四種混合ワクチンはいつまでに何回打つの?どんな副作用がある?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

危険な病気から赤ちゃんを守るために、たくさんの予防接種を受ける必要があります。そのなかのひとつに「四種混合ワクチン」があります。しかし、四種混合とひとまとめになっていると、何の病気を予防するためのものだろうと疑問に思いますよね。今回は予防接種の四種混合ワクチンについて、予防できる病気や接種時期、回数、接種後に副反応が出るのかなどをご紹介します。

四種混合ワクチンとは?

赤ちゃん 予防接種 日本人

日本では、重症化の恐れや命に危険を及ぼす可能性がある感染症を予防するために、子供が予防接種を受けるよう推奨されています。四種混合ワクチンは予防接種法に基づく定期接種の対象なので、定められた期間内であれば、各市区町村で、無料で受けることができます。

四種混合ワクチンは、以下の4種類の病気を予防することを目的にしています。

ジフテリア

ジフテリアとは、ジフテリア菌によって引き起こされる上気道感染症です。主な症状としては、喉の痛みや倦怠感があります。

心不全を起こすこともあり、厚生労働省によると、ジフテリアを発症した場合、10%程度の人が命を落としてしまいます。しかし、ワクチン接種を受ければ、ジフテリアの罹患リスクをほとんど減らすことができるといわれています(※1)。

百日咳

百日咳は百日咳菌に感染して起きる病気で、4~6週間にわたって咳が続いた後に、2~3週間かけて回復していきます(※2)。

百日咳菌が肺全体に広がると、肺炎を起こし、赤ちゃんの命を危険にさらす恐れがあります。また、脳炎などを起こし後遺症を残す場合もあります。

破傷風

破傷風は、土の中に生息している破傷風菌が、傷口から侵入して起きる感染症です。破傷風菌の毒素で少しずつ神経に障害が起こり、顔や背中などの筋肉が硬直します。

呼吸困難に陥ることもあり、最悪の場合、死に至る恐ろしい病気ですが、厚生労働省によると、ワクチン接種を受ければ、ほぼ100%の人が十分な抗体を獲得することができます(※3)。

ポリオ

ポリオは、ポリオウイルスが口から取り込まれて腸内で増殖することで起こる病気で、軽度の下痢程度が症状として現れます。

しかし、ポリオウイルスが脊髄の一部に侵入して、手足の麻痺を引き起こし、その麻痺がずっと残ってしまうことがあります(※4)。

四種混合ワクチンの接種時期は?間隔や追加のタイミングは?

カレンダー 日付 期間

四種混合ワクチンは、生後3ヶ月~90ヶ月(7歳6ヶ月)までの期間で、合計4回受ける必要があります。

日本小児科学会の推奨スケジュールでは、生後3ヶ月~1歳の間に、それぞれ3~8週間(20〜56日)の間隔をあけて、3回ワクチン接種を行います。そして、3回目の接種から最低6ヶ月以上の間隔をあけ、生後12~18ヶ月の間に、追加分で4回目を接種します(※5)。

四種混合の予防接種が終わった後も、破傷風とジフテリアの混合ワクチン(二種混合)を11~12歳の間に受ける必要があるので、注意してください。

四種混合ワクチンを接種するときの注意点は?

赤ちゃん 病院 医師 日本人

四種混合ワクチンは接種回数が多いので、スケジュールを組むのが大変です。体調が悪いと予定日に受けられなくなることがありますし、四種混合を受けてから次のワクチンを接種するには、中6日以上あける必要があるので、それを踏まえたうえでスケジュールを組みましょう(※6)。

接種時期が大幅にずれてしまい、次の接種をいつ頃にすれば良いか分からなくなったときや、定期接種の期間内でワクチン接種を終えることができなかった場合は、かかりつけの小児科医や地域の保健センターに相談してみてください。

赤ちゃんの予防接種は受ける回数が多くて管理が大変なので、一人で悩まず助けを借りながら、規定の回数を受けるようにしましょう。

四種混合ワクチンの接種後に副反応が出る?

赤ちゃん 背中スイッチ 泣く 日本人

四種混合ワクチンの接種後に、発熱する、接種部位が赤くなる、しこりができるなどの副反応が現れることがあります。

予防接種の副反応は、 2~3日で自然に消えていくのが一般的です(※7)。3~4日経っても副反応が続く場合は、予防接種を受けた医療機関に連絡をとりましょう。

また、ワクチン接種によって、けいれんといった重篤な副反応が起きた場合は、すぐに病院を受診してください。

四種混合ワクチンを受けて赤ちゃんの健康を守ろう

赤ちゃん 身長 日本人

予防接種のスケジュール管理が大変で、四種混合ワクチンの接種予定日を忘れて、ついつい受けそびれてしまうこともあるかもしれません。そんなときは、できるだけ早くかかりつけの医師か市町村の保健センターに相談し、スケジュールを組み直すことが大切です。

赤ちゃんの健康を守るために、予防接種はきちんと全部受けていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう