赤ちゃんの尿路感染症とは?原因や症状、治療法は?予防できる?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

大人だけではなく、赤ちゃんも発症する「尿路感染症」。尿路感染症は早期に発見し治療にあたることが大切ですが、赤ちゃんは言葉が話せないため、症状が上手く訴えられず、発見が遅れがちです。それでは、どのようなことに注意して、対処していけば良いのでしょうか?今回は赤ちゃんの尿路感染症について、原因や症状、治療法、予防法などをご紹介します。

赤ちゃんの尿路感染症とは?原因は?

赤ちゃん おむつ

尿路感染症とは、おしっこの通り道である尿路に、細菌が感染して炎症を起こす病気です。その約8割が大腸菌によるものです(※1)。

おしっこの出口である尿道口から細菌が侵入して感染しますが、これが膀胱に感染して炎症を起こすと「膀胱炎」、さらに上部の腎臓に感染して炎症を起こすと「腎盂腎炎」になります。

尿路感染症は尿路が短い女性の方がなりやすい病気です。しかし、生後6ヶ月になるまでは男の子の方が発症しやすく、それ以後は女の子がかかりやすいとされています(※2)。

尿路感染症は、排尿機能の未熟など生理的な原因で起こることもあります。

赤ちゃんの尿路感染症の症状は?

新生児 赤ちゃん 発熱 体温計

尿路感染症にかかると、成人の場合は尿の頻度が増え、排尿時に痛みを感じたり、尿が臭くなったりします。しかし、赤ちゃんは症状を言葉で上手く表現できないため、発見が難しく、下部尿路感染症の段階では発熱も伴わないのが一般的でわからないことが多いです(※2)。

感染が上部の尿路に拡大して腎盂腎炎などの上部尿路感染になると、発熱して機嫌が悪くなり、母乳やミルクを飲まなくなることも。嘔吐や下痢などの症状が出ることもありますが、症状だけで赤ちゃんの尿路感染症や腎盂腎炎を診断することは困難です。

赤ちゃんの尿路感染症の診断方法は?

赤ちゃん 診察 受診 ママ 医師 医者

尿路感染症の可能性がある場合、小児科や泌尿器科では、尿の中に細菌がいるかどうかを調べる尿検査を行います。

採尿の方法は色々ありますが、トイレトレーニングがまだ終わっていない赤ちゃんの場合は、採尿パックという小さなビニールパックを尿道口に貼りつけて、尿を採取します(※3)。ただし、赤ちゃんの場合は採尿が難しいという問題があります。

明らかに尿路感染症が疑われる場合、乳児なら入院します。カテーテル(細い管)を尿道から挿入し、膀胱内の尿を採取して細菌の有無を評価します(※3)。

血液検査では、細菌感染の有無をある程度推定することは可能です。発熱した赤ちゃんの検査をする場合は、血液検査と尿検査を同時に行うことが一般的です。(※2)。

赤ちゃんの尿路感染症の治療方法は?

抗生物質 抗生剤 治療 薬

尿路感染症にかかっている場合、抗生物質を内服あるいは注射して治療するのが一般的です。

しかし、生後3ヶ月未満の赤ちゃんや、母乳やミルクを飲むことができず脱水症状のある赤ちゃん、発熱期間が長く重症化の恐れがある赤ちゃんの場合は、点滴治療をするために入院が検討されます(※2)。

生理的な尿路の異常は成長につれて改善することがあるので、自然治癒すると医師が判断すれば、抗菌剤を投与しながら、定期的に膀胱を検査していくこともあります。

赤ちゃんの尿路感染症の予防法は?

ミルク 新生児 赤ちゃん 育児

赤ちゃんの尿路感染症は、生理的な原因で起きている場合があるため、完全に予防することは難しい病気です。ただ、日頃のちょっとした心がけで予防できる可能性はあるので、以下のことに注意してみてください。

尿道口を清潔に保つ

細菌は尿道口から侵入するので、尿道口を清潔に保つことは尿路感染症の予防につながります。

おむつが汚れたら、こまめに取り替えましょう。おむつ替えの際には、細菌が尿道口に付着しないように、前にある尿道から後ろにある肛門の方に向かって、清潔なおしり拭きペーパーで拭いてあげてください。

水分をしっかり与える

水分補給を怠ると、排尿の回数が減って、膀胱内で細菌が増殖しやすくなります。母乳やミルクなどをしっかり与え、おしっこと一緒に膀胱内の細菌を排出させましょう。

赤ちゃんの尿路感染症は早期発見が大切

ママ 赤ちゃん 抱っこ 笑顔 あやす

赤ちゃんの尿路感染症は、重症化する前に、早期に発見し治療にあたることが肝心です。

排尿時の痛みは、赤ちゃんは言葉で上手く伝えられません。風邪の症状がないのに、熱が出てぐったりしているときなどは、尿路感染症の疑いがあるので、すぐに病院を受診しましょう。

普段から赤ちゃんの様子をしっかり観察して、体調の変化にいち早く気づいてあげたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう