ウンナ母斑とは?原因や症状、治療法は?自然に消えるの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

生後間もない赤ちゃんにあざが現れることは珍しいことではありません。しかし、ママやパパとしては、自然に消えるものなのか、治療が必要なのか気になりますよね。今回は、赤ちゃんに現れる赤いあざの一つ「ウンナ母斑」について、原因や治療法などをご説明します。

ウンナ母斑とは?首の後ろにあざができる?

赤ちゃん 後頭部 新生児 頭

ウンナ母斑とは、「正中部母斑」という赤いあざの一種です。生後間もない赤ちゃんの後頭部からうなじにかけて見られます。色ムラがあり、境界が不鮮明で、平らなのが特徴です。

正中部母斑は、新生児の約20〜30%に見られるもので、さほど珍しいものではありません(※1)。おでこや上まぶたなど顔の前面に現れた場合は、「サーモンパッチ」と呼んで区別されます。

ちなみに、ウンナ母斑は俗に「ストークマーク(stork mark)」とも呼ばれ、コウノトリ(stork)が赤ちゃんの首をくわえて運んできたときの幸運の印だと考えられています。

ウンナ母斑の原因は?

原因 なぜ cause

ウンナ母斑は、毛細血管が過剰に拡張したり、異常増殖したりすることにより、血管の色が皮膚の表面に浮き出たものと考えられています。

赤ちゃんがママのお腹の中にいるときに、皮膚や血管が作られる過程で何らかの変化が起きたことが原因と考えられていますが、その仕組みについてはっきりしたことはわかっていません。

ウンナ母斑の症状は?あざは自然に消えるの?

はてな 疑問 クエスチョン 空 雲 なぜ

ウンナ母斑は後頭部からうなじにかけて赤いあざが現れるだけで、それ以外に痛みやかゆみといった症状はありません。

生後1歳半を過ぎるまでに、約半数は自然に消えます(※1)。サーモンパッチの消退率が1年半で80%であることを考えると、やや消えにくい傾向にあります(※2)。

3歳を過ぎてもウンナ母斑が消えなかった場合は、治療をすべきか検討しましょう。後頭部に現れている場合は髪の毛で隠れて見えなくなることもあり、癌(がん)になることもほぼないので、治療せずに済む可能性もあります。

ただし、ウンナ母斑がうなじの下の方にあって髪の毛が生えてからも目立ち、子供が大きくなって見た目を気にするようであれば皮膚科に相談しましょう。

ウンナ母斑の治療方法は?

病院 診察 治療 親子 医師

ウンナ母斑が自然と消えず、気になる場合にはレーザー治療を検討します。患部にレーザーを照射することで、1〜2回ほどの治療でほとんど目立たなくすることができます。

ただし、うなじ付近にレーザーを当てることになるため、毛根が焼かれてその部分の髪の毛が薄くなってしまうリスクもゼロではありません。

治療の目的や必要性、行う時期については医師とよく話し合って決めましょう。

ウンナ母斑は「幸運の印」と考えて

コウノトリ

赤ちゃんにあざができていると、親としてはどうしても気になると思います。しかし、考え方を変えればあざがあるのもその子の個性の一つ。

あざの多くは自然に消えるので、あまり心配しすぎずに様子を見るようにしましょう。そして、どうしてもあざが気になる、あるいは本人がコンプレックスに感じるというのであれば、医師と相談して治療を検討してください。

ただし、あざの種類によっては何らかの病気が原因の可能性もあります。自己判断で放置するのではなく、一度きちんと医師に診てもらって問題がないかどうかを診てもらいましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう