帝王切開のリスクとは?母体や胎児の危険性は?後遺症は出る?

妊婦さんのなかには「帝王切開になるかも」と聞くと、不安になってしまう人もいるかと思います。確かに帝王切開にはいくつかのリスクが伴なうのですが、今や5人に1人の赤ちゃんが「帝王切開」で生まれており(※1)、多くのママが帝王切開で元気な赤ちゃんを出産しています。今回はどんな場合に帝王切開を行うのか、赤ちゃんや母体にどんなリスクがあるのかなどをご紹介します。

そもそも帝王切開とは?

妊婦 お腹 クエスチョン 疑問 はてな

帝王切開とは、出産時にママのお腹と子宮を切開して、直接赤ちゃんを取り出す手術のことです。一般的には、経腟分娩を行うのが難しいと思われる問題が胎児か母体のどちらかに生じたときに、医師から帝王切開を勧められます。

経腟分娩とは違って、陣痛を待たずに決められた日程で帝王切開が行われます。手術は1時間ほどで終わり、出産に関する赤ちゃんへの負担が少なくて済むというメリットがあります。

経腟分娩にリスクが伴う場合に帝王切開が選ばれる?

リスク

帝王切開が行われるのは、経膣分娩を行うとリスクがあると医師が事前に判断した場合か、経膣分娩中にリスクが表面化した場合です。それぞれ「予定帝王切開」「緊急帝王切開」と呼ばれています。

予定帝王切開

経膣分娩を行うリスクが高いと事前に判断した場合、手術予定日を決めて帝王切開を行います。これは予定帝王切開と呼ばれますが、主に妊娠37~38週頃に手術が行われます。

予定帝王切開の原因としては、赤ちゃんの頭の位置が下に来ていない「逆子」、赤ちゃんの推定体重が4,000g以上である「巨大児」、双子や三つ子を妊娠している「多胎妊娠」などが挙げられます。

また、一度帝王切開を経験している場合も、子宮破裂のリスクを避けるため予定帝王切開を行うことがあります。

緊急帝王切開

経膣分娩中にリスクが表面化して行われる帝王切開は、緊急帝王切開と呼ばれます。

分娩中に、へその緒が赤ちゃんより先に子宮口まで下がってきたり、胎盤機能が低下して赤ちゃんが低酸素状態になったりした場合や、出生前に胎盤が剥がれる常位胎盤早期剥離が見られた場合などに、緊急的に帝王切開が行われます。

帝王切開に伴う赤ちゃんへのリスクは?後遺症は?

妊婦 胎児 エコー写真 確認

経腟分娩のリスクを回避するために選択される帝王切開でも、「お腹を切ってしまうことで新たがリスクが生まれるのでは?」という不安があるかと思います。まず赤ちゃんへのリスクが気になるところですが、帝王切開を行うと、赤ちゃんが一過性多呼吸になることがあります。

一過性多呼吸とは、生まれた後に肺に余分な羊水が残り、呼吸困難に一時的に陥る症状のことです。ただし、酸素投与を行うなどきちんと対処すれば、多くの場合2~3日以内に治まり、後遺症が残ることはほとんどありません(※2,3)。

また、帝王切開で早めに生まれると、赤ちゃんが低血糖や低体温になることがあります(※4)。

帝王切開に伴う母体へのリスクは?

妊婦 妊娠 妊婦検診 病院 医者 受診 診断

帝王切開は母体へのリスクがさまざまあり、場合によっては命にかかわる重篤な症状が現れます。具体的には、以下のようなリスクがあります(※5,6)。

・手術による裂傷で、大量出血が起きる可能性がある
・血栓症になりやすくなる
・傷口部分の子宮の壁が薄くなるため、次回以降の出産で子宮破裂が起きる可能性が上がる
・術後癒着が起き、腸閉塞や不妊症になる可能性がある
・麻酔の使用により、低血圧や頭痛、嘔吐などの合併症が起きる可能性がある

ただし、基本的に経膣分娩の方が帝王切開よりもリスクが高いと判断された場合に、帝王切開が行われます。不明な点があれば、遠慮せず医師に尋ねるようにしましょう。分娩中に急に帝王切開に切り替わることもあるので、分からないことはできるだけ早めに聞いておくことが大切です。

帝王切開のリスクは事前に知っておこう

夫婦 相談 受診 医師 病院 カウンセリング 不妊

「お腹を切る帝王切開は、普通の出産とは違う」とネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、帝王切開は状況によっては自然分娩よりリスクが少なく、赤ちゃんを無事に産むのを助けてくれる分娩方法です。

帝王切開は、妊娠経過がどんなに順調な妊婦さんでも起こりえます。帝王切開になっても落ち着いて状況把握できるように、どんなリスクがあるのかを事前に知っておきましょう。

出産前の準備をしっかり行い、できるだけ心に余裕のある状態で出産に臨むことができるといいですね。

※1参考文献: 厚生労働省 平成22年度我が国の保健統計※2参考文献: メルクマニュアル医学百科 家庭版 一過性多呼吸※3参考文献: 大津赤十字病院 新生児一過性多呼吸※4参考文献: 近畿中央病院 『こちら、よんひがしです』※5参考文献: 日本産婦人科医会 産科医療のインフォームド・コンセント(2)帝王切開※6参考文献: 生駒市立病院 妊娠・出産Q&A

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい