子供に「熱だけ」の症状が…これって風邪?見落としやすい病気を紹介します

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

毎朝の子供の検温で体温計を見ると熱がある。しかし確認できるのは熱だけで、本人の体を見ても目立った症状は出ていないし、食欲もある…。そんなとき、どんな病気なのか分からなくて不安ですよね。そこで今回は、子供の症状が熱だけのときにどんな病気の可能性があるのか、また、病院へ行く目安などをご紹介します。

子供が熱だけ出たとき、体はどんな状態?

熱 子供 体温計

子供の体は自律神経が発達していないため、気温や環境によって、おおよそ35.0~37.4度の間で、体温が大きく変動することがあります(※1)。

暖かい日には体温が高くなり、寒ければ体温も低くなります。また運動すると体温が上がり、精神的なことでも発熱することがあります(※2)。

つまり、熱がいつもより高かったからと言って、必ずしも病気であるわけではありません。

病気によって子供が熱を出すのは、風邪などのウイルスが体内に入った際、体がウイルスを死滅させやすいために体温を上げることが原因です(※2)。

ウイルスや菌が熱の原因の場合、最初は熱だけの症状が出ていたとしても、それに引き続いて感染した菌やウイルスによる症状が現れることがあります。

子供が熱だけしか出ない病気もあるの?

数字 数 クエスチョン はてな

一般的な風邪といわれるウイルス感染症にはさまざまな症状があり、鼻水だけしか出ないこともあれば、熱だけしか出ないこともあります。

また、その他の感染症などでも、感染する人の年齢や免疫力の強さ、湿度や気温などの環境によって、熱だけしか現れなかったり、咳や嘔吐など、他の症状だけが現れたりする場合もあります。

子供に熱だけ出た後に、他の症状が出る病気は?

病院 診察 受診 医師 聴診器

子供の症状が熱だけだと思っていても、後から他の症状が現れることがあります。そのときは、下記のような病気が疑われます。

突発性発疹

突発性発疹は、突然38~40度の高熱が出る病気ですが、高熱の割に比較的元気に見えるのが特徴です(※3)。しかし、不機嫌になったり、眠りが浅くなったり、嘔吐や下痢、痙攣の症状が出たりすることもあります。

熱を主としたこれらの症状は3~4日で治りますが、熱が下がる前後に、首や耳の後ろ、胸、お腹に、色の薄い小さな発疹が現れます。この発疹は2~3日で消えることが多く、跡も残りません(※3)。

インフルエンザ

インフルエンザは、38度以上の熱が出る感染症で、冬に流行します(※4)。

インフルエンザに感染すると、熱が上昇するにつれて、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身のだるさなど、さまざまな症状が現れます。しかし、予防接種をしていると症状が抑えられ、熱だけが出るということもあります。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎は、肺炎マイコプラズマという細菌が肺に感染して炎症を起こす病気です。

肺炎マイコプラズマに感染すると、2〜3週間の潜伏期を経て、発熱や倦怠感、頭痛などの初期症状が現れます。その後、乾いた咳が出るようになり、徐々に強くなっていきます。咳は、熱が下がってからも3~4週間ほど続くことがあります(※5)。

子供の症状が熱だけだと勘違いしやすい病気は?

子供 発熱 高熱 風邪

子供は具合が悪くても、自分の症状を正確に伝えることができないため、頭痛や喉の痛みなどの見た目に出ない症状は、見落としてしまうこともあります。

熱と合わせて他の症状が出るものの、症状によっては見落とす可能性のある病気には、次のようなものがあります。特に乳幼児は、具合の悪い場所を言葉で表すことができないため、ママ・パパがよくみてあげてくださいね。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは、39度前後の熱が出る夏風邪の一種で、上顎の奥の粘膜部分に小さな水ぶくれができるのが特徴です(※3)。

熱以外の症状としては、喉が痛くなったり、食事などを飲み込むときに強い痛みを感じたりといったことがあります(※6)。また乳児では、よだれが多くなることもあります。発熱はだいたい2~4日で改善していきます(※7)。

急性中耳炎

急性中耳炎は、乳幼児がかかると、しばしば39度以上の熱が見られる病気です(※6)。2歳以下の乳幼児で38度以上の熱が3日以上続いていた場合、約半数は急性中耳炎にかかっているというデータもあります(※6)。

主な症状は、発熱、耳の痛み、耳だれで、乳児では不機嫌になったり、耳をよく触るような動きが見られたりします(※6)。

尿路感染症

尿路感染症は、大腸菌などの細菌が尿道から入り、尿管や腎臓に到達することで感染する病気です。感染すると、38度以上の熱が出ます(※8)。

熱が出る以外にも、尿の回数が増え、排尿時に痛みを感じたり、尿が臭くなったりします。1歳までは男の子がかかりやすく、それ以降は女の子に多く見られます(※6)。

菌が腎臓へ達して背中や脇腹が痛くなる、腎盂腎炎を引き起こすこともあります(※9)。

子供が熱だけで元気でも、病院には行ったほうがいい?

先生 医師 病院 はてな ?

子供の症状が熱だけで元気な場合、病院に連れて行く目安は、一般的に4日以上熱が続いているときだとされています。普通の風邪の場合、2~3日で熱が下がることが多いため、それ以上長引くようなら他の病気の疑いがあるためです。

もし子供の症状が熱だけで、元気に走り回っていても、熱が4日以上長引くようなら病院を受診することをおすすめします。

ただし、熱が40度以上の高熱の場合、インフルエンザや水疱瘡、おたふく風邪の可能性があるので、4日を待たず、早めにかかりつけの病院を受診しましょう。

また、もし子供が通う保育園で流行っている病気があったり、家族に感染症にかかっている人がいたりする場合は、熱が出た後すぐに病院を受診した方がいいでしょう。

子供が熱だけの症状でも注意して

女性 虫眼鏡 チェック 注意

子供は大人に比べると免疫力が弱いため、熱だけの症状でもママ・パパは不安ですよね。

ただの風邪ですぐに治るようであればいいですが、4日以上熱が続くようであれば、何か他の病気にかかっているサインかもしません。また、ひょっとしたら症状を見落としている可能性もあるので、熱以外にも症状が出ていないかどうか、注意深くみてあげることが大切ですよ。

つらい症状がおさまり、早く元気になれるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう