つわりで朝の寝起きがつらい!吐き気がするときの対策は?

朝目覚めたときに「つわりがひどくて困る」という妊婦さんは多くいます。寝起き早々に胸がムカムカして吐き気をもよおすと、これから始まる1日を憂鬱な気分で迎えることになってしまいますよね。今回は、そんな朝の寝起きにつわりがつらいときの対策をご紹介します。

そもそもつわりとは?

女性 つわり 気持ち悪い 体調不良

つわりとは、妊娠初期特有の生理現象の一つで、胃のムカムカや吐き気、嘔吐といった症状が現れます。胃腸系の症状以外にも、眠気がひどくなったり、よだれが止まらなくなったりと、現れる症状には個人差があります。

つわりのはっきりとした原因はわかってはいませんが、妊娠初期に起こる体の変化が関係していると考えられています(※1)。

朝、寝起きにつわりがひどくなるのはなぜ?

女性 つわり 寝起き ベッド

朝につわりがひどくなることを「朝つわり」と呼ぶことがあります。英語では、つわりのことを「morning sickness」というくらいで、朝につわりの症状がつらいという妊婦さんは多くいます。

朝つわりは、吐き気をもよおす「食べつわり」の人に特によく見られる現象です。食べつわりはお腹が空いた状態になると気持ち悪くなりますが、朝起きたばかりのときもお腹が空いているため、不快症状を感じてしまうのです。

人によっては朝食を食べても気持ち悪さが続くこともあり、朝の準備や出勤時間と重なると余計につらくなります。できるだけ朝つわりを軽減できるように対策を取りましょう。

朝のつわりはいつからいつまで続く?

カレンダー 日付 期間

一般的に、つわりは妊娠5~6週頃に始まり、胎盤が完成して安定期に入る16週頃までに終わります(※1)。

前述の通り、1日の中でも朝につわりを感じやすい人は多いため、たとえば、日中のつわりは妊娠12週頃に終わったけど、朝のつわりだけは16週過ぎまで続いたという人もいます。一方で、日中のつわりも朝のつわりも同じ時期に始まって同じ時期に終わったという人もいます。

終わる時期には個人差がありますが、朝のつわりのピーク状態がずっと続くことはほとんどなく、少しずつ落ち着いてきますよ。

つわりで朝の寝起きがつらいときの対策は?吐き気があるときは?

果物 秋 名前 フルーツ

朝のつわりのせいで、「寝起きがきつい」「吐き気がつらい」と感じている人は、朝つわりを軽減する対策をとりましょう。できることからチャレンジしてみてくださいね。

寝る前に軽食を食べておく

夕食から翌朝の朝食までの時間が長く空いていると、目覚めたときに空腹となることも。朝一番の空腹を防ぐために、寝る前に軽食を食べておくといいでしょう。

寒天ゼリーや小魚・海藻を使ったお菓子などは低カロリーでお腹にもたまるので、寝起きの空腹を防いで朝つわりを軽減してくれますよ。

朝起きたらすぐに口にできるものを常備する

朝起きたらすぐに空腹を解消できるように、枕元におにぎりやパン、クッキーなどを用意しましょう。体を動かすと余計に気持ち悪くなることもあるので、寝たままの状態で手が届く範囲に置いておきます。

吐きつわりがひどくても梅干しやレモンなど酸味があるものは食べられることもあるので、食べられるものがないと悩んでいる人は試してみてくださいね。

炭酸飲料を飲む

寝起きすぐに何かを食べるのは難しいという人は、炭酸水を飲むようにしましょう。炭酸水は口にするのも手軽で、お腹を膨らませてくれる作用もあるのでおすすめです。胸のムカムカや口の中の不快感もスッキリさせてくれますよ。

朝食に果物などを食べる

朝つわりがつらいと、「寝起きがつらい→朝食を食べられない→余計空腹になる」という悪循環に陥りがちです。食べつわりの状態で朝食を抜くのは空腹を助長してしまうので、比較的食べやすい果物などを選んで食べるようにしましょう。

手軽に食べられるバナナやみかん、食べやすく切り分けられているカットフルーツなどを買っておくと便利ですよ。特にバナナには、つわりを和らげる効果があるといわれるビタミンB6が含まれているのでおすすめです。

朝つわりがひどくて仕事に行けないときは?休んでもいい?

女性 仕事 つらい 休む

朝起きたときに吐き気や気持ち悪さなどつわりの症状がひどいと、仕事に行くのがつらくなりますよね。吐き気や気持ち悪さがあると、通勤電車に乗るのも大変なことです。

朝のつわりがひどいときは、職場の上司に相談をして、出社時間を遅らせてもらうようにしましょう。家で少し休んだり、いつもより空いている電車に乗ったりするだけでも、つわりの辛さが軽減されることもありますよ。

朝だけでなく日中のつわりもひどくなってしまったときは、職場に相談して仕事を休むことも大切です。ママの体とお腹の赤ちゃんのことを第一に、そのときにふさわしい判断をしていくようにしましょう。

朝のつわりにも必ず終わりが来ると信じて乗り切ろう

女性 お腹 体調 

つわりがひどい時期は「これが永遠に続くのでは」とネガティブに考えてしまいますが、多くの妊婦さんは妊娠16週目頃までに治まるものです。

朝のつわりも同じで、少しずつ症状が治まっていきます。朝がつらくて、寝起き対策をしなければならないのも少しの辛抱です。くれぐれも無理をせず、旦那さんや家族、周りの人に頼りながら、「いつかは終わる」と前向きに考えて乗り切れるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう