肥満で妊娠するとリスクがあるの?妊娠中の注意点は?

「自分は太っている」と感じている女性のなかには、妊娠や出産について不安を抱く人もいるかもしれません。「肥満だと妊娠しにくいの?」「肥満で妊娠するとリスクがあるの?」といった疑問を持つこともあるのではないでしょうか。今回は、肥満と妊娠について、肥満は不妊の原因になるのか、肥満で妊娠した場合のリスクや注意点、妊娠中に肥満にならないためのポイントをご紹介します。

そもそも肥満とは?

体重計 女性

一般的に「肥満」とは、体重が標準より多い、または体脂肪が蓄積している状態のことを指します。肥満かどうかを判断する指標の一つにBMI値があります。

BMI値の計測方法

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

たとえば、身長165cmで体重55kgの人のBMI値は、55÷1.65÷1.65=20.20となります。

日本肥満学会によると、BMI値が25.0以上だと、肥満と判定されます(※1)。さらに、肥満が原因で健康障害が起こると、肥満症と診断されます。

肥満だと妊娠しにくいの?不妊の原因になる?

女性 医者 説明 診察

標準体重の女性に比べて、肥満の女性は無排卵や月経異常になりやすく、こういった状態になってしまうと不妊につながる可能性があります(※2)。

また、不妊の原因となる病気に、肥満が関係している場合もあります。例えば、排卵障害が起こる「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」は、肥満の人がなりやすい病気です。

肥満傾向にあって、排卵日付近に性交渉をしているのになかなか妊娠できないという人は、婦人科を受診してみることをおすすめします。

肥満で妊娠するとリスクがあるの?

女性 メモ カレンダー

妊娠前に肥満だった人が妊娠すると、妊娠中や出産時に下記のような合併症が起こるリスクが高くなります(※3)。

妊娠高血圧症候群

妊娠中に何らかの原因によって起こる高血圧、また高血圧に加えて蛋白尿が出る病気の総称です。肥満をはじめ、40歳以上で妊娠した場合や、多胎妊娠、遺伝といったことが原因になると考えられています。

妊娠糖尿病

妊娠前は糖尿病と診断されていなかった人が、妊娠の影響で発症する、糖代謝異常の一種です。肥満だけでなく、家族に糖尿病の人がいる、35歳以上の出産、過去に巨大児を出産したことがある、といった人も妊娠糖尿病になりやすい傾向があります。

微弱陣痛

出産時の陣痛異常の一つです。子宮収縮が強くならない、陣痛と陣痛の間隔が長い、陣痛の継続時間が短いといったことが起こり、分娩が進まなくなります。

お産が長引き、母子に危険が及ぶと判断されたときは、吸引分娩や鉗子分娩、緊急帝王切開が行われることもあります。

妊娠してから肥満になることもあるの?原因は?

妊婦 体重計

妊娠中は、胎児が大きくなるにつれてママの体重も増えていきます。しかし、必要以上に体重が増えると、ママの体にも赤ちゃんの発育にも悪い影響を与えてしまいます。

日本では、日本産科婦人科学会や日本肥満学会、厚生労働省などが少しずつ異なる推奨値を設定しています。基本的に、妊娠前の体格やBMI値をもとに体重増加の目安を算出しているという点では、共通しています。

日本産科婦人科学会が推奨している、妊娠中の体重増加の範囲は次のとおりです(※4)

妊娠前のBMI値 体重増加の推奨値
BMI<18 10~12kg
BMI 18~24(標準) 7~10kg
BMI >24 5~7kg

上記のBMIは、妊娠前の体重から算出します。妊娠前に肥満と診断されていた人は、できるだけ体重増加を抑える必要があるので、医師や助産師の指導のもと、個別に体重増加量の目安を出してもらいましょう。

妊娠前は標準であった人でも、妊娠中に食べすぎや運動不足が続くと、推奨体重増加量を超えてしまうので、生活習慣に気をつけてくださいね。

妊娠中に肥満にならないためのポイントは?

妊婦 ヨガ 運動 公園 草原 ストレッチ

妊娠前に肥満と診断されていた人や、妊娠中に推奨体重増加量を超えてしまいそうな人は、下記のポイントに注意してください。

食事内容を見直す

妊娠中は、妊娠前と比べて、妊娠初期で+50kcal/日、中期で+250kcal/日、後期で+450kcal/日を摂取することが推奨されています(※5)。

ただし、妊娠前に肥満だった人は、1日のカロリー摂取量が必要量よりオーバーしている可能性があります。まずは、医師や助産師に相談して、妊娠前の体重と摂取カロリーをもとに、妊娠時期別に必要なカロリー量を指導してもらいましょう。

カロリーや脂肪分の摂取量に気をつけると同時に、栄養価の高い食材を取り入れて、バランスのとれた食事を心がけるようにしてくださいね。

適度に運動をする

妊娠中に軽い運動をして体を動かすことで、エネルギーを消費し、体重増加を抑えることができます。安定期に入って医師の許可がおりたら、マタニティヨガやマタニティスイミングを始めるのもおすすめです。

安産のためにウォーキングもいいですね。ただし、お腹が張ったり気分が悪くなったりしたときは、すぐに中断して安静にしましょう。

体重を記録する

こまめに体重計に乗ることで、体重管理への意識が高まります。妊婦健診のときに体重測定をしますが、できれば週1回は体重を測るようにしましょう。

1週間あたりの体重増加量の目安も、医師や助産師に指導してもらうことができるので、その数値をもとに、増えすぎていないかこまめにチェックしてくださいね。

妊娠と肥満の関係を知って健康的な生活を送ろう

女性 リフレッシュ 爽快感

肥満の状態が続くと、不妊の原因となる可能性や、妊娠後に合併症が起こるリスクが高くなります。自分自身の健康のためだけでなく、生まれてくる赤ちゃんのためにも、体重管理に気をつけて標準的な体重を目指しましょう。

ただし、妊娠中に過度なダイエットをすると、母体と胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、おすすめできません。医師や助産師の指示に従って、体重管理をしてくださいね。

肥満を防止するためには、食事内容に気を配り、定期的に運動をすることがポイントです。生活習慣を見直すことで、体も心もリフレッシュして、健康的な生活を送れるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう