赤ちゃんの夜泣きとは?原因と対策は?いつからいつまで続くの?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

真夜中に突然響き渡る、赤ちゃんの夜泣き。抱っこしてみたり、おっぱいやミルクを飲ませてみたりと試行錯誤しながら色々なことを試してみても、泣き止んでくれない…そんな状況が毎日続いたら、ママやパパの方が泣きたくなってしまいますよね。今回は、そんな赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで続くのか、原因と対策についてご説明します。

赤ちゃんの夜泣きとは?

夜泣きはいつから?

夜泣きとは、お腹も空いておらず、おむつも濡れていないのに赤ちゃんが夜中に突然泣き出し、抱っこしてあやしてもなかなか泣き止まないことを指します。ひどいときは、泣き止ませ寝かしつけに成功したと思っても、またすぐ起きて泣いてしまい、それが朝まで延々と続くこともあります。

夜泣きには個人差があり、夜泣きが激しかったという赤ちゃんもいれば、夜泣き自体なかったという赤ちゃんも存在します。時間帯にも決まりがありません。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで続く?

出産予定日 カレンダー

夜泣きは、早い子だと生後3ヶ月頃から始まり、1歳半頃にはおさまります。一般的には、生後8ヶ月頃に夜泣きに悩まされるというママが多いようです。遅い子だと2歳になっても夜泣きをする子もいて、時期や期間にも個人差があります。

赤ちゃんが夜泣きをする原因は?

抱っこ ママ 赤ちゃん 椅子

赤ちゃんの夜泣きの原因は、はっきりとは分かっておらず、時と場合によることや個人差があるものです。考えられることは、不安だ、興奮して寝付けない・眠り方がわからないといった不快症状のほかに、睡眠サイクルの乱れ、刺激やストレスなどが原因と考えられています。

昼間に眠りすぎたり、逆にお昼寝をしなかったり、夜中に目を覚まして遊びはじめたり…と、このように睡眠サイクルが乱れていると、いつまでたっても生活リズムが整いません。この生活リズムを整えることが夜泣きを軽減させる秘訣のようです。ただし、赤ちゃんは自然にその生活リズムを身に付けられるのではなく、日常生活の中で覚えていきます。

そこで次からは、夜泣きをしたら、まず試したい泣き止ませる方法や生活リズムから整える予防法について、ご紹介します。

赤ちゃんの夜泣き、どうしたら泣き止む?

赤ちゃん3か月 機嫌 泣く

赤ちゃんが夜泣きを始めたら、どのようにしたら泣き止んでくれるのでしょうか?赤ちゃんや場合によって理由は様々。原因を探るように、以下のことを試してみてください。

2~3分何もせず見守る

赤ちゃんは寝言のひとつとして泣くこともあります。泣き始めたらすぐに抱き上げるのではなく、2~3分様子を見守りましょう。しばらくすると、何事もなかったように再度眠りにつく場合も多々あります。

抱っこして、あやす

しばらく泣いているようなら、抱っこしてあげましょう。背中をトントンしながら、ゆっくり揺れて、やさしく子守歌を歌ってあげましょう。

ミルク&授乳する

哺乳瓶や乳首をくわえると安心するものです。一度ミルクや授乳を促してみましょう。

音で気をそらす

リラックスする音楽を流したり、赤ちゃんが大好きなビニール音をガサガサとさせてみたりしましょう。最近では、泣き止み音が入った無料アプリもあるので活用してみてください。

外の空気を吸わせる

ベランダに出て、夜風にあててあげてみましょう。気分が変わるかもしれません。抱っこ紐・ベビーカーで外をお散歩するのもいいですね。

ドライブに出かける

車がある人は、ドライブにいってみるのもおすすめです。車の心地の良い揺れが睡眠に誘うことも。

服を脱がせる

暑い、服の素材がチクチクするなどの不快症状が原因かもしれません。裸にしたり着替えさせたりしてみましょう。

歯固めや歯磨き

生後6ヶ月くらいになると歯が生え始めるので、歯がかゆいのかもしれません。歯固めを与えたり、軽く歯ブラシでこすってあげてみましょう。

これらのどれを試しても泣き止まない場合や、一時的に泣き止んだとしても夜泣きが毎晩続く場合は、やはり生活リズムを整える必要がありそうです。できれば赤ちゃんもママも、夜中に泣くことや泣き止ませることをせずに安眠したいですよね。それでは、どのようにすれば生活リズムが整うのでしょうか?

赤ちゃんが夜泣きをしないための効果的な対策

ここでは、夜泣き対策に効果的といわれている生活リズムを整える方法をお伝えします。夜泣きに悩まされていなくても、赤ちゃんの成長のためにも必要なことなので、是非実践してみてくださいね。

朝は同じ時間に起こし、夜は同じ時間に寝る

夜泣き朝
生活リズムを整えるには、まず朝起きる時間を決めていく必要があります。まずは朝7時までに起こすようにしましょう。朝は遅くまで寝ていてくれたほうがママは楽ですが、赤ちゃんのためにもママも早起きを心がけてくださいね。

お昼寝は、生後4ヶ月くらいまでは最大で4時間半ほど、生後5・6ヶ月であれば最大で3時間半ほど、生後7ヶ月~1歳までであれば最大で3時間ほど、それ以降3歳くらいは最大で2時間ほどを目安に切り上げるようにしましょう。いずれにせよお昼寝時間が夕方5時を過ぎないことも重要です。

夜寝る時間は、夜8時までが理想です。これが大幅にズレないようにママがリズムを作っていってあげてください。

朝起きたら太陽の光を浴び、夜は早めに部屋を暗くする

夜泣き太陽
明るくなったら起きて、暗くなったら眠るというリズムを体に覚えさせるため、朝起きたらまずカーテンを開けて太陽の光を浴びさせてあげましょう。月齢の浅い赤ちゃんは、朝・昼・夜の区別がついていないので、その感覚を徐々に覚えさせてあげる必要があります。

1ヶ月健診を過ぎたら、昼間は電気をつけず太陽の光で生活し、お散歩に連れていってあげて、昼間の感覚を意識させてあげます。天気が悪くて外出しづらい日は、ベランダに出たり、窓をあけたりして外の空気を吸うようにし、活動的に運動をさせてあげてください。

夜は眠りにつく2時間前までにはテレビなどの強い光を消し、部屋の中を徐々に暗くしましょう。

寝る前はスキンシップをたっぷり

育児セラピスト ベビーマッサージ 赤ちゃん ママ 女性
寝かしつけや寝る前の入眠儀式では、ママとたっぷりスキンシップをとって安眠を促してあげましょう。お腹をトントンしながらお話しをしたり、絵本を読んであげたり、マッサージしてあげることもおすすめです。足の裏やふくらはぎ、太ももを手でさすってあげたり、オイルやクリームを使って体を温めてあげたりするのもいいですね。

このスキンシップで、赤ちゃんは安心し、日中の刺激や興奮を和らげることができるようです。

赤ちゃんの夜泣きは、いつか終わるもの

夜泣き

赤ちゃんが毎日夜泣きをすると、ママは体力も気力も削られて疲れてしまいますよね。一朝一夕には夜泣きはなくならないものですが、赤ちゃんの成長のひとつと捉え、じっくり付き合っていくしかありません。一晩中夜泣きが続いたりすると、これが永遠に続くように感じるかもしれませんが、いつかは終わりがくるものです。

ママの負担ばかりが増え、睡眠不足から育児や何もかもに嫌気が指してしまうこともあるかもしれません。ママがそんなストレスフルな状態でいると、赤ちゃんもますます不安になって泣いてしまいますよ。ときには、パパやおじいちゃん・おばあちゃん、兄弟姉妹などに思いっきり頼って、息抜きをしたりママの睡眠時間を確保したりすることも重要な対策のひとつです。自分なりの対策を見つけて、夜泣きの期間を乗り切ってくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう