インゲンの離乳食の作り方 初期・中期・後期別レシピ

インゲンは6~9月頃に旬を迎えますが、スーパーでは1年中出回っていて手に入りやすい食材です。サラダ、炒め物、煮物など様々な調理法が楽しめるのも魅力ですよね。今回は、ごまあえやグラタンなど、インゲンを使った離乳食レシピを9つご紹介します。

離乳食のインゲンはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
○ 食べることができます。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

インゲンは、離乳食初期から食べられる食材です。筋を取り除き、両端を切り落として、月齢に合った大きさに調理しましょう。歯応えのある野菜なので、慣れるまでは柔らかく茹でてから調理しましょう。

インゲンの離乳食の注意点は?

いんげん インゲン

赤ちゃんに大豆アレルギーがある場合、同じマメ科であるインゲンを食べるときは注意が必要です。初めて食べさせるときは、ごく少量からはじめて、赤ちゃんの様子をみながら進めましょう。

インゲンの離乳食初期レシピ

インゲンペースト

インゲンペースト

材料(1食分)

インゲン
15g
適量
  1. 1インゲンに筋があれば取り除く
  2. 21の両端を切り落とし、柔らかく茹でて冷水にさらす
  3. 32を細かくみじん切りにし、つぶして裏ごしをする
  4. 43を水で伸ばす

鮮やかなグリーンのインゲンペースト。このままだと食べにくい場合は、おかゆやパン粥に混ぜ合わせてくださいね。赤ちゃんのインゲンデビューにおすすめです。

インゲン豆腐

インゲン豆腐

材料(1食分)

豆腐(絹ごし)
15g
インゲンペースト(※1)
10g
  1. 1豆腐を耐熱容器に入れ、電子レンジで30秒程加熱し、すりつぶす
  2. 21とインゲンペーストを混ぜ合わせる
  • 1インゲンペーストの作り方は、このページの上部を参照してください

野菜とタンパク質が一緒に摂れる、うれしいメニュー。柔らかくて喉ごしが良いので、赤ちゃんも食べやすいですよ。

インゲン入りりんごヨーグルト

インゲン入りりんごヨーグルト

材料(1食分)

りんご
5g
プレーンヨーグルト
15g
インゲンペースト(※1)
10g
  1. 1りんごをすりおろす
  2. 21とプレーンヨーグルト、インゲンペーストを混ぜ合わせる
  • 1インゲンペーストの作り方は、このページの上部を参照してください

食物繊維が摂れるので、赤ちゃんの便秘解消にもおすすめ。ヨーグルトの酸味とりんごの甘味が効いているので、インゲンが苦手な赤ちゃんでも抵抗なく食べられそうですね。

インゲンの離乳食中期レシピ

インゲン入りおろしあん

インゲン入りおろしあん

材料(1食分)

大根
15g
にんじん
5g
ツナ(ノンオイル)
10g
15ml
インゲンペースト(※1)
5g
片栗粉
適量
  1. 1大根とにんじんは皮をむいてすりおろす
  2. 2ツナは水を切ってほぐしておく
  3. 31、2、だし汁、インゲンペーストを混ぜ、電子レンジで30秒程加熱する
  4. 43に水溶き片栗粉を入れて混ぜ、電子レンジで20秒程度加熱する
  • 1インゲンペーストの作り方は、このページの上部を参照してください

野菜たっぷりの和風あんかけも、電子レンジで簡単に調理することができます。だし汁のおいしさとツナのコクが味わい深いレシピです。

インゲンとかぼちゃのサラダ

インゲンとかぼちゃのサラダ

材料(1食分)

かぼちゃ
15g
インゲン
10g
プレーンヨーグルト
10g
きなこ
3g
  1. 1かぼちゃは茹でてすりつぶす
  2. 2インゲンは柔らかく茹でて、みじん切りにする
  3. 31、2、ヨーグルト、きなこを混ぜ合わせる

甘くてホクホクのかぼちゃは、赤ちゃんも大好きな味。ヨーグルトやきなこも混ぜ合わせているので口当たりが良く、栄養満点です。大人が食べるときにはマヨネーズを加えても。

インゲンと白身魚のミルク煮

インゲンと白身魚のミルク煮

材料(1食分)

インゲン
10g
にんじん
10g
白身魚
10g
牛乳
50ml
片栗粉
適量
  1. 1インゲンは、柔らかく茹でてみじん切りにする
  2. 2にんじんは、皮をむいて柔らかく茹でてみじん切りにする
  3. 3白身魚はラップをかけて電子レンジで30秒程度加熱し、ほぐす
  4. 4鍋に1、2、3、牛乳を入れ、ひと煮立ちさせる
  5. 54に水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

白身魚と野菜の組み合わせで栄養をしっかり補給できるレシピ。優しいミルク味で、とろんとして食べやすいので、野菜が苦手な赤ちゃんにもおすすめです。

インゲンの離乳食後期レシピ

インゲンのごまあえ

インゲンのごまあえ

材料(1食分)

インゲン
20g
すりごま
2g
5ml
醤油
2滴
  1. 1インゲンを柔らかく茹で、5mmほどの長さに切る
  2. 21とすりごま、だし汁をあえ、醤油をたらす

シンプルなメニューだからこそ、インゲンのみずみずしさと、ほのかな甘みが楽しめます。ごまはあえる直前にすり鉢ですると、香ばしさがアップしますよ。

インゲンと鮭のマカロニグラタン

インゲンと鮭のマカロニグラタン

材料(1食分)

インゲン
15g
15g
マカロニ
10g
粉チーズ
5g
  1. 1インゲンは柔らかく茹でて、粗めのみじん切りにする
  2. 2鮭はラップをかけて電子レンジで30秒程度加熱して身をほぐす
  3. 3マカロニは柔らかく茹でて2~3mm程度に切る
  4. 4耐熱皿に1、2、3を入れ、上にホワイトソースをかける
  5. 54の上に粉チーズをかけて、トースターで2分程度焼く

ホワイトソースとチーズをたっぷり乗せたグラタンは、ママのランチにもおすすめ。マカロニの代わりにごはんやパンで代用してもいいですね。

インゲンとそぼろのバナナあえ

インゲンとそぼろのバナナあえ

材料(1食分)

鶏ひき肉
15g
インゲン
15g
バナナ
15g
  1. 1鶏ひき肉は茹でてほぐす
  2. 2インゲンは柔らかく茹で、5mm程度の輪切りにする
  3. 3バナナをスプーンの背などでつぶす
  4. 41、2、3を混ぜ合わせる

インゲン、ひき肉、バナナの組み合わせがユニークなレシピです。彩りがキレイなので赤ちゃんも喜んでくれそうですね。

インゲンの離乳食は冷凍保存できる?

冷凍庫

離乳食のインゲンは、冷凍保存することができます。

インゲンをサッと茹でてからペースト状にすりつぶすか月齢に合った大きさにカットしましょう。ペーストは製氷皿、カットしたものは冷凍用保存袋に入れて冷凍します。1食分ずつ冷凍しておけば、調理しやすくて便利ですよ。

解凍するときは、電子レンジで加熱するか、そのまま他の食材と一緒に煮込んだり炒めたりしましょう。

インゲンで彩り豊かな離乳食を作ろう

インゲンを選ぶときは、鮮やかな緑でピンと張っているものを選びましょう。太めのインゲンは育ち過ぎて硬くなったり筋が太くなったりしていることがあるので、細めのものがおすすめです。

インゲンは鮮度が落ちるとしんなりとして香りも抜けてきます。購入したら早めに下ごしらえをしておくといいですね。

彩りのよいインゲンを使って、目にも楽しい離乳食を作ってあげましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう