産後ガードルはいつからいつまで?着ける必要性や効果とは?

産後、骨盤ベルトやニッパーなどを使用して歪んだ骨盤を整えても、なかなかお腹周りやお尻のたるみをケアできなくて悩むママは多くいます。そんなときにおすすめなのが「産後ガードル」。しかし、産後ガードルは締めつける力が強めなので、出産直後から着けることができません。そこで今回は、産後ガードルについて、いつからいつまで着けたらいいのか、着ける必要性や効果を含めまとめました。

産後ガードルの効果は?着ける必要はある?

腰 産後 産後ガードル

産後ガードルの効果は、骨盤を整え、筋肉をつけるサポートをしてくれることや、たるんだお腹周りやお尻、ももをシェイプアップしてくれること。産後になかなか体型が戻らず、服がきつい場合なども、ボディラインを補正して服を着やすくするという効果もありますよ。

産後は、まず歪んだ骨盤を整えることが先決なので、骨盤ベルトやニッパーを使用してから、次の段階として使用することがほとんど。平行して使用することもありますが、骨盤の歪みが整っていない場合、ガードルが入らないことも珍しくありません。

骨盤を整えた後は、そのまま骨盤を安定させながら、たるんだお腹まわりやお尻、ももを同時に引き締めるダブルの効果があり、たるみが気になる人は着けた方が戻りが早いといわれています。ソフトタイプとハードタイプがありますが、どちらも締めつけが強めの下着なので、子宮の回復を優先し、問題がなければ着用してみましょう。

産後ガードルはいつからいつまで着けるの?

はてな 疑問 クエスチョンマーク 

産後ガードルは、早くて産後2週間から着けることができますが、子宮の回復(悪露の状態)によっては産後1~2ヶ月頃から着けるケースも少なくありません。産後の体調が回復する速度には個人差があるので、体と相談しながら、着用時期を見極めましょう。

産後ガードルは、体型がほぼ妊娠前の状態に戻った時点で履かなくなるのが一般的。効果は人それぞれで、産後3ヶ月で履かなくなった人もいれば、産後6ヶ月から1年くらいまで履いていたというケースも。

腰回りの痛みをサポートする効果もあり、赤ちゃんのお世話で腰に負担がかかっている人は、そのままつけ続けている人も多いですよ。

産後ガードルの選び方は?

チェック 二択 黒板

産後ガードルの選び方は、締めつけすぎず緩すぎないもの、通気性や吸水性が良いもの、体を温める保温効果があるもの、引き締めたい部位に合ったものを基準に選びましょう。

産後ガードルは、シェイプアップ効果があるとはいえ、必要以上の締めつけは体によくありません。着ける時点での服のサイズ(S・M・L)に合わせて購入すれば、ほとんどの場合がそのサイズで引き締められる仕様になっています。メーカーによってサイズ表示や設定が異なるので、あらかじめ、ウエスト・ヒップのサイズは測っておくと良いですね。

また、妊娠・出産後に限らず、女性は冷えが大敵。特に産後は冷えることで子宮の回復も遅くなります。体を温めたり、脂肪を燃焼しやすくしたりするためには、保温効果のあるものがおすすめです。しかし、蒸れは汗疹などの肌トラブルにつながるので、通気性や吸水性の高い素材を選びましょう。

産後ガードルは、他にも腰回り・お腹・お尻を中心にしたショートタイプと、ももまでカバーしてくれるロングタイプがあります。自分が着る服に影響がなく、履き続けやすいものがいいですね。

産後ガードルを着けるときの注意点は?

NG NO ダメ 禁止 注意

産後ガードルを着けるときの注意点は、締めつけすぎないことと、丸一日つけ続けないこと。締めつけ過ぎると、気分が悪くなったり、血が滞ったり、ひどい場合は子宮脱になることも。体の巡りも悪くなるので、代謝も低下し、冷えやすく、むくみなども出てきてしまいます。

産後ガードルは、ダイエット目的よりも、元の体型に戻すことで、痩せやすい体・太りにくい体にすることが目的です。着れば着るほど痩せるわけではなく、適切な時間、適切な位置にしっかりと着けることで効果を発揮します。

日中に着けていることが多ければ就寝時はリラックスできるよう外しておきましょう。日中、あまり着けることができない場合は、ソフトタイプのガードルを就寝時に着けるという方法もあります。

産後ガードルだけに頼りすぎると、筋力が衰えたまま回復していない状態になってしまう恐れもあります。見た目は細くなっていても、数年後にはまたボディラインが崩れてしまうというケースもあるので、運動ができる時期になったら、基礎代謝が上がるようなストレッチや食生活も同時に行いましょう。

産後ガードルは正しく使ってしっかり体型を戻そう

新生児 親子 産後

産後の体型は多くのママ共通の悩みです。しかし、焦って無理をしても体調を崩してしまったり、一時的な体型維持になってしまったりするので、正しく使って、しっかりと体型を戻していきましょう。

多くのママが、半年ぐらいかけてじっくり体型を戻していきます。そのなかで、赤ちゃんのお世話をするので体力を維持する必要があり、ストレスもなるべく多くない方が良いですよね。まずは赤ちゃんのお世話を楽しくできることを一番に考え、ストレスを溜めない程度で行うのがおすすめですよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう