お出かけ中に赤ちゃんがグズったら!慌てない3つの対処法

赤ちゃんと一緒にお出かけする機会は、定期検診や日々のお買い物とたくさんあります。赤ちゃんの着替えやおむつなど、たくさんの荷物を抱えながら、電車や待合室で赤ちゃんがグズったらどうしようと心配になることも多いですよね。今回は赤ちゃんが外出先でグズった時にもあわてなくてすむ、3つの対処法をご紹介します。

1.まずは迷わず抱っこする!

赤ちゃん 泣く

赤ちゃんをベビーカーに乗せていたら急に泣き出すことがあります。お出かけ中はベビーカーを利用すると移動しやすいですが、赤ちゃんも慣れない外出や知らない場所で、不安になっています。「機嫌が悪くなってきたな」と思った時点で抱っこに切り替えてみましょう。ママの肌の温もりや息遣いだけでも泣き止むことが多いですよ。低い位置から高い位置へと視界が変わるのも、赤ちゃんには気分転換になります。

抱っこだと両手がふさがって歩きづらいという方は、抱っこ紐を一緒に持ってお出かけしましょう。すぐに抱っこに切り替えられるように、腰に抱っこ紐のベルトをしたまま、ベビーカーを押すのがおすすめです。コンパクトに畳んで持ち歩けるタイプの抱っこ紐もたくさんあるので、一つは持ち歩いていると重宝しますよ。

2.身近なものやおもちゃであやす!

赤ちゃん 鏡

抱っこしても泣き止まない赤ちゃんには、身近なものやおもちゃで機嫌をとりましょう。役に立つのが、「鏡」です。ママが持ち歩いているお化粧道具のコンパクトでもいいですし、ショッピングモールの室内に掛けてある鏡などでもかまいません。お店の窓に映る赤ちゃんの顔を見せてあげてもいいですね。赤ちゃんは何故か自分の顔を鏡で見ると泣き止む事が多いんです。

その他にも家の鍵やキーホルダーに付いた鈴など、赤ちゃんには珍しくて、音の出る物も効果的です。おもちゃであやす場合は、お気に入りの物よりも初めて見る物のほうが、赤ちゃんの気を引きやすいようですよ。外出に合わせて、新しいおもちゃをおろすのも効果があるかもしれませんね。

3.食べ物をあげる!

赤ちゃん 離乳食 食べる

これは最後の手段ですが、上記2つの方法でも泣き止まない場合は、おやつなどの軽い食べ物をあげましょう。お腹が空くと機嫌が悪くなるのは、赤ちゃんも大人も同じ。赤ちゃん用のスナックやクッキーを持ち歩いていると、いざという時に赤ちゃんの気分を変えるのに役立ちます。また、お出かけの時間が長引いた時に小腹を満たす目的でも、おやつは持って出かけると安心です。ただし、この方法をたびたび行うと、おやつがほしくて泣き出すとことにもなりかねないので、頻度は気をつけてくださいね。

お出かけ中に赤ちゃんがグズっても、落ち着いてあやしてあげよう!

いかがでしたでしょうか?音出しや飲食が禁止の場所にいたら、まずは「その場を離れる事」が基本です。早めにその場を離れると、ママも周囲の目を気にすることなく、赤ちゃんをあやすことができますね。「ママパパが落ち着いてあやしてあげること」が、グズった赤ちゃんを安心させて、泣きやませるのに効果的ですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう