トキソプラズマとは?妊娠中に現れる症状は?感染経路に注意しよう

妊娠中にトキソプラズマに初感染すると、お腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があります。妊娠中に生肉や猫の糞が原因で感染すると聞いたことはあっても、トキソプラズマとはそもそもどんなもので、母体や胎児にどんな影響を及ぼすかについてきちんと理解している人は多くないのではないでしょうか?今回は妊婦さんが気になるトキソプラズマについて、原因や症状、治療法、検査方法などご紹介します。

トキソプラズマとは?どんな症状が出る?

記号 女性 疑問 クエスチョン

トキソプラズマとは、幅3μm・長さ5~7μmの極々小さな寄生虫です。世界中の人口の3分の1以上にあたる数十億人以上がトキソプラズマに感染しているといわれています(※1)。このトキソプラズマに感染して発症するのが、トキソプラズマ症です。

健康な成人であれば症状が出ることはまれで、発症しても軽い風邪程度の症状が現れるだけです。一度感染してしまえば抗体ができるので、2度感染することはありません。

トキソプラズマの感染経路や潜伏期間は?

風景 子供 動物 犬 猫

トキソプラズマの主な感染経路は、人間の口から消化管を経て体内に入り込む経口感染です。

トキソプラズマは、豚やヤギ、ネズミ、ニワトリなど多くの哺乳類・鳥類を中間宿主とし、猫科の動物を最終的に寄生して繁殖する終宿主にしています。そのため、生ハムや鳥刺などの生肉を食べたり、猫が排泄した糞に触れたりすると、トキソプラズマに感染する可能性があります。

また、トキソプラズマは土壌の中にも生息しており、土に触れることでも感染することがあります。潜伏期間ははっきりしないことが多いのですが、猫の糞の中のトキソプラズマを摂取した場合は、5~20日の潜伏期間があるようです(※2)

妊娠中・妊娠前のトキソプラズマ症の影響は?

妊婦 胎児 エコー写真 夫婦 カップル

トキソプラズマに一度も感染したことがない人が、妊娠中もしくは妊娠直前(妊娠開始6ヶ月前~)にトキソプラズマに感染すると、トキソプラズマが胎盤を経由して赤ちゃんに感染し、先天性トキソプラズマ症を引き起こす可能性があります(※2)。

妊娠初期に感染しても、胎児への感染率は低いのですが、重症化しやすく、妊娠初期に胎児が先天性トキソプラズマ症を引き起こすと、流産に至る可能性があります(※3)。一方で、妊娠後期に感染すると胎児にも感染しやすいのですが、軽症で済む傾向にあります。

この他には、先天性トキソプラズマ症の症状としては、脳症、低出生体重、痙攣、水頭症、頭蓋内石灰化、網絡膜炎による視力障害、精神・運動機能障害などがあります。

また、先天性トキソプラズマ症を治療しなかった場合、生まれたときに何も症状がなくても、大きくなるにつれて症状が現れることがあります(※2)。

妊娠中にトキソプラズマの抗体検査をすべき?費用は?

妊婦 医者 診察

トキソプラズマに一度感染していれば、体の中に抗体ができているので、赤ちゃんの先天性トキソプラズマ症を心配する必要はありません。また、妊娠から6ヶ月以上前までに感染していれば、胎児への影響はないと考えられています(※2)。

妊婦さんや妊活中の人で心配な場合は、先天性トキソプラズマ症のリスクがあるのか把握しておくため、一度トキソプラズマの抗体検査を受けるようにしましょう。

妊娠中であれば、妊婦健診の際にトキソプラズマ抗体の有無を検査できますし、妊娠前でも婦人科で検査が受けられますよ。トキソプラズマ抗体の一般的な検査方法は血液検査で、費用は1,000円前後です。

トキソプラズマ抗体がすでにあれば、妊娠中の感染は特に心配する必要はありません。抗体がなかった場合は念のため生肉を食べない、猫の糞の処分は他の人に頼むなどして、トキソプラズマ感染の予防に努めてください。

妊娠中にトキソプラズマ症にかかったら?治療法は?

妊婦 薬 妊娠中 服用 チェック

トキソプラズマに感染しても、免疫機能が正常に働いており症状が現れていなければ、治療の必要はありません。症状が出ている成人と先天性トキソプラズマ症の赤ちゃんにはスルファジアジンやピリメタジン、ロイコボリンといった薬を使って治療にあたります(※4)。

一般的に、トキソプラズマにかかった妊婦さんには、胎児への感染を防ぐためにスピラマイシンという抗生物質が使用されます。

トキソプラズマ症の予防法は?

生ハム 生肉 

トキソプラズマの感染ルートは主に経口感染で、空気感染・経皮感染することはありません。そのため、基本的に以下のことを行えば、トキソプラズマに感染するリスクを減らせます。

生肉を避ける

生ハムなどの生肉は食べないようにし、肉を調理する際は肉の中までしっかり火が通るようにしてください。また、生肉を触る際は手袋の着用を心がけましょう。

生肉に触れたまな板や調理器具は、しっかり洗うことが大切です。

猫の糞便に触れないようにする

猫の糞便に触れないようにすることも予防につながります。猫を飼っている場合は、家族の他の人に糞便を処理してもらうようにしましょう。

もし自分で猫の糞便を処理しないといけないときは、手袋を着用し、処理の後は手をしっかり洗ってください。糞便中のオーシスト(トキソプラズマ原虫の卵)が感染力を得るには1~5日かかるので、猫の糞便は排泄後すぐに片づけるようにしましょう(※5)。

また、飼っている猫は屋外に出さないようにし、非加熱肉ではなく、ドライフードや缶詰などの市販のキャットフードをあげるようにてください。

土に触れないようにする

土の中にトキソプラズマが潜んでいることがあるので、ガーデニングや畑仕事などの土を触る作業は避けてください。畑仕事などでどうしても土を触らないといけないときは手袋を着用し、作業後は手をよく洗ってください。

また、生野菜や果物はしっかり洗い、皮を剥けるものは剥いて食べるようにしてください。

トキソプラズマについて過度に心配しないで

妊婦 ネット 調査 調べる パソコン PC

トキソプラズマに対する正しい知識が身につければ、必要以上に感染を恐れる必要はありません。妊娠中に猫との接触を極端に怖がったり、肉を食べること自体に不安を感じたりするのはストレスになってしまって、かえって体に良くありませんよね。

また、妊娠中にトキソプラズマに初感染したからといって、絶対に赤ちゃんにも感染するというわけではありません。トキソプラズマへの理解を深め、過度に心配することなく落ち着いて毎日を過ごせるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう