【保育園の点数】計算方法は?点数表ってどういう内容?点数を増やすには?

保活をするときによく聞く「保育園入園に必要な点数」。聞いたことはあっても、「どういう基準で点がつくの?」「うちは何点なんだろう」と、わからないことがたくさんありますよね。そこで今回は、保育園入園の選考基準となる点数について、点数表の内容や計算方法をご説明します。

保育園の入園選考基準とは?点数ってなに?

保育園 日本人

保育園の入園選考は、より保育を必要とする人を優先するために行うもので、市区町村が決めた基準を元に判断します。

判断基準の1つとなるのが、保育園探しのときによく聞く「点数」。自治体が運営する保育園の選考時に使われ、正式には「保育所利用調整指数」と呼ばれています。

点数は2種類あり、両親の就労状況や家庭の状況に合わせて点数をつける「基本(基準)指数」と、詳細な家庭の事情から、より保育が必要かどうかを判断するための「調整指数」で構成されています。

待機児童が多い地域ではこの点数(指数)が重視されますが、同一指数のときは総合的な状況をみて自治体が判断します。点数の設定は自治体により異なり、最高値を20点としている地域もあれば、同じ項目でも100点と設定している地域もあります。

保育園の点数表の内容は?

手 書類

保育園の点数表の内容は、ある程度はどの自治体でも共通していますが、地域の特性に合わせて独自に設けている項目もあります。

住んでいる地域の自治体のホームページに指数表が掲載されているので、確認してみましょう。役所などで資料をもらうこともできますよ。

ここでは、基本(基準)指数と調整指数の主な内容についてご紹介します。

基本(基準)指数の主な内容

以下の各事由に対する項目ごとに指数が設定されています。

・就労状況(居宅外・居宅内での自営・内職、及び月の就労数や時間)
・ひとり親家庭
・出産、疾病、心身障がい
・看護、介護(入院・通院・自宅療養)
・災害
・求職活動(内定・未定)
・就学(通学・通所)
・特例

調整指数の主な内容

以下の各事由に対して詳細な項目が設けられており、項目ごとに加算数、減算数が設定されています。

・世帯の状況
・現在の保育状況
・就労、介護、就学状況
・保育士資格の有無
・兄弟姉妹利用(既に利用中の園を希望・同時入園を希望)
・転入予定
・卒園児含む保育料の滞納

保育園の点数の計算方法は?

計算機 家計簿 

保育所利用調整指数の計算方法は、まず住んでいる地域の指数表を確認し、両親それぞれの基本(基準)指数を合算して、世帯の基本指数を算出しましょう。

そこから、調整指数で加算・減算したものが、最終的な「世帯の指数」で、入園選考の判断基準になります。

しかし、世帯の指数は、就労状況などを記載する別の書類を元に、最終的には役所が算出します。夫婦で思っていた指数と、役所が算出した指数にずれが生じることも珍しくありません。

指数表を見て「この状況は当てはまるかな…」と悩むものに対しては、事前に各自治体に確認しておくのがおすすめですよ。窓口が混み合う願書提出期間は避け、早めにチェックしておきましょう。

保育園の点数を増やす方法はあるの?

女性 悩み 産後クライシス 日本人

待機児童問題などを考えると、どうにか点数を加算して、より保育園に入りやすい状況にしたいと考えることもありますよね。

「区役所に通って顔を覚えてもらうと良い」「手紙を書くと良い」といった話も聞きますが、そういった行為が選考の判断に繋がることはありません。

しかし、選考されやすくなるポイントやコツはあります。以下を参考にしてみてください。

希望欄は全て埋める

希望欄が「第3希望」「第5希望」とある場合は、なるべく全て埋めましょう。保育室なども含めておくのも方法の1つです。

周辺地域の保育園事情を聞いておく

希望の保育園に入れたくても、思っていた以上に人気が高く、自身の指数よりも高い指数の家庭がすでに待機していることもあります。そのため、同指数が多い傾向にある保育園を第一希望として申請することで確率が高まることも。

自治体に過去の選考結果を聞くなど、保育園の特色を把握しておきましょう。

認可外・保育ママなどに預ける

4月入園を希望する場合、前年の秋頃に願書受付が開始されますが、期中に入園希望の申請を出すこともできます。申請後の待機中、就労を理由に認可外保育園や保育ママに預けていた場合は、保育の必要性が高く判断され、加点の対象となります。

保育園の点数だけでなく多くの情報を集めよう

幼稚園 保育園

保育園の点数を把握することも大切ですが、それ以外にも地域や保育園の特徴を知ることが保活には重要なことです。できるだけ多くの保育園に申請できるよう、気になる保育園は見学しておくのもおすすめですよ。

認可保育園の場合は、認可外とは異なり見学が必要というケースはありません。あまり多くの保育園を見学するのも大変なので、情報が少ない保育園を優先して見ておくのも良いですね。

また、保育園の情報は、地元のママ友や自治体の担当者に聞くことが一番です。できるだけ多くの情報を集めて、保活を乗り切ってくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう