未熟児養育医療制度とは?対象となる症状や申請方法は?

早産などで小さく産まれた赤ちゃんは、体の機能が未熟なことが多く、NICU(新生児集中治療室)で治療を受けることがほとんどです。しばらく入院が必要なこともありますが、そんなときに、条件を満たしていれば入院費や治療費を国が助成してくれる制度があります。今回は、その「未熟児養育医療制度」について、対象となる症状や申請方法、注意点などをまとめました。

未熟児養育医療制度とは?

疑問 答え アンサー クエスチョン ファイル

未熟児養育医療制度とは、体重が著しく低い、または呼吸器や循環器、消化器などで発育が遅く未熟な赤ちゃん(未熟児)に対して、適切な処置を行うための入院費や治療費を国が一部、または全額負担する制度です。

住んでいる地域によって内容が多少異なることや、保護者の所得によって金額が変わる場合があります。入院中の生活や治療内容によっては自己負担が必要なものもありますが、乳幼児の医療費助成の対象となる内容がほとんどですよ。

未熟児養育医療制度の対象となる症状は?

未熟児 NICU 保育器

未熟児養育医療制度の対象となるのは、条件に当てはまる未熟児のうち、赤ちゃんが入院して養育を受ける必要があると医師が判断した場合に限ります。

以下に、対象となる症状をまとめたので参考にしてください。

未熟児養育医療制度の対象

● 出生時の体重が2,000グラム以下
● けいれんがある、運動が少ない
● 体温が34度以下
● 強度のチアノーゼが持続する、チアノーゼ発作をくり返すなどの呼吸器系、循環器系の異常
● 生後24時間以上排便がない
● 生後48時間以上嘔吐を繰り返す
● 血性嘔吐、血性便があるなど消化器系の異常
● 強い黄疸(おうだん)が生後すぐに現れる

※自治体によって一部対象外の症状もあります。

未熟児養育医療制度の申請方法は?

手 書類

ここでは、未熟児養育医療制度を申請する方法や期限、持ち物などをご紹介します。一般的な流れや期日、必要な物をまとめていますが、自治体によって異なる部分があります。病院か自治体の窓口で確認をしてから手続きを行いましょう。

未熟児養育医療制度は、出生届を提出し、赤ちゃんが健康保険に加入している必要があります。

申請の流れ

1. 病院で意見書を記入してもらい、住んでいる自治体で手続きを行う
2. 意見書をもとに給付対象であるか審査をする
3. 審査が結果がきて通った場合、医療券を受け取る

申請期限

自治体によって異なりますが、なるべく早めに申請しましょう。生まれてから2週間以内が期限の地域もあります。

提出先

住んでいる市区町村の役場窓口、または保健センター

申請書類

● 養育医療費給付申請書
● 養育医療意見書
● 世帯調査書

必要な持ちもの

● 赤ちゃんの健康保険証
● 印鑑
● 所得証明書(源泉徴収票のコピー、自営業の場合は前年分の確定申告書のコピーなど)
● 住民税の課税証明書(免除中の場合は、非課税証明書)
● 個人ナンバー
● 生活保護を受けている場合は、受給証明書

未熟児養育医療制度を申請するときの注意点は?

チェック カレンダー 予定

未熟児養育医療制度を申請するときの注意点は、行政によっては手続きが遅れると補助が受けられない、指定の病院でなければ補助が受けられないなどの条件があることです。

また、手続きのために、養育医療給付申請書、養育医療意見書、世帯調査書、所得税額証明書などが必要になりますが、書類を揃えるまでに時間がかかることもあります。提出期限も自治体によって異なるので、基本は赤ちゃんが産まれて医師から診断がおりたら、すぐに手続きの準備をはじめましょう。

妊婦健診で、未熟児で生まれる可能性があると診断されている場合は、念のために妊娠中から情報収集だけでもしておくといいかもしれません。

未熟児養育医療制度は家族と協力して申請準備や手続きを行おう

子供 手 家族

未熟児養育医療制度は、申請する時期がママの入院中ということがほとんど。退院してからも期限内であれば申請することはできますが、赤ちゃんがまだ入院していてママがお世話に通っていたり、ママの体が回復しきれていなかったりと、落ち着かない状況が続いています。

未熟児養育医療制度をはじめ、この時期に必要な赤ちゃんに関する申請関係は、なるべく、パパや両親など、頼れる家族に協力してもらいながら進めるようにしましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう