新生児の車移動!赤ちゃんを車に乗せるときの注意点は?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

出産後、退院や里帰りのために、赤ちゃんを車に乗せて移動することがありますよね。生後間もない赤ちゃんを車に乗せることに、不安を感じる人も多いのではないでしょうか。そもそも、新生児を車に乗せてもいいのか、乗せるときはチャイルドシートは必要なのか、といった疑問を感じることも。そこで今回は、新生児と車で移動する方法、新生児向けのチャイルドシートの選び方、赤ちゃんと車で外出するときの注意点をまとめました。

新生児期の赤ちゃんとの車移動は、どうしたらいいの?

授乳 抱っこ 新生児

新生児であっても、乳児用のチャイルドシートに乗せてあげれば、車で移動することができます。

新生児は、とても小さくまだ首もすわっていないので、チャイルドシートで固定するよりもママやパパが抱っこして乗せるほうが良いのでは、と思われがち。

しかし、車の振動を和らげ、万が一事故が起きてしまったときの衝撃から守るためには、きちんとチャイルドシートに乗せてガードをしてあげることが大切です。

道路交通法でも、6歳未満の子供を車に乗せるときは、チャイルドシートの使用が義務付けられています(※1)。

新生児と車で移動するときの準備は?

新生児 赤ちゃん チャイルドシート 車

前述のように、新生児を車に乗せるときには、チャイルドシートを設置しなくてはいけません。退院時や里帰りするときに、赤ちゃんを車に乗せる予定がある場合は、妊娠中にチャイルドシートを準備しておきましょう。

新生児向けチャイルドシートの選び方は?

新生児を乗せることができるチャイルドシートは、寝かせられるタイプのもので、乳児用チャイルドシートやベビーシートと呼ばれます。

乳児専用チャイルドシートは、新生児から1歳頃までを対象に作られていますが、大きくなってからも使い続けることができる乳児・幼児兼用タイプや、学童期まで使用できるタイプもあります。

購入するときは、いつまで使いたいかを考えて、対象月齢・年齢をしっかり確認するようにしましょう。普段あまり車を使わない家庭や、幼児用チャイルドシートのおさがりをもらえる予定があるときは、乳児専用タイプを購入するのもいいですね。

新生児をチャイルドシートに乗せるときのポイントは?

新生児を車に乗せるときには、チャイルドシートのベルトをきちんと調整して、赤ちゃんの体にぴったり合うようにしましょう。肩も隙間が出ないように体をきちんと固定させます。

赤ちゃんのチャイルドシートの背もたれは、斜め45度にするようにセットします(※2)。これが安全性と快適性を両立できる最良の角度とされています。腰ベルトもたるまないように気をつけましょう。

万が一事故があったときに、赤ちゃんの体がチャイルドシートからずれたりはみ出したりしないように、きちんと固定するということを意識してくださいね。

赤ちゃんと車で外出するときの注意点は?

チャイルドシート 車 赤ちゃん

赤ちゃんを車に乗せるときは、長時間の移動は避けましょう。特に、新生児期だけでなく、生後1〜2ヶ月頃までは短い時間にとどめておいてください。

里帰り先の実家が遠く、どうしても長い時間乗せなければいけない場合は、赤ちゃんが疲れてしまわないように、途中でこまめに休憩を取り、水分補給をさせてください。30分〜1時間に一度の休憩が目安です。

授乳やおむつ替えの時間をしっかり確保できるように、赤ちゃんが休憩できるスポットを事前に確認しておくと安心ですね。

運転に際しては、ブレーキを強く踏まず、スピードの増減を少なくして、ハンドル操作もスムーズにした安全運転を心がけましょう。赤ちゃんのことを第一優先に考えて、何か変化があった際にすぐに対応できるようにしてください。

新生児との車移動にあると便利なアイテムは?

赤ちゃん おくるみ 寝る

赤ちゃんが車内でできるだけ快適に過ごせるように、様々なアイテムを用意しておきましょう。

赤ちゃんの体温調節のために、おくるみは必需品です。吐いてしまうこともあるので、ガーゼやタオルも常備しておきましょう。

また、夏場は熱中症や紫外線対策も必要です。車内の温度調整に気を配り、直射日光を防ぐためのフィルムやサンシェードなどの使用を検討しましょう。

新生児期は車中でほとんど寝ているかもしれませんが、目を覚まして泣き出してしまうことも想定して、上からぶら下げるタイプのおもちゃなどを用意しておいてもいいですね。

新生児との車移動の準備は早めに

妊婦 ネット 調査 調べる パソコン PC

新生児との車移動は、注意すべきことがたくさんあるので大変ですが、事前にしっかりと準備をすれば、安全に車に乗せることができます。

出産後すぐに赤ちゃんを車に乗せる予定がある人は、妊娠中にチャイルドシートを用意して、車の中に設置しておきましょう。

新生児期の赤ちゃんは、身体が未発達なので、赤ちゃんを車に乗せるときは、負担がかからないように十分配慮することが大切です。

退院時や里帰りのときは、ママも疲れが溜まっているので、パパや家族に協力してもらいながら、赤ちゃんを安全に車に乗せてあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう