緊急帝王切開とは?適応されるケースは?費用の目安は?

妊娠中に「帝王切開」という言葉を何度か耳にしたことがあるのではないでしょうか?帝王切開には、あらかじめ実施日を決めて行う「予定帝王切開」と、分娩時のトラブルを回避するために急遽行う「緊急帝王切開」の2種類があります。今回はこのうち、緊急帝王切開について、必要となるケースやかかる費用、保険が適用されるのかなどをご説明します。

緊急帝王切開とは?

帝王切開 新生児 出産 分娩 手術台 病院 

帝王切開は、経腟分娩(自然分娩)とは違い、経腹の分娩方法です。妊婦さんの子宮を外科手術によって切開し、胎児を取り出します。

帝王切開には2種類あり、逆子や多胎妊娠、巨大児などで自然分娩が難しいと予想される場合、分娩時の無用なトラブルを避けるために事前に手術日を決めて行うものを「予定帝王切開」といいます。

一方、元々は自然分娩を予定していたものの、分娩前や分娩中に赤ちゃんや母体に何らかのトラブルが起きて、早急に赤ちゃんを取り出す必要が生じた場合に行うのが、「緊急帝王切開」です。

緊急帝王切開が適応されるケースは?

どんなトラブルが起きたときに緊急帝王切開が必要になるのでしょうか?赤ちゃんとママ、それぞれについて次のような可能性があります(※1,2)。

赤ちゃん側の主なトラブル

出産 分娩 帝王切開

1. 胎児機能不全

妊娠中あるいは分娩中に、赤ちゃんが低酸素症などに陥り、新生児仮死など命に危険が及ぶ恐れがある状態を胎児機能不全といいます。

たとえば、分娩中にへその緒(臍帯)が赤ちゃんの首に巻きついたり、胎盤機能が低下したりして、赤ちゃんに十分な酸素が行き渡らなくなってしまったような場合です。

2. 臍帯下垂、臍帯脱出

赤ちゃんの命綱であるへその緒が、破水前に赤ちゃんより先に子宮口まで下がってきたり(臍帯下垂)、破水後に膣内へはみ出たりする(臍帯脱出)ケースです。

臍帯下垂の場合、まだへその緒が子宮内に留まっており、羊水もあるため、へその緒が圧迫されるリスクが少ないといえます。自然に位置が治らない場合は、予定帝王切開となることも。

一方、臍帯脱出が起こると、へその緒が胎児と子宮壁との間に挟まれて圧迫され、胎児に酸素が送られなくなってしまいます。数分以内に胎児機能不全に陥るため、すぐに緊急帝王切開を行う必要があります。

3. 前置血管破綻

胎児を包む卵膜のすぐ下を走っている臍帯血管が、内子宮口に面している状態を「前置血管」といいます。

前置血管は刺激に弱いため、破水時に卵膜と一緒に破裂し、出血が起きてしまうことがあります。これを前置血管破綻といい、緊急帝王切開が行われます。

分娩前に前置血管がわかっている場合は、予定帝王切開になります。

4. 前期破水

陣痛が来る前に卵膜が破れて、羊水が流れ出てしまうことを前期破水といいます。

特に、妊娠37週未満で起こる前期破水の場合、胎児機能不全や子宮内感染などの合併症を引き起こしやすいので、緊急帝王切開を行うこともあります。

ママ側の主なトラブル

妊婦 腹痛 体調不良

1. 分娩停止、遷延(せんえん)分娩

お産が始まったものの、陣痛がなかなか強くならず、子宮口も開かないなど、長時間分娩が進まないような場合です。

陣痛促進剤などの医療処置の効果がなく、すぐ分娩しないと母体や赤ちゃんに影響があると判断されたときに緊急帝王切開が行われます。

2. 重症妊娠高血圧症候群

妊娠中に高血圧となり、頭痛や蛋白尿、様々な合併症を引き起こすものを、妊娠高血圧症候群といいます。重症の場合、多くは予定帝王切開になりますが、状態などによっては経膣分娩を選択できることもあります。

しかし、分娩中に母体の状態が悪化したり、胎児機能不全などが見られたりした場合は、緊急帝王切開に切り替えられることもあります。

3. 常位胎盤早期剥離

赤ちゃんが生まれる前に胎盤がはがれてしまうことを、常位胎盤早期剝離といいます。

子宮内で大量出血が起こることにより、母体・胎児ともに危険な状態になることがあるため、すみやかに緊急帝王切開を行います。

4. (切迫)子宮破裂

過去に帝王切開や子宮筋腫の手術を受けている場合、分娩時に子宮が裂けてしまうことがあります。これが子宮破裂です。なお、自然に起こるケースもゼロではありません。

子宮破裂が起こることは稀ですが、発症すると母体の死亡率は2~5%、胎児にいたっては20~80%と危険性が高いため、緊急帝王切開が行われます。

5. 妊婦心肺停止

何らかの理由で妊婦さんが心肺停止に陥った場合、救命措置を取りつつ、並行で緊急帝王切開を行い、胎児を娩出します。

緊急帝王切開の手術の流れは?

階段 ステップ 進行 スケジュール 段取り 

予定帝王切開での分娩は多くの場合、前日に入院して検査や手術の詳しい説明を受け、同意書を提出します。

緊急帝王切開の場合も、基本的には医師から説明を受けて同意書にサインをし、手術を始めます。分娩室に入ったあとの緊急帝王切開の場合、口頭での同意だけで進め、後日サインをすることもあります。

手術の大まかな流れは下記のとおりです。

1. 手術前に浣腸や胎児の心音聴取をする
2. 点滴を打つ
3. 手術室に入って局部麻酔(もしくは全身麻酔)をする
4. 麻酔が効いてきたら手術を開始する
5. お腹を切開して赤ちゃんや胎盤を取り出す
6. 切開部の縫合や羊水吸引などを行う

緊急帝王切開の費用は?保険は適応される?

お金 100円

厚生労働省が策定している診療報酬点数表(平成28年度)によると、緊急帝王切開の手術費用は22万2,000円です(※3)。これに加えて、通常の分娩費用もかかるため、自然分娩よりも高額な医療費がかかってしまいます。

しかし、帝王切開の手術費は健康保険が適用されるので、帝王切開にかかる費用に関しては3割の自己負担ですみます。また、「高額療養費制度」により、1ヶ月の医療費が所定の金額を超えた場合、医療費の一部が払い戻されます(※4)。

また、民間の医療保険に加入している場合、帝王切開にかかる費用の一部がカバーされる可能性があるので、事前に保険会社に確認しておきましょう。

緊急帝王切開の知識を身につけて心の準備を

妊婦 夫婦 タブレット

妊娠・出産はどんなトラブルがあるかわからないので、万が一のことを考えて帝王切開について知識を持っておき、心の準備をしておくと安心ですよ。また、緊急帝王切開のときはママの気持ちや体力に余裕がないことが多いので、パパや家族にも知っておいてもらうようにしましょう。

緊急で帝王切開が必要になると、不安や戸惑いを感じるかもしれません。しかし、母体と胎児の命と健康を守るために選択される分娩方法なので、医師や助産師を信じて、落ち着いて手術に臨めるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう