のり離乳食の作り方 中期・後期別レシピ

磯の香りが香ばしいのりは、おにぎりやお寿司、蕎麦など、和食には欠かせない食材ですよね。のりには良質なたんぱく質や、免疫力を高めるビタミンAが多く含まれ、歯や骨を丈夫にするカルシウムも豊富です。

手軽で利用しやすいので、離乳食でも大活躍しますよ。今回はのりを使ったサラダや卵焼きなどの離乳食を9レシピご紹介します。

離乳食ののりはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
× まだ早いので、食べることをおすすめしません。
中期
生後7・8ヶ月頃
△  場合によっては、食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

のりは口の中で張り付きやすいので、食べさせる場合は注意が必要です。水に浸したり、他の食材に混ぜ合わせたりしてトロトロになれば、離乳食中期頃から食べられますよ。離乳食で使うときには味がついていない「焼のり」を使用しましょう。今回ご紹介するレシピでは「焼のり 全形」を使用しています。

また「青のり」は、「のり」とは海藻の種類が異なりますが、のりと同じように、水分を含ませて赤ちゃんの喉に詰まらせないように注意すれば、離乳食中期頃から使うことができます。

のり離乳食中期レシピ

のり入りおかゆ

のり入りおかゆ

材料(1食分)

のり
1/8枚
7倍粥
50g
  1. 1のりを細かくちぎる
  2. 21と7倍粥を混ぜ合わせる

いつものおかゆに飽きてきたら、おすすめなのが「のり入りおかゆ」。のりの風味で食が進みますよ。のりはおかゆとよく混ぜ合わせて、喉に張り付かないように注意してくださいね。

のりとかぶのとろとろ

のりとかぶのとろとろ

材料(1食分)

のり
1/8枚
かぶ
1/2個
10g
  1. 1のりを細かくちぎる
  2. 2かぶは柔らかく茹でて、つぶしておく
  3. 31、2とだし汁を混ぜ合わせる

かぶの味噌汁を作るなら、味噌を入れる前に赤ちゃん用にかぶを取り分けましょう。つぶしてのりとあえるだけで、かぶの甘さとのりの旨みが光る一品の完成です!

のりと白身魚の納豆あえ

のりと白身魚の納豆あえ

材料(1食分)

白身魚
10g
のり
1/8枚
納豆(ひき割り)
10g
大さじ1
  1. 1白身魚はさっと茹でて水気を切り、皮と骨を取り除いて細かくほぐす
  2. 2のりを細かくちぎる
  3. 3納豆はさっと湯通ししてぬめりを取り、細かくすりつぶす
  4. 41、2、3とだし汁を混ぜ合わせる

骨や歯を強くするカルシウムと、血や筋肉のもとになるたんぱく質をたっぷり摂取できるレシピ。和風の味付けで赤ちゃんも食べやすいですよ。

のりと豆腐のすまし汁

のりと豆腐のすまし汁

材料(1食分)

豆腐(絹ごし)
15g
のり
1/8枚
50ml
  1. 1豆腐は2〜3mm角に切る
  2. 2のりは細かくちぎる
  3. 3小鍋に1、2、だし汁を入れてひと煮立ちさせる

喉ごしの良いすまし汁は、食欲がないときにもおすすめ。食べにくい場合は水溶き片栗粉を加えてとろみをつけて。味噌や醤油を加えれば、大人用の味噌汁やお吸い物になりますね。

のりとほうれん草とひらめのあえもの

のりとほうれん草とひらめのあえもの

材料(1食分)

ひらめ(刺身)
1切れ
のり
1/8枚
ほうれん草
20g
10ml
  1. 1ひらめはさっと茹でて、細かくほぐす
  2. 2のりは細かくちぎっておく
  3. 3ほうれん草は柔らかく茹で、みじん切りにする
  4. 41、2、3、だし汁を混ぜ合わせる

白身魚と青菜のあえものに、のりをプラスすれば風味豊かな一品に。豆腐を混ぜ合わせて白和えにしても良いですね。大人が食べるときには醤油をプラスすると美味しく食べられますよ。

のりとツナの豆腐サラダ

のりとツナの豆腐サラダ

材料(1食分)

豆腐(絹ごし)
30g
ツナ(ノンオイル)
10g
きゅうり
10g
トマト
10g
のり
3×3cm
  1. 1豆腐は3mm角に切って器に盛る
  2. 2ツナは水を切ってほぐしておく
  3. 3きゅうりは皮をむき、みじん切りにして、電子レンジで20秒程加熱する
  4. 4トマトは湯むきして種を取り除き、みじん切りする
  5. 52、3、4を混ぜ合わせ、1の上にのせる
  6. 65の上に、のりを細かくちぎってのせる

豆腐の上にカラフルなサラダを乗せたさわやかな一品。のりが全体の味をキリリと引き締めてくれますよ。ツナの代わりにササミやしらすを使っても。

のり離乳食後期レシピ

のりと鮭のおやき

のりと鮭のおやき

材料(1食分)

のり
1/8枚
15g
軟飯
65g
すりごま(白)
小さじ1
片栗粉
小さじ2
  1. 1のりは細かくちぎっておく
  2. 2鮭は茹でて、骨と皮を取り除いてほぐす
  3. 31、2、軟飯、すりごま、片栗粉をボウルに入れ混ぜ合わせる
  4. 4フライパンに薄く油をひき、3をスプーンで落としながら両面を焼く

両面を焼いてから醤油をじゅわっと垂らせば、大人も大満足の一品に。鮭は塩をふっていないものを使用してくださいね。朝ごはんやおやつにもおすすめです。

のりとおかかのふりかけ

のりとおかかのふりかけ

材料(数回分)

のり
1枚
鰹節
2.5g(1パック)
白ごま
小さじ1
  1. 1のりは細かくちぎっておく
  2. 2すり鉢に1、鰹節、白ゴマを入れてすり合わせる

まとめて作ったら、タッパーなどに入れて冷凍保存しておくと便利です。ごはんに振りかけるだけで栄養がプラス。自家製ふりかけだから、保存料や着色料もゼロで安心です。

のりとチーズの卵焼き

のりとチーズの卵焼き

材料(2食分)

1個
10ml
のり
1/2枚
とろけるチーズ
1/2枚
  1. 1卵を割りほぐし、だし汁と混ぜ合わせる
  2. 2フライパンに薄く油をひき1を流し込む
  3. 32の卵液の上に、のり、とろけるチーズを乗せ、くるくると焼きながら巻く

うずまき模様が美しい、のりとチーズの卵焼き。チーズとのり、だしの味が効いていて大人も満足の味。離乳食後期では、1食あたり卵半分が適量なので、残り半分はパパのお弁当に!

のり離乳食は冷凍保存できる?

のりは温度や湿度に敏感な食材で、封を開けると劣化が進み、味や香りが失われてしまいます。のりを保存するときには、湿気が入らないように密封できる袋やタッパーに入れてから、冷凍庫に入れて保存しましょう。

食べるときには常温に戻してから開封すると、美味しく食べられますよ。

のりを使って風味豊かな離乳食を作ろう

のりを選ぶときは、つやがあり、厚みが均等なものがおすすめです。いつもの離乳食にのりを少量加えるだけで風味がアップし、赤ちゃんが食べてくれることもあるので、マンネリ気味で離乳食の進みが悪い時期にも、のりはおすすめです。

のりを使って、香り豊かな美味しい離乳食を赤ちゃんに食べさせてあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう