妊娠初期症状と風邪の見分け方。違いは喉の痛みや咳、鼻水?

「風邪かな?」と思っても、それほど症状はひどくないような…。そんなときは、もしかしたら妊娠しているかもしれませんよ。妊娠すると体内のホルモンバランスが変化し始めます。このときに現れる症状は「妊娠初期症状」と呼ばれ、風邪と似たような症状が現れるので見分けるのが難しいのです。そこで今回は、妊娠初期症状と風邪の見分け方について、同じような症状にどんなものがあるのか、違いはあるのかなどをご説明します。

妊娠初期症状とは?

女性 風邪 発熱 体調不良

女性の体は、生理周期に合わせて高温期と低温期を繰り返します。排卵に向けて基礎体温が上がって高温期になり、妊娠せずに生理が来ると基礎体温が下がって低温期に入ります。しかし、妊娠すると高温期の状態が維持され、妊娠を継続するための準備が整います。そのときに付随して現れるのが妊娠初期症状。高温期が続くと体がほてり、熱っぽさやだるさを感じるので、風邪を引いたような感覚に襲われます。

主な妊娠初期症状

● 微熱が続く
● 鼻水・くしゃみ
● 頭痛
● 腰痛
● 疲労感
● 吐き気

妊娠を意識していないと、風邪と間違えてしまう症状ばかりですね。風邪だと思って薬を服用しようと思う方もいるかもしれませんが、もし妊娠していたら風邪の対処をしても意味はありません。きちんと対応するためにも妊娠初期症状なのか、風邪の症状なのかを見分ける必要があります。


妊娠初期症状と風邪の違いは?喉の痛みや咳、鼻水は?

風邪 女性 病気 くしゃみ

妊娠初期症状は妊娠によるホルモンバランスや自律神経の乱れが原因で、風邪はウイルスへの防衛反応が原因で起こる症状です。そのため、ウイルスが原因で発症する風邪には発熱や疲労感、頭がボーっとするなどの症状だけではなく、喉の炎症による喉の痛みや咳などが起こります。喉の痛みや咳はウイルスのせいなので、妊娠初期症状では表れないのが特徴です。

妊娠初期症状であれば鼻水や鼻づまりも現れないという方もいますが、妊婦さんの中には自律神経の乱れで妊娠性鼻炎を引き起こすことも。今まで鼻炎ではなかった人が妊娠をきっかけに鼻炎になることもあるんです。鼻水、鼻づまり、くしゃみなど、一般的な鼻炎と同じ症状が出るので、鼻水や鼻づまりがあるから風邪だと単純には判断できません。

妊娠初期症状と風邪を見分けるときのポイントは?

赤ちゃん 歯磨き ポイント 電球 ひらめき

現れている症状だけで妊娠初期症状と風邪を見分けるのは難しいもの。できれば上記の症状だけではなく、妊娠している可能性があるかどうかを以下のポイントを踏まえて判断してください。

● 生理予定日の前後で性交渉があった
● 生理が遅れている
● 着床出血があった
● 乳房の腫れや痛みがある
● 突然、食べ物の嗜好が変わる
● 感情が不安定になる
● 匂いに敏感になる

これらに思い当たる節があれば、妊娠している可能性もあります。薬を飲む前に病院の先生に相談してみましょう。念のため妊娠していても飲める薬を処方してもらうと安心ですね。

日頃から基礎体温の記録を残しておこう

妊娠初期症状が現れる段階では、本当に妊娠しているかどうかを判断するのは困難です。ただ、日頃から基礎体温を記録しておくと、基礎体温の変化を見て妊娠しているかどうかの検討がつきやすくなりますよ。自分の体調を理解しておけば、「もしかしたら」というときにも焦らずに対処できますね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい