蒙古斑とは?いつ消える?背中や腕、足、お尻、顔にできるの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんのお尻や背中のあたりにできる「蒙古斑(もうこはん)」。蒙古斑は、ほとんどの日本人の赤ちゃんに見られますが、いつごろ消えるのでしょうか?なかなか消えない蒙古斑を見て、「蒙古斑が消えずに残ってしまうことはないの?」と不安に感じることもあるかもしれません。今回は蒙古斑とは何か、いつごろ消えるものなのか、腕や足、顔などに見られる青いあざも蒙古斑なのかなどをご紹介します。

蒙古斑とは?

蒙古斑 生後5ヶ月

赤ちゃんのお尻の仙骨付近にできる青いあざのことを「蒙古斑」といいます。隆起はなく、シミのように平らな、境界線がぼんやりとしたあざで、生まれつき、もしくは生後1ヶ月以内に現れます(※1)。

黄色人種に多く見られ、日本人の赤ちゃんのほとんどに現れます。

蒙古斑ができる仕組みは?

記号 疑問 ハテナ

人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっており、表皮には紫外線から肌を守る働きを持つ「メラノサイト」という色素細胞があります。

メラノサイトは、紫外線を浴びると、メラニンを産出して肌を守ろうとします。このメラニンが黒い色素を持っているので、強い日差しを浴びると、メラニンが増えて肌が黒くなるというわけです。

通常、メラノサイトは表皮にしかありませんが、表皮の奥にある真皮にメラノサイトが存在することがあります。真皮でメラニンが産出されると、表皮を通して青色に見えるため、青あざになります。

黄色人種の赤ちゃんのお尻や背中の真皮には、メラノサイトが存在しているので、蒙古斑ができます。しかしなぜ子供の間だけ真皮にメラノサイトが存在するのかについては、まだはっきりしたことは分かっていません。

蒙古斑はお尻以外にもできる?背中、腕、足、顔にも?

違い ランプ 発見 効果

お尻や背中にできるのが通常の蒙古斑ですが、まれに腕や足、お腹、胸などにできることがあり、「異所性蒙古斑」と呼ばれます。

なかでも、顔にできた青あざは「太田母斑」、肩から肩甲骨にかけてできた青あざは「伊藤母斑」と呼ばれます。異所性蒙古斑は色が濃く、成人しても消えない可能性は通常の蒙古斑と比べて少し高めです(※3)。

蒙古斑はいつ消える?

時計 時間 はてな クエスチョン

蒙古斑は、2歳頃までに色味が強くなっていきますが、10歳を迎える頃には多くが消失します。ただし、お尻以外にできた蒙古斑は、消えるまで比較的時間がかかります(※1)。

また、約3%で成人になっても蒙古斑が残る場合があり、その多くは直径2cm程度の円形のあざです。これを「持続性蒙古斑」と呼びます(※2)。

蒙古斑で病院へ行くべき?

病院 診察 治療 親子 医師

蒙古斑は体に悪影響を与えるものではなく、ほとんどが自然に消えるので、基本的に特別な治療は必要ありません。

ただし、大きくなっても消えないものがあると、肌の露出に伴い子供が精神的に苦しむことがあります。10歳を過ぎても残っているようなときは、レーザー治療を検討する目的で皮膚科病院の受診を検討してもいいでしょう。

また、蒙古斑とよく間違えられるものに、「青色母斑」があります。青色母斑は異所性蒙古斑と同様に、お尻や背中以外の部位にも現れます。

見た目は、通常のほくろより青みが強い、皮膚の小さな盛り上がりで、直径は1cm以下です。大きめの青色母斑は悪性化する可能性があるので、お尻や背中以外の部位に青いアザが見られるときは、念のため医師に診てもらうようにしましょう(※2)。

蒙古斑の治療法は?

病院 手術

子供が成長しても蒙古斑が消えない場合、見た目の問題からレーザー治療を行うことがあります。

レーザー治療では、蒙古斑の部分にレーザーを照射してメラノサイトを破壊し、青あざを消失させます。ただしあざを完全に消せるかどうかは人によって異なり、レーザー治療をしても色素が残ってしまうことがあります(※3)。

また、レーザー治療は痛みを伴います。小さな子供だと動いてしまうので全身麻酔を行い、入院が必要になることもあります。治療するかどうかは、治療による精神的なストレスや肉体的な負担を考慮したうえで、医師と相談しながら決めるようにしてください。

蒙古斑には落ち着いて対処を

赤ちゃん ママ 母親 授乳中

なかなか消えない蒙古斑を見て、「本当に消えるのかな」と心配になることもあるかもしれません。お尻や背中あたりにできる蒙古斑は、10歳頃までには消えることが一般的なので、それまでは見守ってあげてください。

どうしても美容的な面で気になる場合や、10歳を過ぎても消えない場合は、皮膚科や形成外科に相談して、治療を行うかを検討しましょう。また、お尻や背中以外に青いあざが見られる場合は、青色母斑の可能性があるので、医師に診てもらうことが大切です。

青あざのような見た目から不安に感じることもあるかもしれませんが、落ち着いて対処していきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう