新生児・赤ちゃんの平熱は月齢で変わる?体温が高いと言えるのは何度から?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

普段から体温が高い赤ちゃんですが、眠たいときはもっと体温が上がるので、発熱しているのではと不安になることもあるかもしれません。今回は、赤ちゃんの平熱がどれくらいなのか、体温計での正しい平熱の測り方をまとめました。

赤ちゃんの平熱はどれくらい?月齢で体温は変わるの?

赤ちゃん 体温計 体温 平熱

赤ちゃんの平熱は、1歳くらいまでは36.5~37.5度が平均です。

新生児期は体温調節機能が未熟なため、気温や衣服、掛物など外部の影響を受けやすくなっています。

また熱を身体にため込みやすいため、新生児期は平熱が高くなることもありますが、月齢を重ねるにつれて体温は安定してきます。

普段から体温を測っておくと我が子の平熱を知ることができるので、体調の変化にもすぐに気づくことができますよ。

赤ちゃんの平熱の正しい測り方は?

赤ちゃん 笑顔

赤ちゃんに使う体温計は、新生児から簡単に使える電子体温計がおすすめ。最近は耳にあてるタイプやおでこにかざすタイプもあるので、ママの使いやすいものを選びましょう。

水銀体温計は、検温に10分弱の時間が必要な上に、万が一割れてしまったときに破片や内容物で赤ちゃんが怪我をする可能性があるので注意してください。

赤ちゃんの体温を測る回数・タイミング

● 起床時・午前・午後・夜など1日1回大体同じ時間に
● 食前や元気に起きているとき

食後や眠たいとき、寝ている最中は体温が高めなので避けましょう。

大人でも体温は1日の間で変わります。また耳にあてるタイプやおでこにかざすタイプの体温計の場合、外の温度に影響されることもあるので、1日数回測ってみると安心です。

平熱を把握するためには、1日だけでなく数日間測って比べてみましょう。

赤ちゃんの体温が高い・低いの目安は?

赤ちゃん 体温 体温計

赤ちゃんの場合、気温や衣服、掛物など外部の影響により37.5度〜38度まで体温が上がることがあります。その他の症状がない場合は、環境を整えたうえで再度体温を測ってみましょう。

38度を超えると高熱とされ、風邪や病気の可能性が考えられます。

38度を超える場合は、まず環境を整えたうえで再度体温を測り、それでも38度以上であれば早めに病院を受診すると安心です。

夜間休日の場合は、発熱以外に症状がなく、いつも通り機嫌が良く母乳やミルクを飲んでいるのであれば自宅で様子をみて、翌日に病院を受診しましょう。

反対に赤ちゃんの体温が36度以下の場合は、低体温の可能性があります。

原因として、エアコンなどの影響で体温調節がうまくできていないことが多いので、まずは環境を整えるよう意識してみましょう。

普段から体温を測って赤ちゃんの平熱を知ろう

赤ちゃんの体温を把握しておくことは、赤ちゃんの体調の変化に気づくために大切です。実際に体調を崩したときに、平熱がわかると病院での診察もスムーズに進むので、普段から熱を測る習慣をつけておくといいですね。


こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう