紅色汗疹とは?原因や症状、治療法は?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」という病気をご存じですか?これはいわゆる「あせも」の一種で、汗が溜まりやすいおでこや背中などによく見られます。掻き壊してしまうと、とびひを引き起こすこともあり、適切にケアをしてあげたいですね。今回は紅色汗疹について、原因や症状、治療法、予防法などをご紹介します。

紅色汗疹とは?症状は?

赤ちゃん 泣く

紅色汗疹とは、かゆみを伴った赤いブツブツができる皮膚の疾患で、「あせも」の一種です。

紅色汗疹は、新陳代謝が活発で、汗をたくさんかく乳幼児によく現れます。発症する場所としては、おでこや首筋、脇の下、背中など汗をかきやすい箇所にできがちです。

紅色汗疹のかゆみが原因で、機嫌が悪くなったり、かゆみを我慢できずに掻き壊してしまい、とびひになったりすることもあるので、早めに対処する必要があります。

紅色汗疹の原因は?

疑問 答え アンサー クエスチョン

紅色汗疹の主な原因は、大量に汗をかいたときに、その汗が皮膚の中に溜まって、炎症を起こすことです。

子供は新陳代謝が良いので、少し動いただけでもすぐに大量の汗をかいてしまいます。きちんと汗を拭いたり、着替えさせたりしないと、汗や老廃物が汗腺に詰まり、炎症を起こしやすくなり、場合によっては細菌感染を伴うこともあります。

紅色汗疹で病院へ行くべき?治療法は?

病院 医師 子供 ママ 受診

肌を清潔に保っていれば、紅色汗疹は自然に治まっていくのが一般的です。

ただし、症状がひどい場合や、肌のケアを行っても症状が一向に良くならない場合、患部を掻き壊してとびひになった場合は、小児科もしくは皮膚科を受診しましょう。

病院では、視診によって紅色汗疹や、とびひの有無を診断します。紅色汗疹と診断された場合は、症状に合わせて、保湿剤や、弱いステロイドの塗り薬が処方されます。

子供にステロイドを塗ると聞くと、不安を感じるかもしれませんが、医師の指示に従い、用法・用量を守って使用すれば、基本的には大きな問題が起こることはありません。

ただ、子供にステロイドを使うのがどうしても心配であれば、他の薬で代用できないか医師に相談してください。

紅色汗疹の予防法は?

赤ちゃん シャワー お風呂 バス

紅色汗疹を予防するには、肌を清潔に保つことが肝心です。具体的には、以下のことを心がけてください。

汗を洗い流す

汗が溜まると発症しやすくなるので、夏場など頻繁に汗をかくときは、1日に数回シャワーで汗を洗い流してあげましょう。

シャワーで洗い流すたびに石鹸で体を洗っていると、皮膚に負担がかかるため、石鹸で洗うのは1日1回にとどめておきます。

汗を拭き取る

外出していてシャワーが使えないときは、清潔なタオルやガーゼで優しく汗を拭き取ってあげてください。

また、授乳中や寝ているときは汗をかきやすいので、ママの腕と赤ちゃんの体が密着するところにタオルを挟んだり、背中のところに汗取りパッドを入れたりすると、汗をすぐに拭き取ることができ、紅色汗疹の予防になります。

通気性や吸湿性に優れた服を着せる

綿や麻などで作られた服は、通気性や吸湿性に優れているので、夏場におすすめです。また、季節に合わせて肌着を変えることも大切です。

肌を清潔に保つために、こまめに着替えさせてあげてくださいね。

室温を調整する

紅色汗疹は、汗をかきやすい夏場によくできますが、冬でも、暖房の影響で子供が汗をかき、あせもができることがあります。

夏場は、室温を外気温より5度低くし、冬は室温が10度以下のときに暖房をつけます。夏の快適な室温は26度前後、冬の快適な室温は20度前後です。

紅色汗疹は悪化する前に対処を

男の子 親子 子供 ママ お母さん 元気 健康

子供に紅色汗疹ができて、ただのあせもと考えて放置していると、かゆみから患部を掻き壊し、症状が悪化してしまうことがあります。

子供の体に紅色汗疹が見られたら、汗をかくたびにガーゼやタオルで拭き取ったり、着替えさせたりして、肌を清潔に保つようにしましょう。こまめなスキンケアが、紅色汗疹のつらさから子供を救うことにつながります。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう