アレルギー性皮膚炎とは?原因や症状、治療法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

我が子が肌のかゆみや痛みに苦しむ姿を見ていると、心配になりますよね。一時的なものならケアをすれば、比較的短期間でよくなりますが、「アレルギー性皮膚炎」を発症している場合は、長い期間にわたって肌トラブルと付き合わなければいけないことがあります。今回は子供たちを悩ませるアレルギー性皮膚炎について、原因や症状、検査方法、治療法、家でのケア方法などをご紹介します。

アレルギー性皮膚炎とは?

男の子 頭 かゆい 抱える 困る

もともと私たちには、外から侵入する異物から体を守る免疫機能が備わっています。本来は病気の原因となる細菌やウイルスなどを排除するために機能しますが、体に害のない花粉やハウスダスト、食品などに過剰に反応することがあります。

すると、ヒスタミンという化学物質が大量に分泌され、アレルギー反応を起こします。このアレルギー反応が皮膚で発症したものが、アレルギー性皮膚炎です。

アレルギー性皮膚炎の原因は?

疑問 謎 助成 めがね

アレルギー性皮膚炎を引き起こす原因はさまざまありますが、主な原因は化粧品や植物、金属などアレルギー反応を引き起こす物質(アレルゲン)に、皮膚が接触することです。

この他にも、花粉やハウスダスト、食品、動物の毛などアレルギー反応を引き起こす物質(アレルゲン)を体内に取り込むことで、アレルギー性皮膚炎が起きることがあります。

アレルギー性皮膚炎の症状は?

子供 かゆい 皮膚 肌 かく

アレルギー性皮膚炎の症状は、原因によって異なります。

アレルギー性接触皮膚炎

金属や植物、化学物質などアレルゲンに触れた部分やその周囲に、かゆみや痛み、赤み、腫れといった症状が現れるのがアレルギー性接触皮膚炎です。どの物質に反応するかは、人によって異なります。

接触してから、1~2日後に症状が発症し、3〜4日程度でピークを迎えるのが一般的です(※1,2)。原因となる部室を隔離すると、症状は12時間程度で改善します。

食物アレルギーによる皮膚炎

食物アレルギーを持っていると、特定の食品を食べた後にアレルギー反応として、湿疹や蕁麻疹などが現れます。

皮膚炎の他に、くしゃみや鼻水、咳などの呼吸器系の症状、腹痛や吐き気などの消化器系の症状、ひどい場合は呼吸困難、意識障害、急激な血圧低下などのアナフィラキシーショックを伴うこともあります。

アレルギー性皮膚炎の検査・治療方法は?

不妊 検査 病院 診察 問診 聴診器

一口にアレルギー性皮膚炎といっても、発症や悪化の引き金になるものは人それぞれです。まずは病院を受診して、何によってアレルギー性皮膚炎が引き起こされているかを調べる必要があります。

アレルゲンを特定する検査としては、アレルギーの引き金となるタンパク質「IgE抗体」が血液中にどれくらいあるかを調べる「血液検査」や原因物質を皮膚に滴下して反応をみる「スクラッチテスト」、アレルゲンの疑いがある食べ物を1~2週間食べさせないようにして、症状が軽減するかをチェックする「食物除去試験」などがあります。

検査によってアレルゲンが分かれば、基本的にその物質に触れたり、その物質を食べたりすることを避けていくことになります。間違えて触れたり食べたりして、アレルギー反応が起きた場合は、抗アレルギー薬などを服用して症状を抑えます。

アレルギー性皮膚炎の自宅ケア方法は?

お風呂 歯

アレルギーを引き起こす原因が分かれば、それを避けることで発症を予防できます。また、症状を悪化させないためには以下のようなケア方法もあります。

肌ケアを行う

肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下します。その結果、炎症を起こしている皮膚からアレルギーの原因物質が入り、全身の反応が起こります。

お風呂では皮膚を強くこすったり、刺激の強い石鹸を使ったりするのは避けてください。熱すぎるお湯は保護作用のある皮脂をとってしまうので、ぬるめのお湯を使うようにしましょう。

そして、入浴後はタオルでやさしく水分をふき取り、保湿クリームやローションを塗ります。

患部を掻かないようにする

かゆさに負けて患部を掻いてしまうと、症状が悪化してしまうので、できるだけかゆみを抑えるようにしましょう。

かゆみ止めの薬や保湿剤を塗ってもかゆみが治まらないときは、冷たく絞ったタオルなどで患部を冷やしてみると、かゆみが和らぐことがあります。また、就寝中などに無意識に掻いてしまうことを考えて、爪は短く切っておきましょう。

アレルギー性皮膚炎と根気強く付き合っていこう

男の子 親子 子供 ママ お母さん 元気 健康

子供がアレルギー性皮膚炎を発症させた場合、きちんとアレルゲンを避けていけるのかが心配になるかもしれません。最初は触れる物や食べ物ひとつひとつに注意を払わなければいけませんが、慣れてくれば、それほど苦労なくアレルゲンを避けられるようになります。

アレルギー性皮膚炎で不安や疑問に感じることがあれば、一人で抱え込まず、医師に相談して悩みを解決しましょう。ママやパパが笑顔で落ち着いて対処している方が、子供も自然と安心してくれますよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう