赤ちゃんのインフルエンザの症状と対処法は?新生児もかかるの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

毎年冬になってインフルエンザの流行がニュースになると、まだ小さい赤ちゃんを育てるパパやママにとっては、感染しないか心配ですよね。特に新生児だとママの免疫力があるとはいえ、かかって重症化しないか気になります。そこで今回は、新生児、0歳、1歳のインフルエンザについて、風邪と見分けるための症状や、感染したときの対処法をご紹介します。

赤ちゃんのインフルエンザの症状は?

赤ちゃん 熱

赤ちゃんがインフルエンザにかかったときは、体調の違和感を言葉で伝えられないため、急に高熱を発してママやパパが驚くことがあります。

インフルエンザの特徴は、突然38度以上の高熱と、頭痛や全身のだるさがあらわれることです(※1)。それにより、不機嫌になったり、ミルクを飲む量が少なくなったり、泣き声が弱くなったりします。

赤ちゃんがインフルエンザにかかったときに、いわゆる一般的な風邪と見分けるポイントは以下の通りです。

● 急な38度以上の発熱はないか
● くしゃみを伴わない咳・鼻水の症状がないか
● 関節痛・筋肉痛・倦怠感によって、不機嫌で泣き続けていないか
● 身の回り(家庭・学校・職場・近所)でインフルエンザは流行していないか

風邪と異なる症状があれば、早めに病院で診てもらいましょう。簡単な検査で、インフルエンザにかかっているかどうかを判定してもらうことができます。

赤ちゃんのインフルエンザの潜伏期間は?

スケジュール カレンダー 予定

赤ちゃんのインフルエンザを疑うとき、いつ感染したかを考えることも大切です。一般的にインフルエンザウイルスの潜伏期間は、1〜3日間程度とされています(※1)。また、赤ちゃんがインフルエンザに感染したときには、早くて24時間以内に発症することもあるようです。

高熱があるときは、数日前に人ごみのなかにいなかったか、一度思い返してみましょう。

新生児期の赤ちゃんもインフルエンザにかかる?

赤ちゃん 新生児 体温計

新生児〜3ヶ月くらいの赤ちゃんなら、母乳等でママから免疫をもらっているため、病気になりにくいといわれています。しかし、実は新生児であってもインフルエンザに感染する可能性はあります(※2)。

新生児の発熱にはほかの病気の可能性もあるため、38度以上の発熱があるときには、すみやかに小児科救急に対応している病院を受診するようにしましょう。

赤ちゃんのインフルエンザは夜間でも病院へ行くべき?

赤ちゃん 泣く

新生児の発熱とは違い、生後3ヶ月を過ぎた赤ちゃんで、発熱以外に目立った症状がないときには、基本的に翌朝の受診でも構わないとする医師が多いようです。特に熱の上がりはじめでは検査でインフルエンザの判定ができないこともあり、結局翌日改めて病院を受診することもあります。

ただし、けいれんを起こした、ぐったりしている、水分が摂れていない、嘔吐を繰り返す、呼吸が早いなどあれば、夜間であってもすぐに救急病院を受診しましょう。迷ったときは小児救急電話相談(#8000)へ電話をして、状況を説明して、病院に行くべきかどうかを確認してください。

赤ちゃんがインフルエンザになったときの対処法は?

ペットボトル 水 水分補給

インフルエンザと診断された場合、自宅でのケアはどうすればいいのでしょうか。赤ちゃんのインフルエンザへ対処するポイントをご紹介します。

水分補給

赤ちゃんの体は、熱を下げようとしてたくさんの汗をかき、下痢や嘔吐も続くので、水分が失われます。

ぬるま湯や赤ちゃん用のイオン飲料をすこしずつ飲ませてあげ、水分補給を行いましょう。まだ母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんには、こまめに母乳・ミルクを与えるようにしてください。

離乳食

無理にご飯を食べさせる必要はありません。食べられる元気があれば、1つ段階をさげた離乳食をあげるようにしましょう。

柔らかく煮たうどんや野菜スープ、みそ汁など、消化のよい食材を選びたいですね。嘔吐が続いている場合は、ヨーグルトなどの乳製品を避けてください。

湿度の調整

インフルエンザには咳の症状もあるため、空気が乾燥すると、のどを痛めやすくなります。加湿器をおき、湿度50~60%に保つようにしましょう。洗濯物を干すだけでも、室内の湿度はあがりますよ。

体温に合わせた服装

赤ちゃんの体温が上がりきったら、一枚薄着にして熱を逃がしやすくしてあげましょう。逆に熱がまだあがっているときは、一枚多く着せてくださいね。汗をよく吸ってくれる素材の肌着がおすすめです。

赤ちゃんは体温調節機能が発達しておらず、すぐに体温が変化するので、1時間に一度くらいの頻度でこまめにチェックしてあげましょう。

お風呂は控える

熱が下がっていないときにお風呂に入れると、赤ちゃんの体力が奪われてしまいます。熱がさらにあがってしまうこともあるので、お風呂は控え、からだを拭いてあげましょう。

喚気

部屋を閉め切ったままにすると、ウイルスが充満し、家族にうつってしまうかもしれません。部屋が寒くなりすぎないよう注意しながらも、こまめに換気をしましょう。

赤ちゃんはインフルエンザ薬を飲んでいい?

熱 風邪 薬 シロップ

インフルエンザに対する治療薬としては、タミフルやリレンザ、イナビル、ラピアクタなどが使用されます。インフルエンザ治療薬は発症から48時間以内に服用すると、発熱が1〜2日間短縮され、鼻やのどからのウイルス排出量が減少します(※3)。

ただ、基本的に5〜7日程度の療養でインフルエンザは自然と治るため、インフルエンザ治療薬は生後6ヶ月未満では赤ちゃんへの投与は推奨されていません(※4)。病院によっては、赤ちゃんの症状が重たいときに、入院した上で点滴薬であるラピアクタを使用することがあるようです。

ほかに、市販の解熱剤を使ってもいいのか迷うママやパパもいるようですが、熱はウイルスと闘って発生しているものなので、無理に発熱を抑えることで症状が悪化することがあります。医師と相談の上、必要な薬を処方してもらうようにしましょう。

赤ちゃんはインフルエンザで入院が必要なこともある?

赤ちゃん 病気

また、赤ちゃんは体力がなく、抵抗力も弱いため、肺炎・気管支炎、中耳炎などの合併症を起こしやすいので、高熱やそれ以外の症状が見られたら、早くに対処することが必要です。

けいれんが長く続く場合や意識がもうろうとしている、異常行動をとるなどのときは、インフルエンザ脳症の可能性もあります。けいれんや意識障害など、危険な症状が見られたら、すぐに小児科を受診するようにしましょう。

合併症などにより、呼吸がつらくなっていたり、食欲がなくなって水分を自分で補給できないといった場合には、入院が必要なこともあります。

赤ちゃんのインフルエンザの予防方法は?

赤ちゃん おもちゃ

かかってしまったら赤ちゃんの様子を見ながら、脱水症状に気をつけて看病していくことになりますが、感染する前なら、何よりも赤ちゃんがインフルエンザにかからないことが一番ですよね。日常的にできる予防方法は以下の通りです。

手洗い・うがいをする

風邪の予防と同じく、手洗い・うがいは基本ですね。外から帰ってきたら必ず、手洗い・うがいをする習慣をつけましょう。うがいができない赤ちゃんには薄めの番茶を飲ませるのも方法のひとつです。ママやパパがウイルスを持ち込まないことも重要ですよ。

流行期の外出を控える

流行期には人ごみに出かけないのも、インフルエンザ予防として有効です。病院で感染するリスクも高いので、赤ちゃんと診察待ちしているときは、少し離れた場所に移動するなどの工夫をしてください。パパ・ママの体調が悪いときには、できる限り赤ちゃんを病院には連れていかないようにしましょう。

湿度

インフルエンザウイルスは湿度が高い場所に弱いので、加湿器をおき、部屋の湿度を50~60%に保つようにしましょう。

予防接種

インフルエンザにかかったとしても、予防接種をうけていると症状が重くならずにすみます。予防接種については関連記事に詳しくまとめてありますので、あわせて参考にしてください。生後6ヶ月から接種することができますよ。

赤ちゃんのインフルエンザは早期対処が大切

赤ちゃん9か月 笑顔 元気

赤ちゃんがインフルエンザにならないように、予防することが一番大切です。生後6ヶ月以降であれば赤ちゃん本人、生後6ヶ月未満であれば家族が予防接種を受けることで、インフルエンザにかかる確率を下げられ、発症したときの重症化も防ぐことができます。

それでももしインフルエンザの流行期に突然高熱になったら、早めに病院に行ってくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう