高齢出産で二人目!体験談で知りたい、不妊やダウン症のリスクは?

「二人目が欲しいけれど、年齢的に厳しいかな…」と、迷っている人も多いかもしれません。実際のところ、高齢で二人目を妊娠・出産する場合、どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか?今回は、二人目妊娠で高齢出産をした先輩ママの体験談を交えながら、出産前に知っておきたい二人目の高齢出産のリスクなどについてご説明します。

二人目は何歳からが高齢出産?

二人目 妊娠 家族 ライフプラン

日本産科婦人科学会の定義では、35歳以上ではじめて出産する女性を「高年初産婦」といいます(※1)。

経産婦について、日本では年齢に関する定義はありませんが、国際産婦人科連合(FIGO)は、35歳以上の初産婦、40歳以上の経産婦を「高齢出産」と定義しています。

つまり国際的には、40歳以上で二人目を出産する場合、高齢出産と考えられているということです。

何人目の妊娠・出産にせよ、35歳以上になると胎児の先天性異常や流産、母体の病気リスクが高まるため、健康管理に気をつけて出産に臨むことが大切です(※2)。

高齢出産の二人目は妊娠しにくい?

赤ちゃん ぬいぐるみ くま

そもそも35歳以上になると、二人目での妊娠を目指して妊活していてもなかなか妊娠しづらく、いわゆる「二人目不妊」で悩む夫婦も多くいます。

高齢出産での二人目不妊に悩んだ先輩ママは多く、不妊治療を経験した人も少なくないようです。

半年経っても妊娠できず…

27歳で結婚し、すぐに一人目を出産しました。お産が大変だったこともあり、「しばらく二人目はいいや」と思っていたのですが、38歳になって急に子供が欲しいと思うようになりました。排卵日に合わせてタイミングを計ってみたものの、半年経っても妊娠せず、検査をうけると無排卵だとわかりました…。

体外受精ではうまくいかず、顕微授精を5回行って妊娠しました。気持ちが揺らぎ、つらかったこともありましたが、40歳で無事に二人目を出産することができました。

すぐ体外受精に切り替えました

35歳のとき、不妊治療を経て一人目を授かりました。すぐに二人目が欲しいと思い、生理再開後すぐにお世話になったクリニックへの通院を再開しました。

人工授精を2回したのち、すぐに体外受精に切り替え、無事に二人目を妊娠しました。不妊治療の費用は高額でしたが、子供たちの笑顔を見るたびに頑張ってよかったと思えます。

年齢を重ねると精子と卵子の機能が衰え、体外受精などの技術を使っても、妊娠する確率が下がってしまいます。日本生殖医学会は、35歳以上の場合、避妊せずに性交をしてから半年経っても妊娠しないときには、産婦人科で相談することを推奨しています(※3)。

高齢出産の二人目だと病気にかかりやすい?

女性 腰痛

高齢出産は母体への負担が大きく、妊娠中に体調を崩したり、病気にかかったりしやすくなります。

特に、35歳以上の妊婦さんは「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」のリスクが高く、これらの病気はママと赤ちゃんの両方の命に関わる恐れもあるため注意が必要です(※2)。

妊娠してすぐ風邪に

41歳で二人目を妊娠しました。一人目を産んでから10年も経っていたので体力が落ちており、妊娠してすぐに風邪をひいて大変な目にあいました。妊娠すると免疫力が低下するとは聞いていましたが、一人目のときは全くトラブルがなかったので、「歳をとったな」と実感しました。

一人目のときは大丈夫だったのに…

一人目のときは尿たんぱくも血圧も全く問題なかったのですが、二人目を妊娠した直後に体がものすごくむくむようになりました。お医者さんに相談したところ、妊娠高血圧症候群であることがわかり、産後まで気が抜けず、苦しい思いをしました。

高齢出産の二人目はダウン症の確率が高い?

女性 パソコン 調べる 妊婦

高齢出産の場合、何人目の出産であっても、胎児に染色体異常が起きるリスクが高まります(※2)。

染色体異常の原因は様々ありますが、加齢による卵子や精子の機能低下も原因のひとつと考えられています。

出産前に18トリソミーと判明

44歳で自然妊娠、高齢出産をしました。予定日の8週前に18トリソミーと判明し、胸水による心拍低下で予定日よりも3週早く緊急帝王切開で出産しました。生まれた子には障害がありますが、家族で話し合った上での出産だったので、夫婦で協力して子育てをしています。

先天性の病気や染色体異常がないかどうかは、出生前診断によってわかる場合もあります。

ただし、出生前診断を受けるかどうか、また結果が出たらどう受け止めるかについてはパートナーや家族とよく話し合い、専門医から適切な遺伝カウンセリングを受けたうえで検討しましょう。

高齢出産の二人目は、流産しやすい?

女性 憂鬱 不安

高齢での妊娠は、流産のリスクが高くなります(※2)。これは、先述のとおり加齢が原因で胎児の染色体に異常が起こる頻度が上がるためです。

一般的に、年齢に関係なく妊娠の約15%で流産が起きますが、年齢別で見ると35〜39歳の流産率は20%、40歳以上では40%というデータもあります(※4)。

流産を二度経験

一人目は難なく授かったものの、その後2回流産を経験しました。妊娠検査薬で妊娠が判明した直後に病院を受診したところ、不育症だとわかりました。妊娠後すぐに対処できたので、無事に子供が育ちましたが、あのとき病院に行っていなかったらと思うと、ぞっとします。

妊娠・出産は奇跡

一人目がなんの問題もなく生まれたので、「いつでも妊娠できる、無事生まれてくるのが当たり前」と思っていました。37歳のときに二人目をと思い、無事妊娠しましたが、11週で流産してしまいました。その後無事に二人目を授かりましたが、妊娠・出産できるのは当たり前ではないと実感しました。

染色体異常による流産は、妊婦さんの努力によって防げるものではありませんが、年齢が上がるにつれて流産のリスクも高くなるということについては、知っておきたいですね。

二人目が高齢出産だと、上の子のお世話が大変?

子供 兄弟 写真 男の子3歳 男の子1歳

二人目が高齢出産の場合、「以前よりも体力の衰えを感じた」「二人の子供の遊び相手をするだけでヘトヘト」という先輩ママも多いようです。

二人の夜泣きで寝不足に

一人目を37歳、二人目を38歳で出産しました。下の子の授乳中に上の子の夜泣きがはじまり、いつ寝ているのかよくわからない状態でした。二人の子供をあやしながら、気づくと眠ってしまっていたこともあります。20代は寝なくても平気だったので、体力には自信があったのですが、年齢には勝てませんでした。

無事に二人目を授かったとして、子供が育ち盛りの時期を迎えたときの自分やパートナーの年齢、生活環境などを考えて、体力的に無理のない育児をする方法を夫婦で話し合っておきたいですね。

高齢出産の二人目は、うれしいことも

男の子 兄弟 二人目

一人目を出産したあと、かなり年月が経って二人目を授かった、という先輩ママもたくさんいます。その場合、上の子にとっても歳の離れた赤ちゃんが家にやってくることになりますが、これがいい影響を与えることもあります。

たとえば、「どうやって自分がこの世に命を授かり、どのように育てられたか」を知る機会になります。また、積極的に赤ちゃんの面倒を見てくれるなど、急に上の子の成長を感じた、という先輩ママも少なくありません。

反抗期の長女も穏やかに

私が二人目を妊娠したのは、40歳のときでした。上の娘はすでに15歳。二人目の娘を出産した後、長女がおむつ替えや買い物など、たくさん手伝ってくれました。長女はその時期反抗期だったのですが、赤ちゃんと触れ合うことで穏やかになりました。

高齢出産の二人目は夫婦で相談を

家族 夫婦 親子 妊婦 二人目 2人目

高齢での出産は、妊娠中の病気や流産、胎児の染色体異常などのリスクが高くなることは事実です。しかし、近年では出産年齢の高齢化が進んでおり、35歳を過ぎても無事に出産するママも多くいます。

体力的なことも考えると、二人目が高齢出産となる場合、旦那さんなど身近な人のサポートも大切です。妊娠中の無理のない過ごし方や、産後の家事・育児分担など、ママばかりに負担がかからないよう夫婦でよく話し合ったうえで、生まれてくる赤ちゃんを温かく迎えてあげたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう