里芋の離乳食の作り方 中期・後期別レシピ

独特のぬめりとほくほくとした食感が特徴の里芋は、煮物や味噌汁などの家庭料理には欠かせない食材。里芋にはカリウムやタンパク質、食物繊維が多く含まれ、いも類のなかでは水分が多く低カロリーな食材です。柔らかく煮て調理すれば赤ちゃんでも食べやすいので、離乳食でも活躍しますよ。今回は里芋を使ったサラダや団子などの離乳食を中期・後期別に9レシピご紹介します。

離乳食の里芋はいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
× まだ早いので、食べることをおすすめしません。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

里芋は離乳食中期頃から食べることができます。ただし里芋に含まれる「アセチルコリン」という物質に反応して、口のまわりがかゆくなるなどのアレルギー反応が出る場合もあります。加熱やあく抜きをすれば、ほぼ心配はないといわれていますが、初めて里芋を食べるときはひとさじからはじめ、赤ちゃんの様子を見ながら徐々に食べる量を増やしていきましょう。

里芋の離乳食中期レシピ

里芋ペースト

里芋ペースト

材料(1食分)

里芋
15g
適量
  1. 1里芋を洗い、皮をむいて適当な大きさに切る
  2. 2鍋に1を入れ、ひたひたになるくらいの水を入れて茹でる
  3. 32をザルにあけ、フォークの背やすり棒でつぶして水で伸ばす

里芋が持つ本来の甘味が味わえます。水の代わりにだし汁や野菜スープ、粉ミルクで伸ばしても良いですね。里芋デビューはこのレシピがおすすめ。

里芋とオクラのあえもの

里芋とオクラのあえもの

材料(1食分)

オクラ
1/2本
里芋ペースト(※1)
10g
醤油
2滴
  1. 1オクラはヘタを取って縦半分に切り、種を取り除く
  2. 21を柔らかく茹でて、細かくみじん切りにする
  3. 3里芋ペーストと2をあえ、仕上げに醤油を垂らす
  • 1里芋ペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

グリーンが鮮やかな一品は、赤ちゃんも喜びそう。オクラと里芋のネバネバが腸内環境を整えてくれるので、赤ちゃんの便秘解消にもおすすめです。

里芋と玉ねぎのスープ

里芋と玉ねぎのスープ

材料(1食分)

玉ねぎ
5g
30ml
里芋ペースト(※1)
15g
  1. 1玉ねぎはすりおろす
  2. 2小鍋に1、だし汁、里芋ペーストを入れ、ひと煮立ちさせる
  • 1里芋ペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

玉ねぎの甘味がじんわりと広がる喉ごしの良いスープ。赤ちゃんの食が進まない場合には、青のりを混ぜ合わせて。風味がアップして、食欲が増すかも!

里芋とかぼちゃのサラダ

里芋とかぼちゃのサラダ

材料(1食分)

かぼちゃ
10g
にんじん
5g
里芋ペースト(※1)
10g
  1. 1かぼちゃは柔らかく茹でて、マッシュする
  2. 2にんじんは柔らかく茹でて、みじん切りにする
  3. 31、2と里芋ペーストをあえる
  • 1里芋ペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

オレンジ色が華やかな、里芋とかぼちゃのサラダ。ねっとりした食感が苦手な赤ちゃんなら、おかゆに混ぜ合わせると食べやすくなりますよ。塩・胡椒・マヨネーズを加えれば大人仕様に。

里芋の離乳食後期レシピ

鶏ひき肉の里芋コロッケ

鶏ひき肉の里芋コロッケ

材料(1食分)

里芋
30g
ひじき
5g
鶏ひき肉
10g
少々
パン粉
適量
  1. 1里芋を茹でて、つぶしておく
  2. 2ひじきは水に戻し、みじん切りしておく
  3. 3鶏ひき肉は電子レンジで40秒ほど加熱し、火が通ったらフォークでつぶして固まっている部分をばらす
  4. 41、2、3、塩を混ぜ、食べやすい大きさに成形する
  5. 54にパン粉をまぶし、フライパンに少量の油をひいて、両面に焼き色がつくように焼く

里芋、ひじき、鶏ひき肉が入ったボリュームたっぷりのコロッケ。大人が食べるときには、多めに油をひいて揚げ焼きしましょう。夕飯のメインにもぴったりです。

里芋もち

里芋もち

材料(1食分)

里芋
30g
片栗粉
適量
バター
適量
醤油
3滴
  1. 1里芋をよく洗い、皮がついたままラップで包んで電子レンジで約3分加熱する
  2. 21の皮をむき、温かいうちにフォークなどでつぶす
  3. 32を平べったい形に成型し、片栗粉をまぶす
  4. 4フライパンにバターを熱し、3の両面を焼く
  5. 54に醤油を垂らす

手づかみでパクパク食べやすい里芋もち。もっちりした食感とバター醤油の風味が後引く美味しさです。ママが食べるときには、醤油を表面に塗ってパリッと焼くと美味しいですよ。

里芋とにんじんの味噌煮

里芋とにんじんの味噌煮

材料(1食分)

里芋
20g
にんじん
15g
30ml
味噌
少量
  1. 1里芋を洗い、皮がついたままラップで包み、電子レンジで約3分加熱する
  2. 21の皮をむき、5mm角に切る
  3. 3にんじんは柔らかく茹で、5mm角に切る
  4. 4小鍋に2、3、だし汁、味噌を入れ、ひと煮立ちさせる

里芋とにんじんの素朴な煮物は、おいしいだし汁で作りたいですね。食べやすい大きさにカットしたうどんを一緒に煮込んでも。

里芋の鶏団子

里芋の鶏団子

材料(1食分)

鶏ひき肉
10g
里芋
20g
青のり
少量
すりごま
少量
  1. 1鶏ひき肉を茹でる
  2. 2里芋を洗い、皮がついたままラップで包み、電子レンジで約3分加熱する
  3. 32の皮をむき、フォークの背などでつぶす
  4. 41と3を混ぜ合わせ、団子状に丸める
  5. 54に青のりやすりごまをまぶす

まあるい形が可愛い里芋団子は、赤ちゃんがつかみやすい一口サイズに成形しましょう。みりん、醤油、砂糖を混ぜ合わせてタレを作れば、照り焼き風に。パパも喜びそうですね。

里芋のきなこあえ

里芋のきなこあえ

材料(1食分)

里芋
20g
小松菜
10g
きなこ
適量
  1. 1里芋を洗い、皮がついたままラップで包み、電子レンジで約3分加熱する
  2. 21の皮をむき、つぶす
  3. 3小松菜は柔らかく茹で、みじん切りにする
  4. 42、3を混ぜ合わせ、きなこをあえる

小松菜が食べにくい赤ちゃんでも、里芋と混ぜ合わせれば口当たりが滑らかで食べやすくなります。きなこの香りが口いっぱいに広がるあえものです。

里芋の離乳食は冷凍保存できる?

里芋は冷凍保存することができます。里芋を茹でてペースト状にするか、それぞれの時期に合った大きさに刻んで保存します。製氷皿に入れる、冷凍用保存パックに板状に伸ばすなど、使いやすい方法で冷凍保存しましょう。ただし冷凍の里芋を使用して調理した場合は、再冷凍になってしまうので避けてくださいね。

離乳食で使う里芋の選び方は?

里芋を選ぶときは、ふっくらと丸みがあり、持ったときにずっしりと重みがあるもの、泥がついていて乾燥していないものがおすすめです。冷蔵庫に入れると痛みやすくなってしまうので、土がついたままの状態で新聞紙に包み、冷暗所で保管しましょう。

里芋を使っておいしい離乳食を作ろう!

ねっとりほくほくの里芋は、柔らかくて食べやすいので赤ちゃんも食べやすい食材。主張し過ぎない味なので、他の野菜と相性が良く、調理しやすいのもうれしいですね。茹でてマッシュしておけば時短調理できるのもポイントです。里芋を使って、赤ちゃんが喜ぶようなおいしい離乳食を作ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう