鶏ひき肉の離乳食の作り方 中期・後期別レシピ8選(胸肉・もも肉)

鶏肉は、肉類のなかでは脂肪が少なく消化吸収も良く、赤ちゃんの成長に必要なたんぱく質を補給できることから、離乳食で大活躍する食材です。特に鶏ひき肉は、調理しやすく赤ちゃんにも食べさせやすいので便利ですよね。今回は、オムレツやワンタンなど鶏ひき肉を使った中期・後期の離乳食レシピを8つご紹介します。

離乳食の鶏ひき肉(胸肉・もも肉)の使い方は?

初期
生後5・6ヶ月頃
× まだ早いので、食べることをおすすめしません。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

鶏ひき肉は、離乳食中期から使える食材です。

離乳食用の鶏ひき肉は、脂肪分が少ない「鶏むね」のひき肉を選びましょう。「鶏もも」のひき肉は脂肪が多いため、離乳食後期の後半以降に使用するようにしてください。

フードプロセッサーを使って、鶏むね肉やささみのブロックをにひき肉にして使ってもいいですね。

離乳食の鶏ひき肉の下ごしらえは?

鶏ひき肉

離乳食で鶏ひき肉を使うときは、前述の通り、できるだけ脂肪分が少ない「鶏むね」のひき肉を選びましょう。

「鶏もも」のひき肉しか手に入らないときは、下ごしらえをして脂とアクを取りましょう。鍋に水をはって、火にかける前にひき肉を入れます。火にかけてアクが浮いてきたら取り除き、肉に火が通ったらザルにあげます。

鶏ももひき肉を使うときも脂やアクが気になる場合は、上記の方法で下ごしらえをしてくださいね。

鶏ひき肉の離乳食中期レシピ

鶏ひき肉のオムレツ

鶏ひき肉のオムレツ

材料(1食分)

玉ねぎ
10g
鶏ひき肉
5g
醤油
2滴
卵黄
1個
  1. 1玉ねぎを薄切りにして茹で、柔らかくなったら取り出し、みじん切りにする
  2. 21と鶏ひき肉を混ぜ、醤油を垂らし、耐熱皿に入れて電子レンジで1分程度加熱する
  3. 32に卵を加えよく混ぜ、電子レンジでさらに40秒ほど加熱する(※1)
  • 1卵に火が通っているかどうか、しっかりと確認しましょう。

鶏ひき肉が入った栄養満点のオムレツです。電子レンジで加熱するだけなので、火を使いたくないときにもおすすめ。ケチャップをかければ、パパのお弁当にもぴったりです。

鶏そぼろとさつまいものあんかけ

鶏そぼろとさつまいものあんかけ

材料(1食分)

さつまいも
30g
鶏ひき肉
15g
40ml
味噌
少々
片栗粉
5g
  1. 1さつまいもを茹で、やわらかくなったら取り出し、つぶして小さく丸める(※1)
  2. 2小鍋でお湯を沸騰させ、鶏ひき肉を入れ、浮き出た油分やアクを取り除きザルにあける
  3. 3別の鍋に2、だし汁、味噌を加え、ひと煮立ちさせる
  4. 43に水溶き片栗粉を入れ、とろみがついたら、1の上にかける
  • 1丸めにくいようなら、水を足してなめらかにしても。

さつまいもの甘さに鶏ひき肉の旨みが絡んだ、美味しいあんかけ。最後に醤油を少し垂らせば、大人用の小鉢としても大満足の一品です。

鶏ひき肉入り豆腐ハンバーグ

鶏ひき肉入り豆腐ハンバーグ

材料(1食分)

にんじん
5g
わかめ
5g
鶏ひき肉
20g
豆腐(絹ごし)
20g
  1. 1にんじんをすりおろし、電子レンジで30秒ほど加熱する
  2. 2わかめをみじん切りにしておく
  3. 31と2、鶏ひき肉と豆腐を混ぜる
  4. 43を食べやすいサイズに成型する
  5. 5薄く油を引いたフライパンを弱火で熱し、4の両面を焼く

鶏ひき肉、野菜、豆腐、海藻…栄養がギュッと詰まったふわふわのハンバーグです。冷蔵庫にある野菜を活用してアレンジを楽しんでくださいね。

鶏そぼろと長芋の煮物

鶏そぼろと長芋の煮物

材料(1食分)

長芋
15g
チンゲン菜
10g
鶏ひき肉
15g
30ml
醤油
2滴
  1. 1長芋をすりおろす
  2. 2チンゲン菜を柔らかく茹で、みじん切りにする
  3. 3鍋に1、2、鶏ひき肉、だし汁を入れ、煮立たせる
  4. 43に醤油を垂らして風味をつける

茹でると柔らかくてとろりとした食感になる長芋。とろとろとした喉ごしの良い一品です。ただし長芋はアレルギーを引き起こすこともあるので、初めて食べさせるときには注意してくださいね。

鶏ひき肉の離乳食後期レシピ

鶏ひき肉のミネストローネ

鶏ひき肉のミネストローネ

材料(1食分)

トマト
15g
にんじん
10g
玉ねぎ
10g
ブロッコリー
10g
鶏ひき肉
10g
味噌
少々
  1. 1トマトを湯むきし、皮と種とワタを取り除き、みじん切りにする
  2. 2にんじんと玉ねぎは5mmのみじん切りにする
  3. 3ブロッコリーは茎を切り、柔らかい穂の部分だけをみじん切りにする
  4. 41、2、3を耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジで約1分加熱する
  5. 5鍋に野菜スープ、4、鶏ひき肉を入れ煮込む
  6. 6鶏ひき肉に火が通ったら、味噌を溶き入れる

野菜たっぷりのミネストローネは、色鮮やかで赤ちゃんも喜びそう。食べにくい場合は、片栗粉でとろみをつけてもいいですね。最後に味噌を少し入れることでコクが増しますよ。

鶏そぼろとかぼちゃの煮物

鶏そぼろとかぼちゃの煮物

材料(1食分)

かぼちゃ
20g
玉ねぎ
10g
枝豆
10g
50ml
鶏ひき肉
10g
醤油
2滴
  1. 1かぼちゃは皮と種を取り除き、実の部分を5mm角にカットする
  2. 2玉ねぎはみじん切りにする
  3. 3枝豆は薄皮を取ってみじん切りする
  4. 4鍋にだし汁、1、2、3を入れ、柔らかくなるまで煮る
  5. 54に鶏ひき肉を入れ、火が通るまでさらに煮込む
  6. 65に醤油を加える

かぼちゃの甘味とだし汁の香りが口の中でじゅわっと広がる煮物。かぼちゃの黄色や枝豆の緑色で赤ちゃんの色彩感覚を育めそうですね。

鶏ひきワンタン

鶏ひきワンタン

材料(1食分(5個分))

にんじん
5g
長ねぎ
5g
鶏ひき肉
20g
片栗粉
1g
少々
ワンタンの皮
3枚
  1. 1にんじんと長ねぎをみじん切りにし、柔らかく茹でる
  2. 21と鶏ひき肉、片栗粉、塩をボウルに入れ、しっかりと混ぜる
  3. 3ワンタンの皮を半分に切り、2の餡を包む
  4. 4沸騰したお湯に3を入れ、浮き上がってきたらザルにあける

凝っているように見えて、意外と簡単に作れる「鶏ひきワンタン」。手づかみしやすく、ツルンとした食感は赤ちゃんも大好き。中華スープに入れればママのランチにもぴったりですね。

鶏ひき肉の里芋コロッケ

鶏ひき肉の里芋コロッケ

材料(1食分)

里芋
30g
ひじき
5g
鶏ひき肉
10g
少々
パン粉
適量
  1. 1里芋を茹で、つぶしておく
  2. 2ひじきは水に戻し、みじん切りしておく
  3. 3鶏ひき肉は電子レンジで40秒ほど加熱し、火が通ったらフォークでつぶして固まっている部分をばらす
  4. 41、2、3、塩を混ぜ、食べやすい大きさに成形する
  5. 54にパン粉をまぶし、フライパンに少量の油をひいて、両面に焼色がつくように焼く

こんがりと焼けたパン粉が香ばしいコロッケ。大人が食べるときには油を多めにひいて、揚げ焼きにするとさらに美味しいですよ。まとめて作って焼いた状態で冷凍しておくと便利です。

鶏ひき肉の離乳食は冷凍保存できる?

冷凍庫

鶏ひき肉の離乳食は、茹でてそぼろの状態にしたものを製氷皿や冷凍用小分けパックに入れて冷凍保存できます。解凍するときは電子レンジで加熱したり、そのまま鍋やフライパンに入れて調理します。

鶏ひき肉は酸化しやすく傷みが早いので、購入したらできるだけ早く使い切るようにしましょう。

また、スーパーや肉屋で売られている鶏ひき肉は、冷凍された状態で仕入れたものを店舗で解凍していることもあります。「解凍」や「解凍品を含む」と表示された鶏ひき肉を購入した場合は、再冷凍を防ぐため冷凍保存はしないでください。

鶏ひき肉に乳製品や卵などを組み合わせて調理したものは傷みやすいため、冷凍保存はせず食べ切るようにしましょう。

鶏ひき肉で離乳食を楽しもう

離乳食の鶏ひき肉を選ぶときには、白い脂の部分が少ないものを選びましょう。鶏ささみの筋を取って冷凍しておけば、必要なときにおろし金ですりおろして、鶏ひき肉として使用することができるので便利ですよ。

鶏ひき肉を使ってレシピの幅を広げて、赤ちゃんに栄養たっぷりの鶏ひき肉離乳食を作ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう