赤ちゃんへの座薬の使い方まとめ!入れ方や使うタイミングは?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんが発熱して病院を受診すると、座薬を処方されることがありますよね。しかし医師から「座薬を一応出しておきます」と言われると、まだ座薬を赤ちゃんに使ったことのないママは、入れ方や使うタイミングを迷ってしまうのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんに座薬を使うタイミングや入れ方、使い方の注意点についてご説明します。

座薬とは?解熱剤としての効果がある?

女性 記号 疑問 クエスチョン

「座薬(坐薬)」とは肛門から挿入して使う薬の総称で、解熱剤や吐き気止め、抗けいれん薬が代表的なものです。

薬の成分が腸から直接吸収されるので、飲み薬に比べて確実に体に入り、効き目が良いことがメリットです。

解熱剤の座薬は、処方されたからといって必ず使わなければいけないものではありません。特に赤ちゃんには、発熱したらすぐに座薬を使用することはおすすめしません。

一般的には、以下のような症状が見られ、一時的にでも熱を下げた方がよいと考えられる場合に使用します。

● 38.5℃以上の高熱でぐったりしている
● 熱のせいで不機嫌になり、水分も十分取れていない
● 熱のせいで眠れない

医師から座薬を処方されたときに、赤ちゃんの熱が何度以上になったら使用したほうがいいのか、よく確認しておくことが大切です。

これから熱が上がるかもしれないと思って、自己判断で赤ちゃんに座薬を使うのは、やめましょう。

赤ちゃんに座薬を使うタイミングは?

時計

座薬は熱が上がっている途中に使用しても、あまり効果はありません。赤ちゃんの熱がピークになってから使用するのが適切なタイミングです。

発熱するときに寒気が出ることがありますが、寒気の症状があるうちは、まだ熱が上がりきっていません。

赤ちゃんの手足が冷たいときは、これから熱が上がると予想されます。このときはまだ座薬は使わず、しばらく赤ちゃんの様子をみましょう。

一般的に、座薬を使用しても熱が下がらなかった場合、2回目の座薬の使用までは最低6時間以上あけます。

赤ちゃんの座薬は、1日3回までの使用に留めたほうがいいとされています。しかし、赤ちゃんの症状や薬の種類によって座薬の使用限度回数や間隔は異なるので、医師にしっかり確認しておきましょう。

赤ちゃんの座薬の入れ方は?

新生児 医師 オムツ替え 診察 赤ちゃん

初めて赤ちゃんの肛門に座薬を入れるときは、緊張するかもしれません。もし失敗してもやり直すことができるので、落ち着いてくださいね。

ここでは、赤ちゃんの座薬の正しい入れ方を、順を追ってご紹介します。

1. 赤ちゃんの熱を測る

赤ちゃんの熱が下がる気配がなく、38.5度以上の熱があるなら座薬を使用します。

赤ちゃんの熱が下がってきている場合は、座薬を使用せず様子を見ましょう。

2. 手を清潔にし、座薬を準備する

座薬は冷蔵保存が基本なので、使う直前に冷蔵庫から出します。座薬を扱うときは、手を清潔な状態にしておきましょう。

そのままの状態だと座薬は挿入しにくく、赤ちゃんが痛がることもあります。先端を少し溶かしたり、オリーブオイル・ベビーオイルを塗ったりしてから使用してください。

3. 肛門へ挿入する

赤ちゃんを仰向けのおむつ替えの体勢にして、座薬を肛門の中へ一気に入れます。座薬はロケットのような形をしているので、とがった方から入れます。

4. 挿入後は肛門を押さえる

入れた直後の座薬は出てきやすいので、1分間ほど赤ちゃんの肛門を押さえておきます。

赤ちゃんが下痢気味のときや排尿が心配なときは、おむつの上から押さえましょう。座薬を入れた時間はメモしておきます。

もし赤ちゃんに座薬を入れた直後に出てしまった場合、座薬が溶けずに出てきていたら、出てきた座薬か新しい座薬をもう一度挿入してください。

ただし、5分以上たってから座薬が出た場合は、薬は溶けて吸収されています。再挿入せず、様子を見ましょう。

座薬の溶けたものが出てきた場合でも、薬の成分は吸収されているので入れ直さなくても大丈夫です。

赤ちゃんに座薬を使うときの注意点は?

女性 ノート 記録 メモ

赤ちゃんに座薬を使うときは、下記のポイントに気をつけてください。

熱があるからといってすぐに使用しない

熱が出るというのは、赤ちゃんが体の中に入ったウイルスや細菌と闘っているサインです。体温を上げることで、ウイルスや細菌を殺そうとしています。

座薬で熱を下げると一時的に赤ちゃんの体は楽になるものの、ウイルス自体はまだ弱まっていないので、座薬の効果が切れた頃にまた熱が上がることもあります。

赤ちゃんに熱があったとしても、以下のような状態であれば、体の抵抗力をつけるためにも、なるべく座薬を使わないようにすることをおすすめします。

● 元気で食欲がある
● 水分が取れている
● 呼吸、意識が正常
● にこにこ笑うなど機嫌がいい

衛生面に気をつける

座薬は肛門から挿入するものなので、清潔な手で扱うようにしましょう。

座薬を挿入する前は、手をよく洗い、清潔なタオルやペーパータオルで拭きます。座薬を挿入した後も、すぐに手を洗うようにしましょう。

座薬を半分または2/3使う場合は、パッケージごと清潔なハサミやカッターで切り、先端側のみを使います。残りは処分するようにしましょう。

保管方法

座薬は必ず冷蔵庫で保管します。使用する直前に冷蔵庫から出すようにしましょう。

座薬には使用期限があるので、使用期限を確認するのを忘れないでくださいね。

赤ちゃんの様子を見ながら座薬を入れる判断をしよう

赤ちゃん 寝かしつけ ママ 寝る 睡眠 就寝

赤ちゃんに解熱剤の座薬を使用するかどうかは、ママの判断次第です。

赤ちゃんが高熱を出すと動揺してしまうかもしれませんが、すぐに座薬を使用するのではなく、赤ちゃんの機嫌や状態をよく見て、必要に応じて正しいタイミングで座薬を使用してください。

赤ちゃんに座薬を挿入しても、なかなか熱が下がらないときや、上手に使用できないときは、小児科の医師に相談するようにしましょう。

座薬は一時的に熱を下げるもので、病気を根本的に治すものではありません。

座薬だけに頼らず、処方されたほかの薬も医師の指示通りに飲ませましょう。赤ちゃんの症状をこまめにチェックして、水分補給や室温管理にも気を配るようにしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう