産後の骨盤矯正とは?効果や方法は?いつからいつまで?

記事監修 マタニティ、婦人科系専門の施術家 湯川 優
湯川 優 累計4万件施術。妊産婦さんは去年1000件施術。柔道整復師(国家資格)取得後、大学院にて研究を行い、整形外科勤務を経て整体院開院。施術したアスリートが世界一や日本一に輝き、現在はマタニティを専門としな... 続きを読む

妊婦さんにとって、出産は一つの大きなゴールですよね。ですが、本当は子育てのスタートで、「出産後の生活の方が大変だった」という先輩ママも。中でも、出産時に開いた骨盤が原因で、体重は戻ったのに体型が戻らなかった、腰痛や肩こりがひどくなった、などの悩みは多いようです。そこで、今回は産後の体型を戻すためにも、骨盤矯正はいつからいつまでにすればいいのか、どんな方法があるのか、それぞれの効果についてもまとめました。

産後に骨盤が歪む原因は?

なぜ why

そもそも産後に骨盤が歪む原因は、出産によって骨盤が大きく開くことです。歪んだ骨盤は、産後数ヶ月かけてゆっくりと元の状態に戻ります。骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠や出産を通して左右のバランスが崩れていると、正常な位置に戻りづらくなるといわれています。

また、横座りや椅子での足組み、猫背、あぐらは体を歪める姿勢なので、産後2〜3ヶ月頃までにこれらの姿勢をとっていると、骨盤がさらに歪んでしまいます。

産後に骨盤が元に戻らないとどうなるの?

女性 悩み 考える

骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、体のラインが崩れて、筋肉の動きが妊娠前と変わってしまうことがあります。また、産後は筋力も低下していることが多いので、脂肪の燃焼がうまくいかないこともあります。妊娠前の服が入らなくなってしまったという声がよく聞かれるのは、このためです。

他にも肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や不妊などの婦人科系トラブルにもつながってしまいます。

産後の骨盤矯正とは?

女性 骨盤 お尻 メジャー 測定

そこで大事になるのが、産後の骨盤矯正です。出産を通して緩んだ骨盤を正しい場所に矯正することを骨盤矯正と呼びますが、出産を機会にダイエットや体型の改善を目指して、産後リフォームと呼ぶこともあります。方法としては、整体、体操、リフォームインナーやガードル、ニッパーなどの利用など、様々。

それでは、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

産後の骨盤矯正の効果は?

ダイエット

骨盤が正しい位置に戻ると体の筋肉をきちんと使え、歩きやすくなります。そうすると体全体の血行がよくなり、筋肉もついてくることで、基礎代謝が上がって、消費カロリーが増えやすくなります。

消費カロリーが上がるということは、痩せやすい体になっているということ。産後に体重が停滞していたのに、骨盤矯正をはじめて1週間で1〜2kgくらい体重が減ったという事例もありますよ。

産後の体重増加を解消するなら、産後の6ヶ月間が重要です。骨盤矯正と産後ダイエット・産後リフォームを上手に行えば、効率よく痩せるだけでなく、スタイルが良くなる効果も期待できますよ。

産後の骨盤矯正はいつからいつまで?

スケジュール 手帳

産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかで、骨盤矯正やリフォームには絶好の機会です。基本的には、産後6ヶ月までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。産後6ヶ月前後を過ぎると、骨盤のグラグラが少ない状態になり、ゆがみが強い場合は矯正するのが大変になることもあります。できれば、そうなる前に骨盤矯正やリフォームを開始しておきたいですね。

産後リフォームのためのニッパーやサポーターのうち、緩やかな力で子宮の回復や緩んだ骨盤の内側に脂肪などが落ち込むのを防ぐものであれば、産後2週間頃から利用していた先輩ママもいるそうです。

ただ、産後1ヶ月は悪露が出るなど、出産の影響が体に残っている時期です。無理をすると体調を悪化させる可能性もあるので、産後1ヶ月ほどは焦らず、体調と相談しながら骨盤矯正をスタートしてください。

あまりに腰痛や恥骨痛がひどければ、産後すぐからでも骨盤矯正をしてもらえる場合もあるので、専門家に相談するのも1つの方法ですよ。

産後の骨盤矯正の方法は?

ヨガ

産後の骨盤矯正やリフォームには様々な方法があります。産後1ヶ月はまだまだ体の回復期なので、軽めの骨盤矯正から始めるのがおすすめですよ。

骨盤ベルトや産後ガードルをつける

骨盤ベルトや産後ガードルは、理想的なボディラインづくりをサポートしてくれます。育児をしながら継続して運動するのが難しい場合にも、続けやすいと人気です。

ただし、あまり早い段階からキツくしめすぎると、骨盤に悪影響を及ぼす可能性があるので、産後の時期ごとに適切なものを選ぶようにしましょう。

骨盤体操や骨盤スクワットを実践する

骨盤を元の位置に戻す体操やスクワットがあります。産後の週数に合わせて内容を確認しながら、体に負担のないようにじっくり進めてください。

整体やマッサージの施術をうける

プロの手を借りて、産後の骨盤ケアをしたいという方におすすめです。定期的に、骨盤を元の位置に戻すメンテナンスを進めて行きます。

体調に問題がなければ始められるので、産後すぐから施術可能な場合もありますが、産後1ヶ月検診を受けてから始めた方が安心です。

最近では、託児所がついている所や、パパも同伴で施術を受けられるところもあるので、予約の際にぜひ相談してみましょう。

ヨガやピラティス

ヨガやピラティスは体の歪みを改善できるほか、カロリーを消費することもできる、産前産後に人気のエクササイズです。産後は子育てで忙しく、なかなか時間を取れませんが、気分もリフレッシュできるので、数時間くらいはパパにお世話をお願いしてみてくださいね。

産後は骨盤矯正の前に健康状態の確認を

リラックス 女性 伸び

骨盤矯正は健康のために大切ですが、出産後のママの身体はたくさんのエネルギーを使ってボロボロの状態です。昔は「産後の床上げ」と呼ばれ、産後1ヶ月は横になって安静に過ごして、身体を回復させる期間とされていました。家事や育児があるので、横になってばかりはいられませんが、無理は禁物。

産後2ヶ月以降でも、特に整体やヨガなどで外出するときには、めまいや動悸に気をつけて、身体の調子を見ながら取り組んでくださいね。

産後は姿勢を正して骨盤矯正しよう

ダイエット

普段から姿勢を気にして骨盤がゆがまないよう心がけることでも、骨盤の歪みを防ぐことができます。姿勢も綺麗になるので、自然と立ち居振る舞いも美しく見えますよ。骨盤ケアを産後ダイエットに上手く取り入れてみてはいかがでしょう?

産後に骨盤矯正をしておくと、腰痛が出にくくなるなどのメリットもあります。先のことを見据えて、今のうちから骨盤矯正に取り組んでみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう