妊娠時の基礎体温グラフは?妊娠超初期の体温はどう変化するの?

妊活中の女性にとって、排卵日を過ぎて生理予定日にも生理がこなかったら、妊娠したかどうか気になりますよね。妊娠検査薬を使う前に結果を知りたいという人は、「基礎体温グラフ」を意識する人も多いでしょう。今回は妊娠超初期に基礎体温はどう変わるのか、妊娠時の基礎体温グラフはどうなるのか、妊娠初期は体温がどう変化していくのかをまとめました。

そもそも基礎体温とは?

体温 測る

基礎体温とは、寝起き直後の体が一番安静な状態にあるときの体温のことを指します。人間が活動する上で必要最低限の体温です。

正しく測るには、朝目を覚ましたときに体を動かさず、寝たままの状態で舌の裏側に基礎体温計を当てて測定する必要があります。

女性の基礎体温は生理周期によって、体温が低い「低体温期」と、低温期から0.3~0.5度高くなる「高温期」の二相に分かれるのが特徴です。

高温期、低温期はどんな状態?

排卵周期 基礎体温グラフ

ホルモンバランスが良いと、基礎体温は高温期と低温期に綺麗に分かれます。それぞれ高温期、低温期には女性の体は次のようになっています。

低温期

低温期とは、生理開始~次の排卵日までのことを指します。エストロゲン量が増加しており、体が低温の状態が続きます。この低温期の終盤に急に体温が下がる日があり、この日が排卵日となります。

高温期

高温期は、排卵日~次の生理までの期間にみられます。排卵して、黄体ホルモンが増える時期に体温が上昇する仕組みになっています。

妊娠したときの基礎体温グラフは?

妊娠初期 妊婦

気になるのは妊娠したときの基礎体温グラフですが、特徴としては次のようなものが挙げられます。

● 高温期が14日以上続く
● 普段の基礎体温よりも0.5度〜1.0度高くなる

高温期で増加している黄体ホルモン(プロゲステロン)は、主に受精卵が着床しやすいよう子宮内膜をやわらかくし、体温を上げる作用があるホルモンです。妊娠が成立しなかったときはプロゲステロンが減少し、生理を起こすと同時に低温期に入ります。

しかし、受精卵が着床すると受精卵の発育のため、プロゲステロンの分泌量は減らず、しばらく高温期が続くのです。

個人差はあって一概には言えませんが、「妊娠しているかどうかは、高温期が普段よりも長く続いているかで判断できる」と覚えておきましょう。

妊娠超初期症状で基礎体温グラフはどうなる?下がるの?

インプランテーションディップ グラフ

妊娠超初期は、妊娠0週~4週の時期を指します。妊娠3週頃に受精卵が子宮内膜に着床しますが、まだ妊娠検査薬も反応しないので、妊娠しているかどうかを知るには、妊娠超初期症状として基礎体温の変化などに注目するしかありません。

個人差はありますが、上図のように、妊娠すると高温期の途中で突然体温が下がる日があるといわれています。これをインプランテーションディップと呼びます。

ただし、医学的に証明されている症状ではありませんし、インプランテーションディップがなくても妊娠したという人がほとんど。妊娠兆候の一つとして参考程度に考えてくださいね。

妊娠初期に入ると基礎体温が下がるの?

? 疑問

妊娠検査薬で陽性反応を示し、婦人科を受診して医師からも妊娠診断をされたあとも、基礎体温は高い状態が維持されています。しかし、妊娠初期に基礎体温が下がることも。主に以下3つの原因があります。

胎盤が完成してきたから

妊娠すると黄体ホルモンであるプロゲステロンが増加し、胎盤が作られていきます。しかし、胎盤が完成するとプロゲステロンが胎盤から分泌されるようになるため、体に及ぼす作用が小さくなり、基礎体温が下がります。

早い人だと妊娠12~15週くらいから、遅い人だと妊娠20週頃には基礎体温が低下していきます。

「赤ちゃんに何かあったのでは!?」と心配になる妊婦さんも多いと思いますが、妊婦健診で赤ちゃんの様子が確認できていたら問題ありません。

流産の可能性

ただ、妊娠12週よりもっと前に基礎体温が低下してしまったときには流産の可能性もあります。高温期が続く必要がある時期に基礎体温の低下が見られたら産婦人科を受診するようにしましょう。

基礎体温の測り方がよくなかったとき

基礎体温はその日の体調によっても左右されるほど、敏感に反応します。毎朝同じ時間、寝起きに寝たままで、舌の裏側の筋の根元に基礎体温計を当てる、などに注意しましょう。

うまく測れなかったときには測り直しても構いませんが、ちょっと体を動かすだけ、口を開いていた時間が長かっただけでも基礎体温は変化するので、神経質になりすぎないのがコツですよ。

妊娠超初期は基礎体温以外にも変化がある?

違い ランプ 発見 効果

妊娠超初期症状としては、基礎体温グラフの変化にも見られますが、他にも下記のような症状が出ることがあります。いくつか組み合わせて、妊娠の兆候をつかんでくださいね。

● 微量の出血がある
● 胸が張る、痛くなる
● 身体がだるい、眠い
● 味覚、嗅覚が変わる
● 感情が高ぶりやすくなる
● 腰痛

基礎体温が14日以上高いままなら、早期妊娠検査薬が使える?

女性 妊娠検査薬 妊娠判定

高温期が14日以上続いたら、すぐに妊娠検査薬で調べたくなりますよね。

しかし、一般的な妊娠検査薬で正確に診断できるのは、生理予定日の1週間後です。高温期14日目が生理予定日にあたるので、妊娠検査薬が使えるのは「高温期が3週間以上続いたとき」。

気持ちが焦るあまり、高温期14日目を過ぎたらすぐに妊娠検査薬を使いたくなってしまいますが、フライングで検査すると妊娠しているのに陽性反応が現れないということもあるので、注意してくださいね。

どうしても早く知りたいという人は、一般の妊娠検査薬よりも感度が高く、生理予定日の少し前から使える「早期妊娠検査薬」を使ってみてはいかがでしょうか。

妊娠超初期の基礎体温が高くても流産の可能性はあるの?

妊娠検査薬 注意

高温期が続いていて「妊娠した!」と思っても、全妊娠の約15%の確率で流産が起きます。通常、流産になるとホルモンバランスが変化して基礎体温が下がります。

しかし、流産のなかでも母体内で赤ちゃんが亡くなってしまう「稽留流産」の場合は、胎児が死亡したままお腹の中に存在しているので、高温期が続くこともあります。また、子宮外妊娠の場合も高温期が続きます。

そのため、早期妊娠検査薬や妊娠検査薬で陽性が出ても、妊娠したかどうかを正確に判断するためには、早めに産婦人科を受診しましょう。

基礎体温の計測は妊娠超初期以降も大切

基礎体温 体温計

妊娠超初期を過ぎてからも基礎体温を測っておくことは、妊娠生活の体調管理にとって大切なことです。お腹の赤ちゃんや自分自身の健康のためにも役立ちますし、何よりお腹の赤ちゃんに何か異常があったときにもすぐに気づくきっかけになります。

基礎体温は日頃の体調変化に敏感なため、自分の基礎体温グラフを把握するためには3周期(3ヶ月)くらいは測っておきたいところ。妊娠中も役立てるように、日ごろから基礎体温を計測することをおすすめします。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい