【妊娠22週の壁】とは?流産・早産と関係があるの?

監修医師 産婦人科医 藤東 淳也
藤東 淳也 日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 監修記事一覧へ

「妊娠22週の壁」という言葉をSNSやインターネットで見かけ、言葉の印象から不安を感じている妊婦さんもいるかもしれません。

今回は、「妊娠22週の壁」とはどんなことを指しているのかや、22週以降の早産のリスクについてお伝えします。

妊娠22週の赤ちゃんとママの状態は?

22週 エコー写真

「妊娠22週の壁」について知る前に、まず妊娠22週の赤ちゃんとママの状態を把握しておきましょう。

妊娠22週の赤ちゃんの状態

妊娠22週の赤ちゃんの体重の目安は400~500gほどです(※1)。赤ちゃんの成長が加速する時期で、体が大きくなるだけでなく、臓器が成長して重くなったり、体の周りに脂肪がついたりすることで、胎児の体重が増えていきます。

またこの時期は、聴覚や嗅覚、味覚などの五感が発達し、光や音に反応するようになります。ママの心音や声も聞こえるようになるので、積極的に声をかけてあげてくださいね。

妊娠22週のママの状態

妊娠22週は、子宮底長が20cm前後になっているのが目安です(※2)。お腹が前に出ることで足元が見えにくくなり、靴紐を結ぶ、しゃがむといった日常の動作が難しくなってきます。

体重が増えやすい時期なので、定期的に体重計に乗る習慣をつけて体重の増え方を把握しておくと安心です。

また妊娠22週頃は、基本的に毎日胎動を感じるようになります。

「妊娠22週の壁」とは?流産・早産と関係があるの?

女性 携帯電話 スマホ

「妊娠22週の壁」は、この時期の流産・早産と関係しています。

「流産」とは、妊娠22週未満で妊娠が継続できなくなることを指します。22週未満に生まれたとしても発育が不十分で、外の世界で生きることが難しい週数とされています。

「早産」とは、妊娠22週以降で生まれることを指します。22週以降で生まれた場合、発育は十分とはいえないものの新生児医療によって生きられる可能性が高まります。

このことから、妊娠22週を乗り越えられるかどうかが関門となり、「妊娠22週の壁」という言葉が妊婦さんの間に広がったようです。

「妊娠22週の壁」はSNSやインターネットから広がった言葉で、医学的な用語ではありません。

妊娠22週を越えると安心なの?早産の原因や予防法は?

女性 疑問 不安

妊娠22週を越えたとしても、リスクが全くなくなるわけではありません。その後も、妊娠22~37週未満に出産する「早産」や、早産の一歩手前の状態である「切迫早産」への注意が必要です。

早産の場合、体重が2,500g未満である「低出生体重児」として生まれる赤ちゃんが多くなります。生まれるのが早いほど器官が未熟なため、死亡率や重い障害・後遺症が残るリスクが高まります(※2)。

妊娠22週を越え、23週、24週と週数が経つごとに、こうしたリスクはだんだんと低くなっていきます。

切迫早産・早産の原因は?

切迫早産・早産の原因の多くは、母体側の異常や生活習慣などにあるとされています。

主に下記のようなことが考えられます(※2)。

● 子宮内感染による絨毛膜羊膜炎や子宮頸管炎
● 頸管・子宮の異常
● 妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの合併症
● 前回の妊娠での早産
● 多胎妊娠
● 生活習慣(痩せ、喫煙、ストレスなど)
● 胎盤の異常
● 羊水過多
● 胎児の機能不全

お腹の張りや痛みは切迫早産の兆候かもしれないので、何か異変を感じたときはすぐにかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

切迫早産・早産は予防できるの?

先述のとおり、切迫早産・早産の原因は様々あるため、100%予防することは難しいとされています。

ただ、日頃から健康的な食事を摂り体重の過度な増減に気をつけたり、疲れやストレスを溜めないよう無理のない生活を心がけたりすることで、できる限り早産のリスクを抑えることはできます(※2)。

切迫早産の状態で早めに対処をすれば、胎児が十分に成長するまでお腹の中に留めることができる可能性が高まります。早期発見するために、妊婦健診を欠かさずに通うことも予防につながりますよ。

今できることをして、心身ともに健康に過ごそう

アイキャッチ使用 妊婦 マタニティ服

「妊娠22週の壁」という言葉をSNSやインターネットで見かけたり調べたりしていると、不安になってしまうかもしれません。調べすぎて過剰に心配することはかえってストレスになり、妊婦さんの心身にとってよくありません。

引き続き、日常生活や食生活に気をつけならが赤ちゃんの成長を見守っていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう