母乳育児を成功させる!おっぱいの質と量を良くする方法とは?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

母乳育児は赤ちゃんの体と心に栄養を与えるだけでなく、ママにとっても、産後の体重管理や子宮の回復にも効果があるといわれています。ただ、母乳が出ない、赤ちゃんが母乳を飲んでくれないなど、母乳育児に悩むママはたくさんいますよね。そこで、今回は母乳育児を成功させるために、母乳の質と量を改善する方法をご紹介します。

母乳が出る仕組みとは?

赤ちゃん 子供 おっぱい 授乳 母乳

そもそも母乳とは、どういう仕組みで出るものなのか、まずそこから理解しておきましょう。

母乳はママの血液から作られています。妊娠するとエストロゲンという女性ホルモンが増加し、乳腺が発達します。しかしエストロゲンには、母乳の分泌を抑える作用もあり、出産前に母乳が出ることはほとんどありません。

出産すると、胎盤とともにエストロゲンが排出され、今度はプロラクチンというホルモンが分泌されます。このホルモンで、母乳が作られます。

そして、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、今度は母乳を出すオキシトシンというホルモンが分泌され、赤ちゃんが吸うことで母乳が次々と出るようになるのです。

この仕組みからもわかるように、母乳を出すには「ホルモン分泌」と「血液」がカギのようですね。それでは、この仕組みを理解したうえでどのようにすれば母乳の質や量が良くなるのか、次からその方法をお伝えします。

母乳育児のコツ1. 水分をたくさんとる

水で水分をとる

赤ちゃんは一日1リットルほどの母乳を飲むので、母体に必要な水分量も考えると、お母さんは一日2リットルほどの水分を摂る必要があります。2リットルも水ばかり飲んでいられない!という人もいるかもしれませんが、食事に含まれる水分も含めての量なので、お味噌汁やスープで食事の水分を増やすのもいいですよ。

また、たんぽぽ茶には血のめぐりを良くする作用があるので、ホットのたんぽぽ茶をゆっくり飲むのがおすすめです。母乳が出るようになれば、自然に喉が渇くようになり、たくさんの水分を摂取することも苦ではなくなってきますよ。

一方、母乳が出すぎておっぱいが張って仕方がないという人もいます。この場合は、1日の水分摂取量を1.5リットルくらいに控えてみてください。

母乳育児のコツ2. 休息、睡眠をとる

女性 リラックス

よく眠れたときにおっぱいの張りを感じることがあります。これは休んでいる間に母乳が作られたためで、休息や睡眠は母乳育児に欠かせません。

ただ、小さな赤ちゃんを育てているママの多くは睡眠不足。赤ちゃんが寝ている時間に夕飯の準備や掃除をしたり、夜も授乳であまり眠れない生活が続いたりで、この時期のママは疲れも溜まってしまいがち。この疲れが母乳の出をさらに悪くします。

赤ちゃんのお昼寝の時間は、お母さんにとっても絶好の睡眠のチャンスです。一緒に寝たり横になったりしてできるだけ体を休めましょう。家事が溜まってしまうのが嫌という人は、ある程度の手抜きを割り切ることや、パパの力を借りながらうまく休息、睡眠をとれる環境をつくることも大事ですよ。

母乳育児のコツ3. 血行を良くする

女性 運動

母乳はママの血液からできているので、血流が悪くなると母乳が出にくくなります。毎日同じ姿勢で授乳をしていると、体が凝り固まってしまい母乳が出にくくなるので、肩回しをしたり伸びをしたりと、体をほぐしてから授乳を始めてみましょう。

また、赤ちゃんを連れて近場を散歩するだけでも、気分転換と軽い運動になるのでおすすめです。ときにはパパに協力してもらい、赤ちゃんのお世話を任せてゆっくりバスタイムを楽しむのも母乳育児のコツです。

母乳育児の4. 栄養バランスの良い食べ物をとる

飲食 食事 外食 和食

ママの食べ物が血液になり、母乳となりますが、現状では食事と母乳の質・量に関して、はっきりした調査報告がされているわけではありません(※1)。

ただし、母乳育児相談室や母乳外来で食事の指導がされる場合もあり、医師の監修する書籍でも、脂肪分や糖分の高い食事は乳腺をつまらせたり、母乳の質を下げたりするため、できるだけ避けるようにと注意しています(※2,3)。

つまり、経験則からは食事と母乳の質・量には何らかの関係性があるのではとも考えられています。母乳育児中はできるだけ栄養バランスのとれた食べ物を心がけたいですね。甘いもの、油っぽいもの、塩分が多いものなどは量を控えるように心がけましょう。

また、血のめぐりを良くする食べ物は母乳の分泌を良くするという意見もあり(※1)、逆に、体を冷やす食べ物は血流を悪くするため、母乳の出が悪くなる可能性があります。以下の食べ物は摂取量に気をつけておきましょう。

● 糖分の多い食べ物
アイスクリーム、ジュース、チョコレート、ケーキ、クッキーなど
● 油っぽい食べ物
唐揚げ、フライ、天ぷらなど
● 添加物が多い食べ物
インスタントラーメン、レトルトカレーなど
● 辛い食べ物
カレー、キムチ、担々麺など
● 体を冷やす食べ物
きゅうり、トマト、なす、梨、柿など

母乳育児のコツ5. 搾乳して母乳量を一定に保つ

母乳で授乳を調整する

赤ちゃんは母乳を欲しいときに欲しい分だけ欲しがります。ママの体はその要求に応えられるように、オキシトシンとプロラクチンを体内に分泌し、最適な量をコントロールしながら母乳を作っています。

母乳の出が悪いと授乳時間が憂鬱になってしまいますが、1日に8回以上は直接授乳してあげましょう。これで、適切な乳頭への刺激が加わり、オキシトシンの分泌が促されます。ミルクを足したとしても、生後2ヶ月くらいまでは3時間ごとの授乳を続けてください。

生後1〜2ヶ月までの間、ミルクを追加することで授乳時間が4〜5時間あき、授乳回数が減るようであれば、追加するミルクの量を調節してみましょう。

赤ちゃんが母乳を飲み切れず、授乳後もおっぱいの張りが強い場合には搾乳をします。母乳を出すことで、体がまた出した分の母乳を作り出そうとし、母乳の分泌量が増えていくことにつながりますよ。

母乳育児を成功させようと、思いつめすぎないで

親子 ママ 赤ちゃん ベッド

母乳育児は、量が出ない、質が良くないのか赤ちゃんが飲んでくれない、詰まりやすくてすぐ乳腺炎になってしまう…など、おっぱいの管理が本当に大変。

残念ながらここでご紹介した方法を試しても、必ず良くなるというものではありません。おっぱいの出や質などは、ママの体質的なものもあり、個人差があります。なんの管理もせずとも、順調に母乳育児ができるママもいます。

決して「ママとして失格」「女性として不完全」などと思わないようにしてくださいね。「絶対母乳」というような強い意見もあるのが現実ですが、最近は市販のミルクの成分もぐんとよくなっています。ミルク育児でもちゃんと抱っこして愛情をかけながらスキンシップとコミュニケーションをとれば、赤ちゃんの心も育みますよ。

母乳育児を成功させようと思い込み過ぎず、リラックスした気持ちで自分なりの育児を見つけてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう