百日咳はワクチンで抗体をつくれる?予防接種はいつ受けるべき?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

つらい咳が長く続くことで知られている「百日咳(ひゃくにちぜき)」。この病気にはワクチンが存在しますが、予防接種を受けるとどんな効果があるのでしょうか?そこで今回は、百日咳のワクチンで抗体はできるのか、予防接種はいつから受けられるのかなどをご紹介します。

百日咳ってどんな病気?

咳 子供 せき 咳き込む 幼児 

百日咳とは、百日咳菌に感染して発症する病気です。感染者の咳やくしゃみで菌が拡散されることで、感染が広がります。生後6ヶ月未満の赤ちゃんが感染すると、肺炎や脳症などの深刻な合併症を起こしやすい傾向があります。

百日咳は、7~10日ほどの潜伏期間がありますが、その後の期間は、病状の進行具合から「カタル期」「痙咳(けいがい)期」「回復期」に分けられています(※1)。典型的な症状としてそれぞれ、以下のようなものがあります(※2)。

カタル期(発症後1~2週間)

● 風邪のような症状(鼻水など)が出る
● 市販の咳止めでは治まらない咳が出る
● 新生児は突然無呼吸になることがある

痙咳期(発症後3~6週間)

● 乾いた咳が激しくなる
● 発作のような短い咳が連続で出て、顔が赤くなる
● 咳の後、息を吸う際に笛のような「ヒュー」という音が鳴る
● 咳き込んだ後に嘔吐することがある
● 呼吸ができなくなり、全身が青紫色になることがある

回復期(発症後6週間後以降)

● たまに咳き込むが、咳き込みの回数は減ってくる

百日咳のワクチンで抗体は作れる?

子供 守る 家族 保護

日本における百日咳の予防接種には、百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオという4種類の病気に対応した、「四種混合ワクチン」が使われます(※3)。

このワクチンを接種すると、百日咳菌を体内から除去する働きを持つ、「免疫グロブリン」という抗体が作られます。免疫グロブリンは、体内に入ってきた百日咳菌を捕まえ、細菌を食べる細胞とくっついて、百日咳菌を退治するのをサポートします。

百日咳のワクチンの効果は?

注射 予防接種 赤ちゃん

百日咳のワクチンを接種すると、百日咳に感染するリスクを80~85%ほど減らすことができます(※4)。

アメリカでは、生後3ヶ月で約9割の赤ちゃんがワクチン接種を経験します。そのためか、生後3ヶ月の赤ちゃんは生後2ヶ月以内の赤ちゃんよりも入院率が60%低いことが分かっています(※1)。

予防接種を受けても発症を完全に防ぐことはできませんが、ワクチンを接種しておけば、感染したときも症状が軽くて済む傾向があり、発作性の咳き込みなど、百日咳特有の症状が少ないことがあります(※1)。

百日咳の予防接種はいつから受けられる?

カレンダー 日付 期間

百日咳の予防接種は、生後3ヶ月から受けることができます。

アメリカの例では、百日咳にかかった生後6ヶ月未満の赤ちゃんのうち、0.6%が亡くなったという調査報告もあります(※6)。そのため百日咳の予防接種を受けるのは、早ければ早いほど良いと考えられています。生後3ヶ月を過ぎたらすぐに受けられるよう、早めに準備しておきましょう。

百日咳のワクチンを含む四種混合ワクチンの予防接種は、生後3ヶ月~7歳6ヶ月までの期間で、合計4回受ける必要があります(※7)。

日本小児科学会では、生後3ヶ月~1歳の間に、それぞれ3~8週間(20~56日)の間隔をあけて、3回ワクチン接種を行うことを推奨しています。そして4回目は、3回目の接種から最低6ヶ月以上の間隔をあけ、生後12~18ヶ月の間に行います(※7)。

百日咳ワクチンの予防接種は何歳まで?

はてな 疑問 クエスチョンマーク

上述の通り、百日咳を含む四種混合のワクチンには、接種の推奨スケジュールがあります。そのため、基本的にはこのスケジュールに沿って受けることになります。

しかし、スケジュールを組んでいても、急な発熱や病気により、当初の予定通りに受けられなくなってしまう可能性もあるかもしれません。

もし2回目以降のワクチン接種が標準の56日を超えてしまった場合でも、接種自体は受けられます。その際、それ以降の接種はスケジュール通りに受けるように心がけてください。

途中でスケジュールどおりに受けられなかった場合でも、原則として最初から接種し直すことはせず、トータルの回数が合うように接種します。

また、7歳6ヶ月までに四種混合ワクチンの接種を終えられなかったとしても、病気や臓器の移植など、やむを得ない理由があった場合は、その理由がなくなってから2年間経過する日までであれば、定期接種として無料で受けることができます(※8)。

やむを得ないと判断され、特例として定期接種を受けられる病気には、下記のようなものがあります。

特例として定期接種を受けられる病気

● 重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症など、免疫の機能に支障を生じさせる重篤な病気

● 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群など、免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な病気

百日咳ワクチンの予防接種でなるべく早く抗体を作ろう

ママ 赤ちゃん 抱っこ

これまでご紹介してきたように、百日咳ワクチンの予防接種は、できるだけ早い時期に受けることを推奨されています。

特に乳幼児では重症化しやすいため、なるべく早く体内に抗体を作っておきたいところです。予防接種を受けられる生後3ヶ月を過ぎたら、早めに初回の予防接種を受けることをおすすめします。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう