つわりで料理や家事ができない!私はこうして乗り越えた!

妊娠中、多くの人が悩まされる「つわり」。症状がひどくなると、朝から晩まで吐き気に襲われたり、食べ物や飲み物を受けつけなくなったり、日常生活を送ることさえも辛くなります。そんなときに、料理や家事をするのは大変なこと。今回は、つわりで料理や家事ができないときの対策を、先輩ママの体験談も踏まえてご紹介します。

つわりはなぜ起こるの?

頭痛

つわりとは、妊娠初期特有の不快症状のことです。吐き気を感じる、嘔吐する、体がだるくなる、日中の眠気が強くなるなど、症状の現れ方は人によって違います。

また、あらゆるにおいに敏感になったり、常に何かを食べていないと落ち着かないという妊婦さんもいます。

つわりの原因はわかってはいませんが、妊娠によって体が急激に変化することが関係していると考えられています(※1)。

症状の程度や時期に個人差はあるものの、妊婦さんの約半数以上がつわりを経験するといわれています。

つわり中は料理や家事ができなくなるの?

グッズ 調理器具 料理

一般的に、つわりは妊娠5〜6週頃に始まり、胎盤が完成する妊娠12〜16週頃まで続きます(※1)。初めはだるさや軽い吐き気を感じ、妊娠8〜11週頃にピークを迎え、その後、徐々に症状が落ち着いていく人がほとんどです。

つわりの症状が出はじめた頃は、「これくらいなら日常生活を送れそう」「家事も仕事も今まで通りできそう」と思う妊婦さんも多くいます。

しかし、ピークを迎える頃になると、1日に何度も嘔吐してしまったり、ほとんど食事ができなくなったりして、症状がひどいときはほぼ1日中寝たきりになってしまうことも。この状態になると、当然、料理や家事どころではなくなります。

一方、つわりの程度や感じ方には個人差があるため、少しくらいの吐き気や嘔吐なら、料理も家事も今までとほぼ同じようにできる妊婦さんもいます。

また、妊娠後期になってからつわりに悩まされるケースもあり、初期には日常生活が送れていたものの、後期になって料理や家事ができなくなる人もいます。

つわりで料理や家事ができなくなる理由は?

女性 つわり 寝起き ベッド

つわりで吐き気や倦怠感に襲われると、常に気持ち悪くて体もだるいので、少し動くだけでも一苦労です。また、つわりの症状が続いて体を動かせない状態が長くなると体力が落ち、余計に体を動かすのが大変になります。

そのため、洗濯物を干したり、掃除機をかけたり、食器を洗ったり、普段は何気なくこなしている家事も、つわり中は重労働となってしまうのです。

家事の中でも特に料理は、つわりで悩まされる妊婦さんにとっては苦行ともいえます。つわり中は、においに敏感になるため、食材そのものや調理の過程で出るにおいを嗅ぐだけで気持ち悪くなる人も多くいます。

育児アプリ「ninaru baby」を使っている先輩ママを対象にしたアンケート(※)でも、83%のママがつわり中に辛かったこととして料理を挙げています。

つわり中に辛かった家事の種類 グラフ アンケート

つわりで料理や家事ができないときはどうしたらいいの?対策は?

男性 家事 旦那 夫

つわりのせいで、料理や家事をはじめ、今まで普通にできていたことができなくなってしまうのは辛いことですが、つわりはいつまでも続くものではありません。

つわりは「今だけのこと」と割り切りつつ、先輩ママの体験談を参考に、下記のような対策を試してくださいね。

つわりが辛くて家事ができない時の対策 グラフ アンケート

旦那さんや家族に頼る

つわりがひどいときは、旦那さんや家族に症状を伝え、落ち着くまでは料理や家事ができなくなることへの理解を求めることが大切です。

先輩ママを対象にしたアンケートによると、つわりの間、33%の家庭で奥さんよりも旦那さんの家事分担が多くなるようです。

つわり中の夫婦間の家事分担の割合 グラフ アンケート

もしそこまで分担できなくても、もともと家事を積極的に行っていた旦那さんには家事全般を任せ、あまり家事が得意でない旦那さんには必要最低限のことをやってもらうようにしましょう。

自分とやり方が違ったり、ちょっとしたやり残しが気になったりすることがあるかもしれませんが、つわりの間は小さなことは気にしないようにして、旦那さんや家族に任せることがポイントです。家事をやってくれる旦那さんや家族への感謝の気持ちも忘れないようにしたいですね。

旦那が仕事に行っている午後の時間帯は、中学生の娘に頼りっぱなしでした。学校のお弁当も、娘自身に作ってもらっていました。

まりえさん(40代)

うちの主人は、男性にありがちな「察するのが苦手なタイプ」で、指示をしないと何もしてくれませんでした。そのため、「新人のアルバイト」くらいの感覚で接していました。

タナカさん(30代)

完璧を求めない

今まで家事や料理を完璧にこなしていた妊婦さんは、ちょっとでも家の中が汚れていたり栄養バランスのとれた食事が作れなかったりすると、気になってしまうかもしれません。しかし、つわり中はすべてを完璧にこなす必要はありません。

つわりには波があるものなので、体調が比較的良い時間帯にできることだけをやり、できなかったことは別の日か、週末などに旦那さんや家族にお願いするようにしましょう。「無理しなくていい」と思うだけでも気分が楽になりますよ。

料理はしないと割り切る

料理のにおいで気持ち悪くなってしまう、食欲がない、という妊婦さんは、料理をするのをやめましょう。台所に立って料理をすることで余計につわりがひどくなり長引いてしまっては、元も子もありません。

旦那さんや家族には、今だけと割り切って、スーパーの惣菜やレトルト食品を買ってきてもらったり、外食で済ませてもらったりしてもいいでしょう。

つわり中は無理に食べる必要はありませんが、空腹状態が続くことでさらに気持ち悪くなってしまうこともあるため、少しでも食べられるものがあれば旦那さんや家族に伝えて、買ってきてもらったり作ってもらったりするようにしましょう。

起き上がると気持ち悪いので、とにかく横になって寝ていました。食事は作らず、お弁当を買って済ませていました。

ケンシロママさん(30代)

利用できるサービスを利用する

つわり中は買い物に行くのも大変なこと。ネットスーパーや食材宅配を利用して、できるだけ負担を少なくしましょう。

家事代行サービスや自治体などのヘルパーに依頼するのも、ひとつの方法です。つわりが治まるまでの短期間だけだと思って有効活用してくださいね。

つわりで家事や料理ができなくても大丈夫

女性 リラックス 昼寝

つわりで料理や家事ができないと、罪悪感や無力感を感じてしまう妊婦さんもたくさんいます。しかし、つわりが起こるのは仕方のないこと。つわりで料理や家事ができなくても、決して自分を責めないでくださいね。

また、水を飲んでも吐いてしまうほどつわりが重い場合は、妊娠悪阻や脱水症状の可能性あるため、すぐに病院を受診するようにしましょう。

妊娠初期はママも赤ちゃんもまだまだ不安定な時期です。つわりは、赤ちゃんからの「ママ、いまは体を休めて」というサインだと考えて、無理をせず、できるだけリラックスして過ごせるといいですね。

※アンケート概要
実施期間:2018年7月13日~7月17日
調査対象:つわりの経験がある「ninaru baby」ユーザー
有効回答数:100件
収集方法:Webアンケート

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう