臨月に眠れない原因は?妊娠後期から不眠対策をしよう!

「妊娠初期は眠くてたまらなかったのに、妊娠後期に入ったら、夜に全く眠れなくなってしまった」という妊婦さんは多くいます。眠れないことで体力が消耗し、ストレスを溜めてしまうのは避けたいですよね。今回は、妊娠後期・臨月に眠れないときの原因と解消法をご紹介します。

妊娠後期・臨月に眠れない原因は?

臨月 妊婦 寝る

妊娠後期は、さまざまな要因が働き、寝つきが悪くなる傾向にあります。一日中眠れないわけではなく、昼間はすごく眠いのに、夜になったら眠れなくなってしまう人が多いようです。

お腹が大きくなる

妊娠後期が進むにつれて、お腹がどんどん大きくなります。寝返りが打ちづらくなると、寝つきも悪くなります。

さらに、大きくなった子宮によって膀胱が圧迫され、頻尿になって夜中に何度も目が覚めてしまうことも。

激しい胎動を感じる

妊娠後期になると胎児も大きくなるため、安定期に比べると激しい胎動を感じる機会が増えます。力も強いので、痛いと感じるほどに。それが原因で夜になかなか眠れなくなったり、目を覚ましてしまったりするのは珍しいことではありません。

一般的には、臨月に入ると胎動の回数は減り、感じ方も弱くなります。ただし、人によっては、臨月に入ってからも激しい胎動が続くこともあります。

ストレスが溜まる

出産予定日が近づいてくると、「無事に産めるかな?」「陣痛はどれくらい痛いのだろう?」と不安になり、ストレスを感じやすい時期です。ベッドに入っても、出産のことや産後の生活をふと考えてしまったり。

ストレスを溜めていると、寝つきが悪くなり、不眠につながります。

エストロゲンの分泌量が増加する

臨月になると、眠りを抑制する作用のあるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が増え、不眠を引き起こしてしまうことがあります。出産が近づいている証なので、生理現象といえますね。

臨月の不眠解消法!妊娠後期から対策しよう!

それでは、具体的に4つの不眠対策をご紹介します。順に試して、自分に合った方法を見つけてみてくださいね。先輩ママの体験談もご紹介します。

楽に感じる寝方を見つける

妊婦 寝る 寝相

お腹が重く、寝返りを打つだけで目が覚めてしまっていたので、抱き枕を使うようにしました。使わずに寝ると、寝つきが悪いですが、抱き枕を使うようになってからは腰痛も楽になり、眠れるようになりました。

一般的に、お腹が大きくなった妊婦さんにおすすめの寝方は、シムス体位です。シムス体位では、体の左側を下にして、横向きになり、右足を軽く曲げます。この寝方が妊婦さんにとって楽だと感じやすい姿勢ですが、人によっては、シムス体位が苦しいと感じることも。また、安定期は楽だと感じていても、妊娠後期に入ってお腹が大きくなったら窮屈だと感じる人もいます。

このときは、抱き枕を使ってみましょう。足の置き場が安定して気持ちよく眠れることもあります。また、既に抱き枕を使っているという人は少しサイズを大きくしたり、長くしたりすると寝苦しさを感じにくいポジションが見つかる場合があります。

まずは布団を抱き枕代わりにしていろいろな寝方を試してみましょう。自分が一番楽だと感じる姿勢を見つけてみてくださいね。

適度な運動をする

妊婦 散歩 リラックス

臨月になって、外出が怖くなってしまっていました。その後、眠れなくなってしまいました。安産のために体力をつけなさいとお医者さんに言われ、一念発起して日中に散歩や買い物をしていたら、自然と眠れるようになっていきました。

体が重いからといって、動くことを控えていませんか?運動をすることで、出産に備えて体力をつけられるだけでなく、体が疲れて、自然と眠れるようになりますよ。また、適度に体を動かすことによって、気持ちをリフレッシュさせることもできます。

ただし、妊娠8~9ヶ月頃に切迫早産と診断されている妊婦さんは無理をするのは禁物です。妊娠37週の正産期に入るまでは安静にしておく必要があります。医師の指示に従いながら、できる範囲で運動をしていきましょう。

好きなことをしてリラックスする

妊婦 音楽 リラックス

● 子育ては長い間続くけれど、臨月を楽しめるのは今しかありません。夜中に目が何度も覚めたときは、これまで聞いたことがなかったヒーリング音楽やクラシック音楽を聴き、本をたくさん読み、穏やかな気持ちで過ごすようにしました。

● 自分がリラックスすることを優先し、眠れないときはアロマオイルの香りを楽しみながら過ごしました。

眠れないのなら、いっそのこと好きなことをして、リラックスしてみるのもいいですよ。本を読んでいるうちに、いつの間にか眠っていたということもあります。

ただし、スマホやテレビなどブルーライトを発する物は、脳を覚醒させる効果があるので、眠れないときはあまり見すぎないようにしてくださいね。眠る前の1時間はブルーライトに接しないようにすると寝つきが良くなりやすくなりますよ。

マイペースに睡眠をとる

妊婦 リラックス

1~2時間に一回は目が覚めてしまい、夜は特に目がさえてしまっていました。眠れないので、日中は本当につらく、暗くなっていくにつれて「また夜が来るのか」と落ち込んでいました。でも、無理に寝ないようにしようと決めてからは、気持ちがすっきりしました。「寝なければ」と思う気持ちがプレッシャーになっていたのだと思います。

臨月の不眠はしかたのないことだと考え、心の負担を取り除くことも大切です。間もなく出産だと思うと、不安な気持ちになるかもしれませんが、あまり思いつめないようにしましょう。むしろ今は、お腹の赤ちゃんと穏やかに過ごせる時間だと、前向きに考えられるといいですね。

どうしても妊娠後期・臨月に眠れないときは?

妊婦 リラックス 寝る

昼夜が逆転した生活は、胎児の生活リズムに影響を与えるのではと心配になるかもしれませんが、医学的に証明されているわけではないので、心配しすぎないでくださいね。

しかし、寝ないよりは昼寝でも睡眠をとったほうが心の負担が軽くなり、体力もつきます。夜に眠れないときは、昼間の眠くなったときに3~4時間の昼寝をするのも、ひとつの不眠対策です。夜に眠れなかったとしても、ベッドに入って寝転んでおくだけでも、体の疲れがとれますよ。

妊娠後期・臨月に眠れないときこそ、ストレスをためない工夫を

赤ちゃん 臨月

妊娠後期に入って不眠になるのは出産が近づいている証ともいえます。夜中に起きてしまったり、寝つきが悪かったりした日は、自分の好きなことをして、あまり思いつめないようにしましょう。その方が、自分の体やお腹の赤ちゃんのためにもなります。

臨月は出産を間近に控えているので、不安な気持ちが募ってしまうのは仕方がないことですが、これから会える赤ちゃんのことを考えながら、一日一日を楽しんで過ごせるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう