妊婦歯科健診とは?時期はいつからいつまで?内容や費用は?

監修医師 歯科医師 茂山 久夫
茂山 久夫 九州歯科大学卒業後、同歯周病科にて4年間診療、その後開業医での勤務を経て、現在は福岡県中間市にて診療を行う。日本歯周病学会、J.A.C.D(The Japanese Academy of Compre... 監修記事一覧へ

妊娠したら、定期的に婦人科で妊婦健診を受けますが、歯科健診を受けるのはまだあまり浸透していません。しかし、妊娠中の歯科健診は赤ちゃんのためにも大切なものです。目的をしっかりと理解して、きちんと受診したいですね。今回は妊婦歯科健診について、目的や内容、受診する時期などについてご説明します。

妊婦歯科健診とは?

妊婦 歯医者 歯科検診 虫歯

産婦人科で受ける「妊婦健診」は、一般的に全14回、無料で受けられるように厚生労働省によって定められたものです(※1)。問診や検査を通して、妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康状態を確認します。

一方、妊婦歯科健診は、いつも妊婦健診を受けている産婦人科ではなく、歯科医院で受ける歯に特化した健診です。受診は任意ですが、なかには妊婦さん向けの集団歯科健診を実施している自治体もあります。

妊娠中は虫歯になりやすいの?

医療 治療 歯 体

妊娠すると、環境や生活がガラリと変わります。食事回数や食べるものも変わり、つわりが辛くて歯磨きが十分行えないことも。さらに、女性ホルモンが増えることで、歯周病のもとになる菌が増殖し、唾液の量も減るため、口内が細菌にとって活動しやすい状態になるのです。

このように様々な要因が重なるため、妊娠中は虫歯や歯肉炎といった口内のトラブルが起きやすい状態といえます。

妊婦歯科健診の目的は?

女性 疑問 謎 アイディア ポイント 電球

妊婦さんに口内トラブルが起きやすいことは先に説明しましたが、妊婦歯科健診にはどのような目的があるのでしょうか。

早産を防ぐため

妊婦さんが歯周病にかかると、低体重児や早産のリスクが高まることが分かっています。その確率は、歯周病ではない妊婦さんの約7倍。喫煙やアルコールの摂取よりも高い確率です(※2)。

歯周病は発見すれば治療もできますし、予防することも可能ですが、自覚症状がなく、自分では発見しにくい病気です。妊婦歯科健診を受けることで、歯周病を確実に予防しましょう。

胎児への影響を防ぐため

「ミュータンスレンサ球菌」と呼ばれる虫歯菌は、主にママの口から赤ちゃんにうつります。ママの唾液に虫歯菌が多いほど子供への感染率が高くなるという報告もあり、ママが良い口内環境を保っておくことが、将来の子供の虫歯予防にもなるのです。

妊婦歯科健診を通して、赤ちゃんが生まれる前に口内環境を改善しておきたいですね。

妊娠中の快適な生活のため

妊娠中はただでさえマイナートラブルが多く、心にも体にも負担がかかりやすい時期です。そこに口のトラブルが重なると、歯の痛みや食事が摂れないストレスなどから、妊娠期間が憂鬱なものになってしまうかもしれません。

赤ちゃんと一緒に過ごせる貴重な時間を大切にするためにも、妊婦歯科健診でトラブルの予防や治療に努めたいですね。

妊婦歯科健診の内容は?

歯医者

妊婦歯科健診の内容は、病院や自治体などで異なりますが、主に虫歯や歯肉炎、歯石などの有無を確認します。

場合によっては、レントゲンを撮影することもあります。レントゲンを撮影するとお腹の赤ちゃんに影響があるのではないかと心配になる人も多いと思いますが、歯科医院で行うレントゲン撮影は口元のみに向けて行われ、お腹に当たるものではありません。

X線の量も少なく、万が一の被爆可能性を抑えるために鉛のエプロンを装着して行うため、赤ちゃんへの影響はほとんどありませんよ。

妊婦歯科健診を受ける時期はいつからいつまで?

グッズ カレンダー タイミング

妊婦歯科健診は、胎盤が完成して悪阻も落ち着いた頃から、妊娠中期までに受けるようにしましょう。

また、出産後は赤ちゃんのお世話が忙しく、自分の歯科治療のために病院に通うのは難しくなります。歯科健診でトラブルが見つかったら、できれば臨月前に治療が終わるようにスケジュールを組みたいですね。

妊娠後期は、お腹が大きくなっているため横になって治療を受けることが辛くなります。また、出産の準備や里帰りなどでバタバタしてしまうので、治療を見越し、余裕を持って歯科健診を受けることをおすすめします。

妊婦歯科健診の費用は?

お金 100円 費用 価格

妊婦歯科健診の費用は、健診の内容によって様々です。一般的な歯科健診は保険の適用外となるため、病院によっても費用が異なります。心配なときは、事前に電話などで問い合わせておくと安心ですよ。

また自治体によっては、妊婦歯科健診を無料で受けられたり、一定額を負担してくれたりするところもあります。妊娠したら、住んでいる地域に確認してみてくださいね。

妊婦歯科健診は早めに受診しよう

女性 新生児 ママ 親子 愛情

妊婦歯科健診は、生まれてくる赤ちゃんのためにも大切な健診です。家でのケア方法や、赤ちゃんが生まれたあとに気を付けたいことなども指導してもらえるので、早めに予定を組んで受診するようにしましょう。

家から通いやすい距離にある歯科医院で妊婦歯科健診を受ければ、赤ちゃんが生まれた後も親子で通いやすくなります。妊娠中の状態を知ってもらえている安心感もあるので、この機会にかかりつけの歯科医院を見つけてみるのも良いかもしれませんね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう