百日咳の初期症状は?子供がかかったときのリスクは?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

百日咳とは、激しい咳を伴う感染症のことで、一年を通じて発生します。大人がかかった場合、重症化することはあまりなく、それほど重い病気だと思われていません。しかし、子供、特に新生児や乳児が百日咳に感染すると、大人とは違ったリスクがあり、重症化を防ぐことが大切です。今回は子供を持つママ・パパが知っておきたい百日咳の症状、治療法、予防法についてご紹介します。

百日咳とは?症状は?

子供 風邪 マスク 体調不良

百日咳とは、百日咳菌への感染によって起こる、激しい咳が特徴の感染症です。生後6ヶ月以下の子供がかかると死亡してしまうこともある危険な病気で、咳やくしゃみによって他者に感染します。

百日咳は、一般的にカタル期、痙咳期、回復期という3つの期間を通して、症状が変化していきます。

カタル期(約2週間)

百日咳は7~14日ほど(最大で3週間)の潜伏期間を経て発症し(※1)、初期症状としては、軽い咳や鼻水といった風邪に似た症状が出ます。

痙咳期(2~3週間)

初期症状から1~2週間が経つにつれて咳が悪化し、顔が赤くなるまで「コンコンコン」と長く連続して咳が出るようになります。息を吸い込むときに笛のような「ヒュー」という高い呼吸音が鳴るのが特徴です。

生後6ヶ月以下の赤ちゃんでワクチンが未接種の場合、無呼吸発作やけいれん、意識消失などに陥り、重篤になることもあります。

回復期(2~3週間)

ときどき発作性の咳が起きますが、基本的に咳は徐々に治まっていきます。

子供が百日咳になったときのリスクは?

医療 風邪 咳

免疫力がない赤ちゃんが百日咳にかかると、さまざまなリスクが生じます。たとえば、赤ちゃんが百日咳によって呼吸困難になると、血液中の酸素が不足して体が青紫色になるチアノーゼになったり、けいれんを起こしたります。最悪の場合、命を落とす恐れもあります。

厚生労働省によると、子供が百日咳にかかった場合に死亡する確率は0.2%、月齢6ヶ月以下の赤ちゃんがかかった場合に死亡する確率は0.6%、子供が百日咳により肺炎になる確率は約5%、月齢6ヶ月以内の赤ちゃんが肺炎になる確率は約12%とされています(※2)。

また、百日咳によって脳症が起こると、赤ちゃんに脳障害が残る恐れがあります。

子供が百日咳にかかったかどうかを診断する方法は?

病院 受診 診察 医師 赤ちゃん

前述の百日咳の症状が出たり、百日咳が流行っていたりして、百日咳にかかっている可能性が高い場合は、病院で確定診断を行います。

具体的には、鼻に細い綿棒を入れて、採取した菌を培養する検査や、通常2回の採血が行われる血液検査が行われます。

百日咳にかかった子供の治療法は?

医療 薬 医薬品 副作用

マクロライド系の抗菌薬の服用が一般的な治療方法です。治療に反応すると、1~2週間のうちに症状が治まっていくことが多いのですが、全治するまでには約4週間程度はかかります。

また、乳児が百日咳にかかり、ミルクが飲めない、顔色が悪いなど重症化している場合は、入院が必要となります。

できるだけ早期発見して治療を始められたらいいのですが、百日咳は発見が難しいため、症状が悪化してからの服用になってしまうことも。

咳止め薬には呼吸制御作用を持っているものもあるため、自己判断で乳幼児には飲ませないでください。

百日咳に子供が感染しないようにする予防法は?

医療 注射 薬 薬品

百日咳の予防には、4種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)が効果的で、ワクチン接種による免疫効果は、5~10年ほど持続するといわれています(※3)。

通常、乳幼児は1年かけて4回ワクチンを接種します。ワクチン接種の時期は、生後3ヶ月からで、地方自治体からお知らせが来ます。

また、子供の百日咳は、同居している家族から感染することもあります。家族が百日咳にかかった場合、ただの咳だと勘違いして放っておくことがありますが、赤ちゃんは免疫がないので、百日咳にかかった大人が近くにいると感染しやすいのです。

子供に百日咳菌を移さないように、手洗いとうがいを徹底し、自分自身の体調管理をしっかり行いましょう。

子供の百日咳はかかる前に予防しよう

女性 母親 子供 赤ちゃん 笑顔

百日咳は、子供の命を奪う可能性を持った危険な病気で、かかる前に予防することが大切です。特に産まれたばかりの赤ちゃんがいる家庭は、大人自身が体調管理をしっかり行い、感染源にならないよう注意してください。

そして、住んでいる地域の地方自治体から予防接種の通知が来たら、後回しにせず、きちんと行くようにしましょう。百日咳の予防を徹底的に行い、家族みんなが病気のない健康的な生活を送れるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう