蒙古斑が消えないことはあるの?原因と対処法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

日本人の赤ちゃんのほとんどに現れる「蒙古斑」。成長するにつれて自然に消えていくのが一般的ですが、稀にいつまで経っても消えないことがあります。それでは、そういった消えない蒙古斑には、どう対処すれば良いのでしょうか?今回は蒙古斑が消えない原因と対処法などについてご紹介します。

蒙古斑とは?

蒙古斑 生後5ヶ月

蒙古斑とは、赤ちゃんのお尻や背中にかけてできる青いあざです。

お尻や背中のあたりにできたものだけを蒙古斑と考えがちですが、腕やお腹、胸などにできることもあります。また、蒙古斑は、日本人を含む黄色人種に多く見られます。

蒙古斑ができるのは、紫外線を吸収して肌を守る「メラノサイト」という色素細胞が関係しています。紫外線を吸収したメラノサイトは、メラニンという黒い色素をもつ物質を産出して、肌を守ろうとします。

通常、メラノサイトは、皮膚の表面に近い表皮にしか存在しません。ただ、黄色人種の赤ちゃんのお尻や背中では、表皮の下にある真皮にメラノサイトが存在しています。

真皮でメラニンが産出されると、表皮を通して青色に見えるため、青いあざになります。

蒙古斑が消えないことはあるの?原因は?

はてな 疑問 クエスチョン 空 雲 なぜ

蒙古斑は生まれつき、もしくは生後1ヶ月以内に現れ、2歳頃まで色が濃くなっていきます。その後は、色が薄くなっていき、基本的に10歳頃までに自然に消えます(※1,2)。

しかし、約3%は成人になっても蒙古斑が消えず、これを「持続性蒙古斑」と呼びます(※1)。また、腕や足、お腹、胸などにできた蒙古斑は「異所性蒙古斑」と呼ばれ、お尻や背中にできる一般的な蒙古斑に比べて、色が濃く、消えにくい傾向にあります。

持続性蒙古斑や異所性蒙古斑が消えにくい原因については、まだはっきりしたことは分かっていません。予防できるものではないので、経過を見ながら、治療をするかどうかを検討することになります。

また、蒙古斑と間違えやすいものに、「青色母斑」があります。通常のほくろより青みが強く、皮膚が小さく盛り上がり、直径1cm以下の大きさです。

お尻や背中以外の部位にも現れますが、大きめの青色母斑は悪性化する恐れがあるので、お尻や背中以外の部位に青いアザが見られるときは、念のため皮膚科を受診しましょう(※1)。

蒙古斑が消えないときの対処法は?治療は必要?

病院 医師 子供 ママ 受診

蒙古斑は健康に害を与えるものではなく、ほとんどが自然に消えるものなので、基本的に治療の対象ではありません。ただ、10歳を過ぎても蒙古斑が消えず、美容的な面で子供がつらい思いをしている場合は、皮膚科に相談して治療を検討しましょう。

蒙古斑の一般的な治療法は、レーザー治療です。蒙古斑にレーザーを照射すると、メラノサイトが破壊されて、青あざが消失します。しかし、場合によっては、レーザー治療をしても蒙古斑が完全に消えないことがあるので、注意が必要です(※3)。

また、レーザー治療は痛みを伴い、子供が施術中に動いてしまうことがあるため、特に小さな子供には、麻酔や鎮静薬を投与して治療を行うケースがあります。

その場合、レーザー治療によって子供に身体的にも精神的にも負担をかけてしまうので、医師としっかり話し合って、治療を行うかどうかを検討していきましょう。このような理由もあり、見た目が気になりだす思春期頃に治療を行うことも多いようです。

蒙古斑が消えないときは様子をよく見てあげて

ママ 子供 笑顔 本

前述の通り、蒙古斑が残っていても健康上の問題はなく、多くの場合、服で隠せば、ほとんど目立ちません。

ただ、服で隠せても、思春期の頃になると、子供は蒙古斑をコンプレックスに感じるようになるかもしれません。大人から見て「目立たないから大丈夫」と思っても、子供にとっては精神的にストレスを感じてしまうことがあります。

蒙古斑がなかなか消えない場合は、医師と相談し、そして子供の気持ちをきちんと尊重しながら、蒙古斑を治療するかどうかを考えていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう