妊娠初期に疲れやすい原因は?疲れるときの対策は?

監修専門家 看護師・助産師 岡 美雪
岡 美雪 看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。日... 監修記事一覧へ

「最近疲れやすくなったと思ったら妊娠していた」「妊娠がわかってから体がだるい日が増えた」など、妊娠初期に疲労感を持っている人が多いようです。一体、なぜなのでしょうか?今回は、妊娠初期に疲れやすくなる原因のほか、少しでも快適に日常生活を送れるよう、おすすめの対策法についてもご説明します。

妊娠初期に疲れやすい原因とは?

女性 だるい 眠い 図書館 本 メガネ

妊娠初期は、見た目はまだそれほど変わらないものの、体内ではさまざまな変化が起こっています。具体的には、次のようなことが原因で「疲れやすい」と感じる妊婦さんが多いと考えられます。

ホルモンバランスが変わる

まず、妊娠すると「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」というホルモンが作られはじめます。hCGによる刺激で、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が増え、体内のホルモンバランスが大きく変化していきます(※1)。

プロゲステロンには基礎体温を上昇させる作用があるため、分泌が盛んになると、体温がいつもより少し高くなり、ボーっとしたり、だるさを感じやすくなったりします(※2)。

さらに、このようなホルモンバランスの変化により、わけもなくイライラしたり気分が落ちこんだりと精神的に不安定になり、それが疲労感につながることもあります。

つわりで体力を消耗する

個人差はありますが、妊娠初期はつわりがつらく、思うように食事や水分を摂れない人も多いのではないでしょうか。何度も吐き気をもよおしたり、嘔吐を繰り返してしまったりすると、体力をだいぶ消耗してしまいます。

また、つわりのタイプには色々あるので、なかには「とにかく眠い」という人もいるかもしれません。いくら睡眠をとっても眠い…という日が続くと、ちょっと疲れてしまいますね。

貧血気味になる

妊娠すると、初期のうちから体内の血液循環量が増加します。一方で、赤血球の数が減り、血中ヘモグロビン濃度が低くなるので、貧血気味になることもよくあります(※3)。

この貧血によるフラフラも、妊娠初期の疲れやすさにつながっていると考えられます。

心拍数が上がる

妊娠初期の後半、妊娠12週(妊娠4ヶ月)頃からは心拍数が徐々に上がっていき、妊娠前と比べて30~60%も増加します(※3)。

普通に過ごしていても、運動をしたあとのように心臓がバクバクしている状態だと考えると、疲れやすくなるのも納得ですよね。

妊娠初期に疲れやすい人におすすめの対策は?

女性 だるい 仕事 体調不良

妊娠初期は赤ちゃんの器官や胎盤などが作られる大切な時期なので、理想としては、妊娠初期の間はできるだけ無理をせず、ゆっくり休みたいところです。

しかし現実には、仕事や家事があるとなかなかゆっくりできませんよね。まだ安定期に入る前だと、妊娠したことを周りに言いづらく、普段どおりアクティブに動いてしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな忙しい妊婦さんたちには、妊娠初期の疲労対策として次の2つがおすすめです。

アロマの香りで気分転換する

グッズ アロマ ラベンダー

お風呂上がりや夜寝る前に、アロマの香りでリラックスするのはいかがでしょうか。

妊娠初期の場合、アロマオイルとして肌につけると、胎児に影響が出る可能性がゼロではないので、控えた方が安心です(※4)。ボトルから手で扇いで香りをかぐだけでも、気分がリフレッシュできますよ。

妊婦さんには、気分がすっきりする柑橘系のオイルがおすすめです。しかし、つわりで匂いの感じ方が変わることもあるので、そのときにいい匂いだと感じる香りのオイルを使うといいでしょう。

なお、妊娠中はあまり使わない方が良いとされるアロマの種類もいくつかありますので、下の関連記事を参考に選んでみてくださいね。

マタニティヨガや簡単なストレッチを行う

運動 ヨガ

マタニティヨガやストレッチなどの軽い運動も、疲労回復や気分転換に効果的です。妊娠中に定期的に運動を続けることで、腰痛などのマイナートラブルが改善されることも期待できますよ(※4)。

ただし、妊娠初期は体調が変わりやすい時期なので、自己判断せず、かかりつけ医に相談しながら運動量を決めてくださいね。脱水症状を起こさないよう、こまめな水分補給も大切です。

妊娠初期に疲れやすいときは無理をしないで

女性 お茶 コーヒー

妊娠前はアクティブに動き回っていた人は特に、ちょっとしたことで疲れやすく感じるとフラストレーションが溜まったり、心配になったりするかもしれません。しかし、妊娠初期にはよくあることなので、「疲れやすいから」というだけであえて受診する必要はありません。

疲れたと感じたときは、くれぐれも無理をしないようにしましょう。家族などの理解と協力を得ながら、健康に安定期を迎えられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう