初めての歯磨きはガーゼで!生後5~6ヶ月に歯磨きするコツは?

監修医師 歯科医師 茂山 久夫
茂山 久夫 九州歯科大学卒業後、同歯周病科にて4年間診療、その後開業医での勤務を経て、現在は福岡県中間市にて診療を行う。日本歯周病学会、J.A.C.D(The Japanese Academy of Compre... 監修記事一覧へ

赤ちゃんの歯が生え始めると、成長に喜びを感じると同時に、どのように歯磨きをしたらいいのか悩みますよね。歯が生え始めの段階では、歯ブラシではなくガーゼを使って歯磨きをしましょう。今回は、ガーゼを使った赤ちゃんの歯磨きについて、磨き方やコツ、嫌がるときの対処法をご紹介します。

赤ちゃんの歯が生え始めるのはいつから?

赤ちゃん 歯 乳歯

赤ちゃんの乳歯は、生後5~8ヶ月から生え始め、2~3歳で生え揃います。ただし、生え始める時期は個人差が大きく、生後2ヶ月で生え始めることもあれば、生後9ヶ月を過ぎても生えてこないこともあります。

歯が生えるときは歯茎がむずがゆくなるため、機嫌が悪くなる赤ちゃんもいます。気になるときは歯固めを使ってみてくださいね。

生後5〜6ヶ月頃の歯磨きにガーゼを使うのはなぜ?

ガーゼ タオル

一般的に赤ちゃんの歯は、最初に下の前歯2本が生えます。下の前歯は唾液によって自浄されるため、生え始めの時期は歯ブラシでゴシゴシと磨く必要はないでしょう。

この時期の歯磨きにはガーゼを使いましょう。歯がまだ生えきっていない状態で歯ブラシでこすると刺激が強すぎてしまいますが、ガーゼを使えば、その心配もありません。

生後5〜6ヶ月頃には離乳食を始めることも多いので、食後にガーゼで歯磨きをする習慣をつけられるといいですね。

ガーゼで歯磨きをするのはいつまで?

下の前歯2本が生えると、次に上の前歯が生えてきます。上の前歯が4本生え揃う頃を目安に、歯ブラシを使い始めるといいでしょう。この時期になったらガーゼの歯磨きを卒業して、歯ブラシで磨くようにしてくださいね。

赤ちゃんの歯をガーゼで磨く方法は?

赤ちゃん ガーゼ 歯磨き 

赤ちゃんの歯をガーゼで磨くときは、次の方法で進めていきましょう(※1)。

1. ママ・パパの手を洗い、膝の上に赤ちゃんの頭がくるように仰向けに寝かせる
2. ぬるま湯でぬらしたガーゼをママやパパの人差指に薄く巻き、ゆっくり赤ちゃんの口の中に入れる
3. 歯やその周りにガーゼを巻いた指を当てて、軽く拭く

ガーゼは乾いているものを使っても問題ありません。慣れるまでは、歯に指が触れる程度の優しいタッチで拭いてあげましょう。

離乳食が進んで汚れが目立つようになったら、少し強めに拭いてしっかり汚れを取ってくださいね。

ガーゼで歯磨きをするときの注意点やポイントは?

記号 疑問 クエスチョン はてな

ガーゼを使って赤ちゃんの歯を磨くときは、下記のポイントに注意しましょう。

清潔なガーゼを使う

赤ちゃんの歯磨きに使うガーゼは、口の中に直接入るものなので、清潔なものを使いましょう。こまめに洗濯をして、毎日新しいガーゼに取り替えてあげてくださいね。洗濯をするときは、しっかりとすすいで洗剤が残らないようにし、柔軟剤は使わないようにしましょう。

頻繁にガーゼを洗うのが大変なときや、外出時に使うために、市販のウェットティッシュタイプの赤ちゃん用歯磨きもおすすめです。

嫌がるときは無理にやらない

赤ちゃんが嫌がっているときに無理矢理ガーゼで磨こうとすると、口の中にものが入ることを怖がり、歯ブラシを使い始めるときに嫌がってしまうことも。

あまりにも嫌がるときは、ガーゼでの歯磨きは一度やめて、噛んでもいいガーゼを与えて遊びながら口の中に物を入れる練習をさせてあげましょう。口の中にガーゼが入る感覚を嫌がらなくなれば、歯磨きがスムーズに進むはずですよ。

磨いた後は褒めてあげる

赤ちゃんは本能的に口や頬に触られることを嫌がります。ガーゼでの歯磨きが上手にできたときは、褒めてあげましょう。言葉はしゃべれなくても、ママが「歯磨きできたね」と笑顔で話しかけてあげると、赤ちゃんも喜びますよ。

決まった時間に磨く

歯が生え始める頃になると、赤ちゃんの昼寝や就寝の時間が少しずつ定まってきます。できるだけ決まった時間にガーゼで歯を磨くことで、生活リズムが整うきっかけになりますよ。

ガーゼ歯磨きで赤ちゃんとのスキンシップを楽しもう

赤ちゃん ママ 笑顔

赤ちゃんの歯を磨くときは、虫歯から守るためにしっかり磨かなくては、と義務感が強くなってしまうものですが、ガーゼ磨きの段階では、スキンシップの一つと考えましょう。歌を歌いながらや、おしゃべりをしながらママが笑顔で磨いてあげると、赤ちゃんも歯磨きタイムが楽しくなりますよ。

赤ちゃんの成長には個人差が大きく、歯の生え始める時期や離乳食を始める時期もバラバラです。歯の生え始めや生え揃いが遅くても焦らず、じっくり見守っていきましょう。

ガーゼでの歯磨きを楽しみながら、毎日の歯磨きを習慣づけて、歯ブラシへとステップアップしていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう