦らずに済みますよ。

保育時間

朝は何時から預かってくれるのか、延長保育は何時までなのかといった保育時間は、共働きの家庭にとっては重要なポイントです。延長保育に柔軟に対応してくれるかどうかもよく確認しておきましょう。

子供や職員の様子

実際に園に通っている子供たちの様子を見ると、入園後の我が子をイメージしやすくなります。一度見学に行って、園児や先生たちの様子をチェックするのもおすすめです。

設備の充実度

保育園の耐震設備や防災設備はもちろんのこと、近隣に危険な所はないかもチェックしましょう。子供が安全に過ごせるか、万が一のときにきちんと対応してくれるかも確認しておくと安心です。

食事内容

保育園は基本的に毎日給食です。バランスのとれた献立かどうか、アレルギー対応食を出しているかといった点も確認しましょう。


設備が新しく充実していたり、保育士経験の長いベテランの先生が多かったりなど、保育園ごとにメリットやデメリットがあります。どうしてもここは重視したいというポイントがあれば、私立と公立問わず比較して、申し込みの希望順位を決めましょう。

保育園は公立と私立の違いを知って選ぼう

保育園 赤ちゃん ママ 保育士 先生

認可保育園において、私立と公立とでは、保育料や申し込み方法、選考基準に違いはありません。しかし、保育士の異動があるかどうか、園独自のプログラムがあるかといった点で違いがあります。

認可保育園に申し込むときは、私立と公立の違いや特徴、自宅からの距離や預かってくれる時間といったポイントを踏まえて選ぶようにしましょう。無認可保育園には私立保育園しかありませんが、選ぶポイントは認可保育園と基本的には同じで大丈夫です。

待機児童が多い地域では保育園に入るのは非常に大変なことですが、早い段階で私立と公立の特徴や違いを知って、納得のいく保育園選びができるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう